てきすとぽいトップページへ
短歌小説コンペ2.0
 1 «〔 作品2 〕» 3 
ヤドカリ記念日
 投稿時刻 : 2015.05.10 20:43
 字数 : 640
5
投票しない
ヤドカリ記念日
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 引越しがしたいと君が言たから、5月10日はヤドカリ記念日。
 君がまず、ドローン飛ばしている間、僕は得物の準備を始める。
 設計図、用意してから印刷だ。買たばかりの3Dプリンター
 ガガガガガ、ガガガガガガガ、ガガガガガ。あという間にピストル出来た。
「見つけたわ」君が嬉しそうに叫ぶ。一戸建てな上、お庭もついてる。
 ミクシーに、先週の旅行写真上げ、アリバイ工作完璧にした。
 いざ出陣、中古の軽トラ乗り込んで、僕らはヤドカリ始めたぞ。
 叫び声 響き渡るよ 住宅街。僕のピストル大活躍だ。
「命だけ、命だけでも助けてください」中年男が足元縋る。
「わたくしの、いちばんだいじなものをあげます」中年男は物置へ走る。
「これどうぞ」そういい差し出されたそれは「これは…まさかの…」「そうですまさかの」
 どうしても、手に入れることが出来なんだ。あの幻の神様の紐。
「本当に、この僕にこれをくれるのですか」「もちろんですともヤドカリさんよ」
「それならば、あなたは逃がしてあげましう」「妻と子供も許してください」
「問題ない」「ほんとにほんとに、ありがとう」中年男は妻子と逃げた。
「ちと待て、あんた勝手になにしてんのよ」ダダダダダダーン、ババババキン。
 どうしてだ、君があまりにうるさくて、引き金うかり弾いてしまた。
 まあいいや、僕はこの紐愛でて幸せ。狩りとた宿で萌えを堪能。
 その時だ。外から大きな音がした。ピーポーピーポー、ピーポーピーポー
 あの野郎、まさか通報しやがたのか。逃がした恩を忘れやがて。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない