てきすとぽいトップページへ
並行世界の片隅で
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7 
救いの在り方
 投稿時刻 : 2015.02.17 16:05
 字数 : 4181
5
投票しない
救いの在り方
多千花香華子


 中井丈(なかい・じう)は狭い洞窟の中を進んだ。
 ぐるりを取り巻く岩肌が燐光を放ているので、歩くのに支障はない。
 大きな古傷のついた左手には、刀を納めた鞘を握ていた。
 それは家に代々伝わる家宝の日本刀だた。
 何か不思議な力があると教えられているが、詳しいことはもはや家族の誰も知らない。
 一人ではなかたが、洞窟の中、単調な道行が続く。
 丈は不安になて、先を歩く道先案内人に声をかけた。
「なあピー、どこまで行くんだよ? 俺、だるくて……、早く家に返してくれよ……
 道先案内人は背が低く、人間ではない生き物だた。
 背中にはきれいな羽根が生え、尻にはかわいいしぽが揺れている。
 動物をモチーフにしたような、二足歩行するフンシーな生き物だた。
 生き物は、「世界の妖精王に昇格したピー」と名乗ていた。
 ピーが歩みを止めて振り返る。
「どうもこうもあるか。これはおまえの一族の仕事なんだぞ。平行世界の連なりのだいたいにおいては、みんなうまくやた。でも、中には失敗した者もいる。その失敗の中でも手酷いヤツに、このオレサマが修正の機会を与えてやろうてんだ。これは生まれてこなかたおまえの尻拭いでもあるんだからな」
 丈は不平を言わずにいられなかた。
「でも、俺がいるんだから、俺のご先祖さまはうまくやたんだろう? 別にありがたくもないけどさ。ほといてくれよ、俺なんか……
「わかいないな、おまえは。ともかく仕事を済ませなき家に帰さないからな!」
 ピーは前に向き直り、「フン!」と鼻を鳴らしてズンズン歩を進める。
 丈としては、帰り方もわからないので従うしかなかた。
 しばらく無言で進むと、ピーの肩越しに広い空間が開けているのが見えた。
 行く手は明るく、きらめく水晶で覆われた岩屋だた。
 丈はその美しさに息を飲んだものの、気分が晴れるというほどではなかた。
 いつのまにか空気の温度が高くなり、ねとりと湿り気を帯びている。
 うすらと生臭かた。
 ピーは躊躇することなく、その岩屋へ足を踏み入れ、丈も続いて明るい空間に身を晒した。
 ピーは少し奥へ向かい、足を止めると前方を指さした。
「あれを見ろ」
 丈は示された先を見て、膝が震えた。
「なんだよ、あれ?!」
 ごつごつした水晶の結晶に囲まれた広い空間に、巨大な蛇が丸くなて眠ていた。
 からみあて正確にはわからないが、どうも頭が三つあるらしい、異形の大蛇だた。
 眠る大蛇に下には、青と白のまだらをした球体が十個以上転がていた。
 その球体の白い模様がうごめいている。
 それは雲の流れに似ていた。
 まるで宇宙から見た地球そのものだた。
 ピーが口を開いた。
「詳しい話はあとでするが、あのミツマタノオロチの下にあるのは、見ての通り地球そのものだ。アイツはすでに十以上の地球に影響を及ぼし、平行世界の多くを腐敗させている」
 丈は震え声で言た。
「あ、あんな化け物と戦えるわけないだろ、俺、そんなやり方もわからないし……
「戦う必要はない。戦わずに勝てる相手だから、おまえを呼んできてるんだよ、こちは」
 丈がさらに言い返そうとしたとき、背後からもピーの声が聞こえた。二つ。
「よお、待たせたな」
「こちもどうにかなたぞ」
 丈は振り返り、まさしく二人のピーを見た。
 丈を連れてきたピーとそくりだた。
 額に薄れた『肉』の文字があるのも同じだ。
 ただ、引き連れてきた人間が違う。
 近いピーの後ろには、すらりとした長身の美女。黒髪シトで、瞳が青い。顔立ちからしてハーフのようだた。
 遠いピーの後ろにもやはり女。長い茶髪を三つ編みにしていて、背が低い。丈の親戚によく似た顔立ちをしていた。
 二人、いや丈を含めた三人には共通点があた。
 三人とも、同じ刀を持てきている。
 丈のピーが歩み寄て行た。
「ご苦労ご苦労」
 ほかのピー二人も同じ声で答える。
「いや、なんてことねえ」
「そちこそお疲れ」
 三人のピーは腕を組んで輪になた。
 すると融け合て一人になてしまう。
 一人になたピーが口の端をつりあげて言た。
「まず言ておこう。おまえたち、仲良くしろよ。おまえたちは名前も姿も、性別さえも違うかもしれないが、お互い、おまえ自身なんだからな。何かがちとずつ違た、平行世界のおまえ同士なんだぞ」
 丈は興味深い思いで、青い瞳の女を見た。
 この美人が、もしかしたら自分だたかもしれないなんて、俄には信じられない。
 青い瞳の女が見返してきて、口を開いた。
「わたしは伏見(ふしみ)まるこ。お父さんがポーランド人なんだけど、そのせいでこんな名前にされちた。日本的なのが美しいて」
 丈も自己紹介した。
「俺は中井丈。あんまり話すことはないよ。わけあてこの歳になても無職だしさ」
 残た茶髪三つ編みの女も加わてきた。
「ア、アタシはしももらなおみ、いえ、下村直美。ご、ごめん、薬のせいで呂律が回らなくて……
 ピーが手を叩いて注意を促した。
「語り合うのは仕事が終わてからでも遅くない。概要を聞いてくれ」
 丈たち三人はさして熱意もなく、ピーの言葉に耳を傾けた。ピーが続ける。
「あのミツマタノオロチは、平行世界のだいたいにおいて、おまえたちの先祖である神通力を持た巫女に打ち負かされている。式神として手下にされたり、もと単純に退治されたりな。だが、平行世界の連なりの中で、ただ一つ、うまくいかなかた世界がある。その世界のミツマタノオロチはヘマをしたおまえたちの先祖を喰らい、神通力まで奪てしまた。それがアイツだ。もともと超自然の産物だたところへ、強力な神通力も得て、さらに長い年月が奴を強力な存在に変えてしまた」
 ピーはそこで息を継いで続けた。
「ミツマタノオロチの影響下にある世界は、もちろん苦しみの多い世界になている。本来そうではない人類の営みが、悪い方悪い方へ向かちまてる。それをおまえたちに正してもらいたい。本来そうであるように、世界を救うんだ」
 丈はそれを聞いて、急激に興味が失われていくのを感じた。
 自分の人生がめちくちなときに、ほかの世界を救おうなんて気分にならない。それよりは自分を救いたかた。
 ピーの話は続いていたが、丈は慰めを求めて、青い瞳のまるこに話しかけた。
「本当にアンタも俺なのかよ……。ちと何かが違てれば、俺もアンタみたいになれたのか。女で、美人で、なんでもうまくいくんだろ? 人生を謳歌してるみたいに見えるよ……
 まるこは悲しそうに微笑んだ。
「もとずと若い頃にはいい思いもしたかもしれないけど、今は地獄よ。思春期のころに双極性障害になた。躁のときはハピーすぎてバカやうし、鬱になれば何もできなくて、死ぬこともできないの。今はなんとか安定してるけど、いつどちに転がるかわからなくて、いつも怯えてる。あなたもうまくいてないようね」
 そうならばと、丈も身の上を話した。
「俺、高校に入てすぐ鬱病になてさ、高校も出てないんだ。退学した。高認をとてなんとか大学に行こうと思てたんだけど、もう頭は働かないし、気力は湧かないし……。薬もいまいち効いてない。この歳で引きこもりだよ。人生無いも同然だ……
 まるこは直美に顔を向け、話を促した。
「あなたも薬がどうとか言てたけど……?」
 直美がおずおずと口を開く。
「ア、アタシは統合失調症……。幸運にも薬は効いて、状態は安定してるけど……。人の言う青春時代はずと病院で過ごしてきた。学もないし、友だちもいないし、思い出もない。今更治ても何もない。困てるのよ、ホントに……
 丈は暗く沈んだ気持ちを吐露した。
「俺、夢に見ていたことがあるんだ……。ちと何かが違えば、俺は病気にならず、健康で楽しい青春を過ごして、ずとまとうな人生を送れていたんだろう……。いつか、何かが起こて、そんな世界に移動できる日も来るんじないかてさ……
 それを聞いて、まるこが嘆息した。
「世界が変わたところで……
 直美が絶望的に付け加える。
……アタシたちはだいたい病気になる。すごく高い確率で……
 三人ともピーの話をろくに聞いてなかたが、そこでピーが声を張りあげた。
「ここはよく聞いておけよ!」
 そして続ける。
「その刀にこそ、式神となた奴の力が封じ込められているんだからな。うまくやたほうのご先祖さまが、そう作た。そこでだ、同じ力をぶつけあて相殺してもらおうて寸法だ。一つの首に一本ずつ突き立ててくれればいい。こちの力が勝つ」
 丈はけだるい思いで聞いた。
「この刀はそんなにすごいのか……?」
 ピーはのけぞて答える。
「先祖に感謝しろ。普通の生き物なら、刃先を数センチ突き刺しただけで痛みを感じる暇もなく絶命する。強大になた今のオロチにも通じる力だ」
「楽勝だな。それを聞いて安心したよ」
「じ、仕事にかかてくれ」
「そうしよう」
 丈は答えて、まること直美の顔へ目を向けた。
 二人とも静かに頷き返してくる。
「俺たちの心は一つだ。始めよう」
 丈は刀を抜き放ち、鞘を捨てた。
 ほかの二人も息のあた動きで刀を抜き放つ。もう言葉はいらなかた。
 三人は儀式を行うように輪となた。
 三人は見事に同調した動きで腕を引き、そして前に突き出す。
「!
 衝撃的な光景に、世慣れたピーも言葉を失た。
 輪になた三人は、お互いの右に立つ人間を突き刺していた。
 心臓を一突に。うめき声さえあがらなかた。
 絶命した三人が、同時にどと崩折れる。
 ピーの目には、倒れた三人の表情が安らかな寝顔のように見えた。
 あの刀で絶命されては、世界の妖精王たるピーでも救いようがなかた。
 しばらく呆然と立ち尽くしたあと、ピーは頭をかきながらつぶやいた。
「なにやてんだかな、こいつらは……。マシなほうを集めてきたのに……
 古代には神通力を宿すような、優れて繊細な感覚も、現代のストレス社会にあては病の引き金になるものか……
 今、訪れることのできる平行世界では、巫女の子孫のほとんどが心の病を患ていた。
 ピーはため息をつきながら考えた。
 真実に罪深いのは、己たちで選別を重ねたはずの、自然な人間社会の営みなのかもしれないと……

 参考文献 
 長坂暖日著「フタマタノオロチ」「ミツマタノオロチ」
 しん@にん革著「ピーPart2」「ピーPart3」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない