てきすとぽいトップページへ
てきすと怪 2015
 1  9  10 «〔 作品11 〕
サカシマさんについて
茶屋
 投稿時刻 : 2015.09.20 23:55
 字数 : 2684
5
投票しない
サカシマさんについて
茶屋


 サカシマさんの噂である。
「これは友達が友達から聞いた話なんだけどさ」
 紫煙漂う狭い居室の中で、車座になて集う高校生が四人。
 なので、多分、これはそのうちの誰かの高校生時代の話。
 未成年のくせに一丁前にマイルドセブンをふかし、2.7Lボトルの焼酎の周りにソフトドリンクを並べている。
 赤ら顔で、話に花を咲かせる。
 そのうちに夜もふけ、自然と怪談話になたのだ。
「サカシマさんていう人が昔な、事故にあて死んだら死んだよ」
「え? その話、おれも知てるけど、自殺て聞いたけど」
「チト待て、俺は殺されたて話聞いたんだけど」
 全員が顔を見合わせる。
「サカシマさんの話だよな?」
「そうだよ。この話をすると、三日以内にサカシマさんが来るてやつだよ」
「そうそう」
「俺もそれ聞いたことあるかも」
 皆の話は合致している。ともかく、この話を聞いた三日以内にサカシマさんが来るという話だ。
「その話て、サカシマさんて女の人が公衆電話の中で暴漢かストーカーにめた刺しにされて、その公衆電話の電話番号にかけるとサカシマさんが「今から行くわ」て言てくるていう。この話を聞くと、サカシマさんから電話がかかてきてだんだん自分のいるところに近づいてきて三日以内にやてくるていう話だよな」
「違うよ。そもそも、サカシマさんは男で」
 と、もう一人が話始める。
 曰く、サカシマさんという男が冬場に帰る途中、踏切で転んでしまた。打ちどころが悪かたのか、自力で起き上がれない。人通りの少ない道であたことに加え、タイミングが悪かた。ちうど電車が来たのだ。もう少し時間があれば這て踏切から逃れることができただろうが、踏切はすでにカンカンカンと嫌に響く音を鳴らし、赤のライトが不気味に明滅を始めたのだ。線路に振動が伝わり始める。サカシマさんは必死に逃げようとするが、なかなか前に進まない。そして、電車の光が彼を映しだした。雪で視界が悪かたこともあり、運転手はサカシマさんを見つけるのが遅かた。
 サカシマさんは、電車に轢かれた。
 おかしなことに、そこには下半身しか残ていなく、上半身はなかたのだという。
 異様に寒い日であたという。人の這たあとと血が残されていたが、それは途中で消えた。胴体の断面が氷付き、暫くの間、上半身だけで生きていたのではなかとも推測された。しかし、一向に上半身は見つからなかたのだという。
 そのサカシマさんの上半身が今も、自らの下半身を探して彷徨ているというのだ。
 そしてこの話を聞いたら三日以内にやてきて、「足をくれ」と言て這いながら追てくるのだとか。
「いや、それ違うくね? 別の話と混ざてるんじないか? 俺が聞いたのはこんな話だよ」
 サカシマさんという女子高生がいた。
 夏休みが始まる前日の終業式の日、いじめられていた彼女は、屋上から飛び降りた。
 ちうど、彼女をいじめていた女子の目の前に落ちたのだという。
 即死と診断が下されたが、血まみれの彼女がにんまりと笑い女子グループを見ていたという噂がたた。
 やがて、女子グループの一人ひとりが精神がやんだり、交通事故にあて重症を負うような事件が続いた。
 最後の一人は「サカシマさんが来る。許してもらえない。誰も許してもらえない」という書き置きを残して失踪したらしい。
 その後、数年して、同窓会が開かれる。
 同窓会は数年おきに開かれるが、そのたびに大きく数が減ていたのだという。
 死んだり、連絡が取れなくなたりしているのだという。
 やがて、同窓会は開かれなくなた。
 誰も、同窓会に来れるものなどいなくなていたから。
 サカシマさんの恨みはそれでも収まらない。サカシマさんはこの話を聞いたものに三日以内にやてくるというのだ。
 一人が話すたびに、残りの三人は合点のいかない顔をする。どうも一致しているのはサカシマさんという名前と、
「変だな。俺が聞いたのはある村の話で、その村は他の村が凶作で飢饉に近い状態になても豊作だたんだて。自然と周りに食べ物を分け与えたりするようになて、自然と周辺の村々の中心的地位になていたらしい。でも、ある時不思議に思た若者がその村の祭りに忍び込んだだて。忍びこむ必要なんて本当はなかたのかもしれないけど、その村は何故か周辺の村からは嫁をとらずに、わざわざ遠くの漁師町とかから嫁をもらてんの。帰れないように。で、その祭りに忍び込んだ若者は見たんだ。どこからさらてきたかも知れぬ人間を石の祭壇に縛り付けて、出刃包丁みたいので行きたままぶつ切りにしてんの。で、どうやらサカシマさんて、山の神様みたいのに生け贄を捧げてるてのがわかたみたいなんだ。それを藩の役人に訴えでたら、村は藩の武士たちに念入に調べられて、やぱり生け贄の実体がバレちたらしいの。その時の、殿様がそういう異形の信仰を嫌てたみたいで、その村を焼き払たらしい。一人残らず、殺しちたらしいのね。そしたら今度は殿様が急病で死んじたらしい。ただ、三日前から、「サカシマが来る」て何かを恐れてたらしい。それ以後も、定期的に人が神かくしに合うようになたらしい。そんでもて、未だその山の神が生け贄を求めてさまよてるんだて言われるようになたのよ。その村が崇めてた山神の名が、「サカシマさん」だたらしい。で、この話を聞くと「サカシマさん」が生け贄を求めてやてくるていう話」
 結局、四人の話は一致しなかた。
 ただ共通しているのは、「サカシマさん」という名と「三日以内に来る」という話だけだた。
 その時は、都市伝説なんて曖昧なもんで色んな話が混ざて適当になるもんだなて笑い合て終わた。
 三日後に、その中の一人が突然の失踪するまでは。

 数年ぶりの同窓会で残りの二人と飲んだ。
「結局、あれてなんだたんだろうな」
 不思議そうにそう言うと、残りの二人は不思議そうに顔を見合わせている。
「そんな事話をしたのは覚えてるけど、あの時はこの三人だたし、失踪した奴なんていないぞ」
 反論してみるも、記憶は曖昧だ。
 よく考えれば失踪した奴の名前も覚えていない。
 そんな大事件があれば、忘れるはずもないのに。
 そんな奇妙な記憶に違和感を感じながらも、二人に反論することもできずに、仕方なしに自分の記憶違いということにした。
 帰てアルバムを眺めてみても、もう一人の顔を思い出すことができない。
 妙な違和感に不安を覚えていると、急に携帯がなた。
 増笠、と表示されている。
 登録した覚えはない。
 電話に出る。
「久しぶり、三日以内に会いに行くよ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない