てきすとぽいトップページへ
第23回 てきすとぽい杯
〔 作品1 〕» 2  10 
Re:conn-ect
 投稿時刻 : 2014.11.15 23:24
 字数 : 2430
5
投票しない
Re:conn-ect
犬子蓮木


 はあ、疲れたな。
 夜十一時、俺は仕事を終えて帰宅した。今週もやと終わりだ。明日は土曜日なのでゆくりいつまでも寝ようと考えていた。
 シワーを浴び、静かで誰もいない家で簡単な食事をとる。ほんの数日前までは家族がいたのに、今はひとりになてしまた。
 つい先日、離婚した。
 小学生だた子供は元妻が引き取り、俺だけがこの家に住み続けることになた。荷物が減り、広くなた部屋、誰の声も聞こえず、どうしても暗い気持ちになる。
 食事のあとかたづけを終えて、テレビを見ていた。スポーツニス。ひいきのチームが勝てうれしいという気持ちがあたが、そんなうれしさも、どこかで違うのではないかという気がしていた。
 ほんとうにそんなものが楽しいのか?
 そんな風に内側の誰かが問いかけてくるような。子供がいなくなてからの数日、どんな楽しいことにもそんなむなしさがついてまわてきていた。
 いつかなれるんだろうか。
 なれて忘れて楽になれればいいな、と思う。職場の友人もそういてくれた。でも、それは悲しいことなんじないかとも思う。
 俺が忘れたら、あの子も俺を忘れてしまうんじないだろうかと。
 いや、それは関係のないことだ。俺がどんなに覚えていても、あの子はいずれ、俺のことをほとんど思い出さなくなるだろう。新しい父親になついて、それが普通になて、いずれ俺のことはずと小さな頃のおぼろげな思い出程度になる。
 棚からノートパソコンをひぱりだした。
 てきとうにネトでも見ようかと思た。
 そうしてつけてみると、見知らぬフルダがあることに気付いた。中を見てみるとどうも子供が作たものらしい。このパソコンは家族共用のものだたから、まだデータが残ていたのか。
 よくわからないフイル名のテキストフイルがあたので開いて見た。
 『タイトル:あとで考える』
 どうもあの子が書いた小説らしい。ちんと完成してはいないらしく、設定のメモなどがフイルの上のほうに散らかていた。誰々が死ぬとか、どんなトリクとか。どうもミステリを書こうとしていたらしい。
 そういえば、そんな本を買てあげたなと思い出す。最初は漫画でミステリものがあて好きになたらしいが、そのまま小説にも手を伸ばすようになたらしい。
 その本がまだどこかにあるだろうかと考えたけれど、本のほうは持て行てしまたようだ。いたい、どんなのを書いたのだろうな。俺は、子供が書いた途中までしかないミステリを読み始めた。
 舞台はどこかのお金持ちのお屋敷。そこで主のお金持ちが殺され、どうも部屋は密室だたらしい。たまたま招かれていた少年探偵が、事件を捜査していた。
 読みにくいなーとか、間違てるなーというところが多い。おもしろいか、と言われればしせん、小学生の書いたものという感じだた。さらに、解決編が書かれておらず、第二の殺人がまた密室で起こたところで小説は終わていた。
 これは続きを書く気があるのだろうか。
 そうであるなら、送てやろうかと思たが、フイルの更新日時を見ると日付は一年ほど前だた。どうも飽きて忘れてしまたものなのか。
 それなら送らなくていいかと思た。
 そこで、また別の考えももた。
 続きを書いて送てやるか。
 どんなトリクにしようとしてたのかはわからない。メモもあいまいだた。ただ、まあここに書かれているものが成り立つようにすればいいんだろう? そういた本なら趣味ではないがいくつかは読んだこともあるし、ちと書くぐらいはできなくもないだろう。
 俺は、なんだか久しぶりにやる気をだして、パソコンのキーを叩きはじめた。
 よろこんでいるあの子の顔を思い浮かべながら。

 三月後、どうにかこうにか書き上げたものを元妻にメールで送た。あいつもそんなにひどいやつではないし、ものすごいケンカ別れをしたわけでもない。子供に見せてみると返事が来た。
 なんだか不思議な気持ちだた。
 じぶんでなにかを作て見せるなんて久しぶりだ。ここ数年では、休みの日にちとした料理を作て家族に出した程度しか覚えていない。仕事は、なにかを作るというよりも人と話して関係をつなげるようなものばかりだた。
 おもしろいと言てくれるだろうか。
 よろこんでくれればいいな。
 そんなおかしく新鮮な気分で数日を過ごしていた。そろそろだろうか、と元妻に催促のメールを出してみたが「少しは待て」としかられるような返信だた。ただ、ちんと読んではくれているらしい。
 さらに数日後の日曜日に電話があた。
 最初は元妻だたが、その後、子供に変わてくれた。
「読んだよ」あの子が電話の向こうで言う。
「おう、どうだた? なかなかよくできてるだろう」
「つまらなかたよ」
「ダメか、けこうがんばたんだけどな」
「勝手につづけないでよ」
「すまん。どこがダメだた?」
「トリクがこうじないんだよ」
「それはメモになにも書いてなかたからなー。でもこれで成り立たないか?」
「もとすごいトリクがあたの」
 子供がトリクの説明をする。それはどちかというと荒唐無稽というようなものだた。
「それはなかなか難しくないか?」
「難しくないとおもしろくないでし。小さくまとまダメだよ。あとタイトルがダサイ。なんとか殺人事件とかは今はないよ」
「うーん、そういうものか。じあ、また書いてみるよ」
「ええ!」驚きの声。
「お前はもう書かないのか?」
「考え中、勝手に終わりまで書かれちたし」
「それはすまん。また新しいの書けよ、そしたら読むから」
「いいけどさー
 そんなやりとりをして電話を終えた。つまらなかたかー。よくできてると思うんだけどなー。まあ、この間、思いついた別のトリクで新しいのを書いてみるか。こちのほうが派手だしな。
 ノートパソコンをひぱりだして立ち上げる。新しいテキストフイルを開いて、先頭に二回改行を入れた後で最初の文字列を書いた。
 『タイトル:あとで考える』                           <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない