てきすとぽいトップページへ
来たれ てきすとぽい作家! 800字小説バトル
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  15 
月蝕
茶屋
 投稿時刻 : 2014.10.08 21:06
 字数 : 800
5
投票しない
月蝕
茶屋


 それが起こたのは少し昔のことかもしれない。
 月蝕が起こたことは多くの人が見て、覚えている。駅前広場では立ち止まて空を見上げる人が多くいた。
 でも、皆が忘れていることもある。
 月は消えたままだた。
 月が消えた瞬間、魔界の門が開かれた。
 魔界との接触により起きた大災害、魔物による殺戮。
 多くの人がなすすべもなく死んだ。
 だが、高校生達が世界を救う力に目覚めた。
 その中に彼もいた。
 病弱で入退院を繰り返すような少年だたが、幸か不幸か彼も力を手にしていた。
 彼らは戦た。
 魔族、そして世界の破滅をもくろむ邪神。
 多くの仲間を失い邪神を討ち果たしたとき、生き残た仲間は彼と、一人の少女だけだた。
 ボロボロの世界とわずかに生き残た人類。
 壊れてしまた世界。
 だが、彼の顔は晴れやかだ。
 まだ希望はあると、彼は言た。
 己の命を引き換えにした大魔法で、世界を元に戻すのだと。
 だが、少女はそれを止めようとした。
 確かに世界は元に戻る。
 だが、すべてがなかたことになる。魔物の襲来も。仲間たちとの戦いも。恋心も。
 少年の死を除いては。
 だから、この世界でまた新しく始めればいいと、少女は言た。
 彼は静かに首を振る。あまりにも人が死にすぎている。
 制止を振り切り、彼は大魔法を発動する。
「絶対に……絶対に忘れないから!」
 大魔法発動の轟音の中、そんな少女の声が、聞こえたような気がした。

 気が付くと彼は病院にいた。
 あの日、すべてが始また日、彼は病院の窓から月蝕を見ていたのだ。
 月が再び淡い光を発し始めたのを見守りながら彼は静かに息を引き取た。
 全てが元通り、何事もなかたかのように動き始めた。
 彼とともに戦た仲間たちも、戦いの記憶などなく日常に戻ていく。
 そう。
 何もなかたのかもしれない。
 ただ、月蝕の日、一人の少年が死んだだけ。
 けれども、ある少女は月蝕が起きるたびに何故だか涙が溢れて止まらないという。
 その理由は彼女自身にもわからない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない