てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
A Hole New World
 投稿時刻 : 2018.12.11 17:29
 字数 : 410
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2018.12.12 22:00
Poquil_Bambi @fumitaji
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
本質を書こうとする小説は多いけれど実存を書く小説は珍しいなと思いながら読みました。
自分を食べたら小さくなるのではという疑問はさておき、閉じられた空間に名前がある面白さを考えさせられる優れた小説だと思いました。
不動産登記法上での建物の定義のひとつに、屋根や壁で外気を分断していることというのがあります。極端な言い方をすれば構造物で周囲を閉じて穴が存在するものが家屋で、穴がない家は家屋ではないと言えます。ものがものであるには穴が必要不可欠なのかと、そんなどうでもいいことを考えてしまうくらい、この小説には心地良い読後感がありました。読んで良かったです。

コメント前に
する
ネタバレを含む