てきすとぽいトップページへ
第22回 てきすとぽい杯
 1 «〔 作品2 〕» 3  12 
君の名は
茶屋
 投稿時刻 : 2014.10.18 23:12 最終更新 : 2014.10.18 23:14
 字数 : 1395
5
投票しない
更新履歴
- 2014.10.18 23:14:22
- 2014.10.18 23:12:29
君の名は
茶屋


「隊長! 怪獣です! 怪獣が現れました!」
「おいまさかその怪獣の名前は……
「何言てるんですか隊長こんな時に名前なんてどうでもいいじないですか!」
「そ、それもそうだな、よし出動だ!」
 そうは言たものの隊長の武田は怪獣の名前が気になて仕方がなかた。仕方がなかたものの今は緊急事態だ。
 素早くプロテクトスーツを着込み、レーザーガンを装備すると機動装甲車に乗り込んで出動した。
「とうとう怪獣が現れましたね」
「ああ、いよいよだな」
「我々の力が存分に発揮するときが来ましたね」
「そんな不謹慎なこと言てはダメですよ。今だてけが人が出てるし、いつ死人が出てもおかしくない状況なんですよ」
 隊員の穴山、板垣、甘利達はめいめいに軽口と諫言を飛ばしている。
「ところで怪獣の名前なんだが……
「何言てるんですか隊長、怪獣の名前なんてこんな時にどうでもいいじないですか!!」
 武田が怪獣の名前の話題を出した途端、全員が同じように隊長に異議を唱える。
「あ、ああ、そうだな。ところで怪獣はどんな形なんだ」
「はい、今モニターに映像だします」
 モニターに映し出されたのは幾何学的な形をした奇妙な怪獣だた。
 なんというか豆腐かこんにくをさらに平べたくしたような。
 ベニヤ板のような。
 それでいて頑丈そうな……そう妖怪に例えると塗か「隊長大変です!怪獣が街に向かています」
 武田の思考は穴山の言葉に遮られる。
「よし、街にたどり着く前に阻止するぞ」
 隊員たちに緊張がみなぎる。
 何せ相手は怪獣だ。
 どんな状況になるか想定ができない。
 沈黙を少しでも和らげようと武田は口を開く。
「やぱり怪獣の名前があたほうが呼びやすいと思うんだが怪獣の名前はか」
「隊長、怪獣は怪獣で十分でしう!」
「そ、それもそうだな」
 現場には警察やら自衛隊やらが既にたどり着いていて、道路の封鎖やらをやていた。
 装甲車に積んだレーザー兵器の射程内にも間もなく怪獣も入てくるだろう。
 それまでの間、怪獣の動きに注意しながら待機だ。
 武田は近くにいた自衛官を捕まえると状況を聞くと同時に、どうしても我慢できない疑問をぶつけてみる。
「あの怪獣の名前なんだが」
「さあ、自分は怪獣の名前は存じ上げておりません」
「そ、そうか」
 怪獣がレーザー兵器の射程に入ると、自衛隊との共同攻撃が開始される。
 しかし、怪獣には全く効果がなかた。
「駄目です効きません!」
「くそ!人間の力では止められないというのか」
 するとそこへ光を帯びた巨人が突如現れた。
 そして怪獣を殴りつける。
 ドン、ドン、ドンとすさまじい轟音が鳴る。
「やはりあの怪獣の名前は」
「隊長、今はそんな状況じありません!それよりあの巨人はいたい」
「た、確かにそうだな。あの巨人のほうがすごいな」
 巨人の放た光線が怪獣を打ち砕くと、巨人は颯爽と去て行た。
「一件落着ですね」
「ありがとう、巨人さん!」
「しかし、あの怪獣の名前なんだが」
「もういいじないですか怪獣の名前なんて」
 武田はそこで何かが切れた。
「畜生なんで誰も言いたがらないんだ! だてあんな形の怪獣で! お題だて!」
「隊長どうしたんですか? お題て何のことです?」
「言わせてくれ! 呼ばせてくれあの怪獣の名前を!」
「大丈夫ですか隊長! しかりしてください!」
「あの怪獣の名前はだな。あの怪獣の名前はか」
 その時、怪獣の破片が付近に墜落した衝撃音で隊長の声はかき消された。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない