てきすとぽいトップページへ
短歌小説コンペ2.0
 1  2 «〔 作品3 〕» 4 
刀に魅せられし剣士
 投稿時刻 : 2015.05.10 20:58
 字数 : 534
5
投票しない
刀に魅せられし剣士
三和すい


酔いどれの ペンギン剣士と 呼ばれつつ
使ているのは ゴルフクラブだ

打撃武器 使い勝手は いいけれど
剣士が使う 武器ではないよ

こりいかん 急ぎ武器屋に 駆け込めば
ずらりと並ぶ 珍しい武器

最近の 流行りの武器と いう刀
美しい形に 心が躍る

だがしかし 悲しいことに 我が財布
刀を買うには 桁が足りない

ふと見れば 店の片隅 無造作に
置かれた刀は 破格の値段

手にとて すと鞘から 引き抜けば
白刃に宿る 妖しい光

気がつけば 有り金すべて 差し出して
刀を腰に 店を出た後

町中で 刀を抜いて 見つめれば
聞こえてくる声 狂気の念

妖刀と 呼ばれた刀 旅の果て
異国の地にて 主と出会う

血が見たい 心の中に 沸き上がる
衝動止める 術を知らない

新しい 獲物求めて 見渡せば
通りかかた フカフカ羊

寸前の ところで避ける 羊さん
宙に舞うのは 白い羊毛

繰り返し ふり下ろされる 斬撃に
みるみる減てく フカフカ羊毛

ペンギンは 嫌がる羊に こう言
よいではないか よいではないか

理由なく ペンギン剣士に 襲われて
羊は叫ぶ 誰か助けて

屋根の上 斧を両手に ウサギさん
呼んだかしらと いきなり参上

突然に 強敵現れ ペンギンの
心を捕らえた 闇が吹き飛ぶ

恐怖から 刀を落とした ペンギンは
命からがら 逃げ出した

危険だと 走り続けて 気がつけば
町の外れに 一人たたずむ

何故だろう 財布の中に 金がない
今夜は酒が 飲めそうもない
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない