てきすとぽいトップページへ
第27回 てきすとぽい杯
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  15 
水濡れ厳禁!小枝子ちゃん!
 投稿時刻 : 2015.06.20 23:43
 字数 : 1298
5
投票しない
水濡れ厳禁!小枝子ちゃん!
どろどろろん


 太陽の光がギラギラ照りつけてアスフルトを焼き始める頃になると、僕はいつも小枝子のことを思い出す。
 町はずれの小さな家に年老いた母親と慎ましく暮らしていた小枝子。無口であまり喋らない女の子だたが、時折見せる笑顔は向日葵を思わせるほどに輝いていて、僕はそれが大好きだた。
 だからこそあの時の僕の浅はかな行動を思い出すと胸がどうしようもなく苦しくなる。

 当時14歳だた僕は水泳に夢中だた。当然部活は水泳部だたし、暖かくなてプールに入れる時期になると毎日のように学校のプールで泳いだ。思えば僕の人生で一番充実していたのはあの頃だたのかもしれない。
 小枝子は水泳部のマネーた。無口で何を考えているのかよく分からない子だたが自分の役割はきちり果たしたし、何より男臭い部活の紅一点で、しかも可愛かたので、部員から嫌われるようなことはなかた。
 小枝子は毎日部活に来て僕たちが泳ぐのをいつも熱心に見ていた。毎日雑用して、僕たちの泳ぐところを見て、それで楽しいんだろうかと思て、小枝子は泳がないのかと聞いてみたけれど、寂しそうにふるふると首を振るばかりだた。小枝子はきと金槌なのだろうとこの時の僕は思た。

 僕は小枝子が好きだた。部活が終わた後、小枝子に俺でよかたら泳ぎ教えようか、と提案してみた。小枝子は薄く笑て首を振る。しかし僕は、泳ぐのてとても気持ちいいんだぜ、と食い下がてみた。あんなに寂しそうに首を振るんだからきと小枝子は泳ぐことに興味がない訳じないのだと僕は思ていた。小枝子は目をパチクリさせて泳ぎの楽しさを熱弁する僕を見る。それから、じあ少しだけ、と了承してくれた。

 僕と小枝子は二人きりでプールに入た。小枝子の水着姿を見るのは初めてで少しドギマギしてしまて上手く小枝子のことを見られなかた。小枝子はそんな僕を見てクスリと笑う。
 じあ、まずバタ足から、そう言て小枝子の手をそと掴む。壊れそうなくらいに柔らかかた。
 僕の手を掴んでバタ足を始める小枝子。スラと伸びた足は水泳部の男どもとは全く違ていてとても綺麗だと思た。
 
 小枝子は飲み込みが早くて1時間もすると自力で10m程泳げるようになた。そろそろ陽も傾いてきたので今日はこの辺にしておこうと小枝子に、そろそろ上がろう、と声をかける。すると小枝子は、
「泳ぐのて気持ちいいね。ホントに君の言うとおりだ。やてみてよかたよ」
そう言てニコリと向日葵みたいに笑うと、その場で、文字通りサラサラと水に溶け始めた。
 僕は驚きのあまり声も出せず、玉のように綺麗な肌がキラキラした粉になて水に溶けて行くのを見ていた。差し込んだ夕日に照らされて一層輝いて見えた。
 思わず見とれてしまていた僕がハと気が付くとそこにはもう水着とキプとそれからゴーグルしか残ていなかた。小枝子は跡形もなく消えてしまた。
 僕は水に浮いたそれらを回収して、仕方ないので自分のカバンに詰めて持て帰ることにした。
 テクテクテクテク、一人で歩いて家に帰る。途中であまりの夕日のまぶしさに目が染みて少し涙が出そうになた。
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない