てきすとぽいトップページへ
並行世界の片隅で
 1  6  7 «〔 作品8 〕
平行世界の外側で
 投稿時刻 : 2015.02.28 06:40
 字数 : 1148
5
投票しない
平行世界の外側で
三和すい


 一日仕事を終えた魔導師は、いそいそと自分の部屋に向かた。手に入れたばかりの魔道具で早く遊びたくて仕方がないのだ。
 お気に入りの品々で埋め尽くされた自分の部屋。その中でも特に貴重なコレクシンを並べた棚から「箱庭」を取り出す。
 「箱庭」といても、見た目は分厚い本の形をした魔道具だ。表紙をめくれば、そこには様々な物語が綴られている――途中までは。
「さて、今日はどんな物語を読ませてくれるのだろう」
 魔導師は本を開くと、おもち箱の中から人形や絵葉書などを取り出し、白いページの上に次々と置いていく。すると、人形たちは淡い光に包まれ、すうと消えてしまた。いや、本の中に吸い込まれたのだ。
 魔道具「語り部たちの本」は、物語を紡ぐ。
 白紙のページに置かれた物を取り込み、それにまつわる物語が文字となて浮かび上がるのだ。今日は森のカードとペンギンの人形を白紙のページに置いてみた。だから、森を舞台にしたペンギンの話が出来上がるはずである。
 物語をこよなく愛する魔導師は、こうして魔道具に浮かび上がる物語を読むのを楽しみにしていた。特に最近はあえて同じ人形を本に取り込ませて楽しんでいる。
 人形は三体。
 青い瞳をしたマルコ。
 長い髪のナオミ。
 そして、魔導師がうかり落として左手に傷がついてしまたジ
 同じ人形を取り込ませると、出来上がた物語には、当然ながら同じ名前と特徴の人物が登場する。けれど、舞台や状況などが変わるだけで、またく別の物語が出来上がるのだ。それが面白くてたまらなかた。
 戦場が舞台になたことがあた。子供頃に友だた三人が敵味方に分かれて戦わなければならない運命に胸が締め付けられた。
 学校が舞台になたこともあた。そこで育まれたマルコとジの友情が、大人になて歪んだ形で花開く様に引き込まれた。
 霧の都で人形たちが絵描きになたこともあた。彼らの生き方やとらえ方の違いがとても興味深かた。
 人形の性別が変わることもあた。ほとんどの物語ではマルコは男だたが、遠い星の皇女や残忍な魔女として登場することもあた。また、ジが人間でないこともあたが、これは大熊の骨を一緒に箱庭に取り込ませたのが原因だろう。
 別の本を一緒に取り込ませてみたこともある。以前読んだ大蛇の物語と妖精の物語の設定を使いながらも、全く別の物語が出来上がたのには驚いた。
 そうやて何度も繰り返しているうちに、本の中の登場人物たちも、他の物語に自分たちと同じ名前の存在がいることに気づいたらしい。「多次元ジ申告所」なる事務所を開設し、様々なジを管理しようとする者も出てきた。
「今度はどんな物語ができたかな」
 今年流行りの白いモコモコしたコートを羽織ると、魔導師は「箱庭」に浮かび上がる物語を読み始めた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない