てきすとぽいトップページへ
第24回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
〔 作品1 〕» 2  11 
Vampire
茶屋
 投稿時刻 : 2014.12.13 22:26
 字数 : 1415
5
投票しない
Vampire
茶屋


 キンドルの灯りが、幾重にも揺れている。
 境界を仕切るキンドルが風に吹かれるたび消えてしまいそうで心もとない。
 幾度も夢に見た景色だ。
 予感はあた。
 予想はしていた。
 今になて思えばあれは予知夢だたのだろう。
 今まで起こたことは知ている。夢で見たとおりだ。
 これから起こることも知ている。夢で見たとおりになるだろう。
 だけど、この出来事に抗うことなどできるのだろうか。
 それとも為すがまま、夢の行き着く先へと突き進んでしまうのだろうか。

 それは突然やて来た。
 目の前に唐突に突き出される色とりどりに彩られた花束。
「あなたは運命の人だ」
 長身で色白、どこか薄幸そうだがその瞳に宿る意志はどこか力強い。
 そんな彼の姿に見とれてしまていたが、慌てて現実を見直す。
 何だこの男は突然現れて花束を持て、運命の人がどうとか言い出す。
 少女漫画だてあり得ない展開だ。
 現実は小説よりマンガより奇なり。あまりに奇すぎて奇々怪々。もはや頭は大混乱で、どうしようもなくあわあわあわとするばかりだた。
「僕と一緒に来てくれませんか」
 彼は優しく微笑む。
 だけどこれ、どこかで見たような気がする。
 そうだ夢。
 これはなんども見た夢だ。

 私は夢の中にいる。
 私は彼についていく。
 これからに期待を胸を膨らませながら。
 そしてどこか漠然と不安を覚えながら。
 そう。これを何度も経験してきたようなきがするのだ。
 何度も見てきた夢という形で。

 彼は館に住んでいる。
 まさかこの街にこんな館があたなんて予想外だ。
 館には蔦がそこらじう貼ていて、古びているというか寂れていて、歴史を感じるといえば聞こえはいいが、かなり古い建物だ。
 導かれるまま、私は彼の館へと入ていく。

「ようこそ。僕のフム・フタール」
 そう言て彼は微笑む。
 影のある笑みだ。
 そしてどこかゾとする甘美さを併せ持ている。
 もう、逃げ出せない。そんな不安が首をもたげてくるが、もう私は彼に夢中だ。
 ああ、悪夢だ。
 もう逃げられないのだ。
 ああ、その飲み物を飲んではいけない。
 薬が盛られているんだ。

 眠りから目覚めると、未だ夢の続きだ。
 両手両足を鎖に繋がれ、何かの台に載せられている。
 慌てて飛び起きようとするも、気だるく、身体がついてこない。
 揺らめく蝋燭の灯の中で彼はぞとするほど魅惑的な笑みを浮かべている。
 手には冷たい光を放つ刃物を持ている。
「目覚めたかい……運命の人」
 私は恐怖のあまり声を出せない。だが、どこかこの情景に興奮している自分がいる。
 望んでいたの?
 こんな状況を。
 優しく殺してくれる人を?
 殺すほどに愛してくれる人を?
「君は永遠になるんだ」
 彼の歯には牙のようなものが混じている。
 吸血鬼。
 美女を攫う黒衣の伯爵。
「永遠に僕とともに」
 キンドルは魔法陣を描いている。
 いつも夢で見てきた光景。
 だが、これは現実だろうか。
 それとも何度も見てきた夢だろうか。
 未だ私は夢の中?
 それとも今度こそ現実になた夢?

 キンドルの灯りが、幾重にも揺れている。
 境界を仕切るキンドルが風に吹かれるたび消えてしまいそうで心もとない。
 幾度も夢に見た景色だ。
 予感はあた。
 予想はしていた。
 今になて思えばあれは予知夢だたのだろう。
 今まで起こたことは知ている。夢で見たとおりだ。
 これから起こることも知ている。夢で見たとおりになるだろう。
 だけど、この出来事に抗うことなどできるのだろうか。
 それとも為すがまま、夢の行き着く先へと突き進んでしまうのだろうか。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない