てきすとぽいトップページへ
第28回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  17  18 «〔 作品19 〕» 20  25 
魔王(幼少期)
 投稿時刻 : 2015.08.16 12:04
 字数 : 1000
5
投票しない
魔王(幼少期)
小伏史央


 少年は玉座に腰かけるが、その足は床に着かず、また両の腕も容易には肘掛におさまらない。しかし少年はそのことに気分を害することもなく、堂々と、玉座にその身を沈めてみせた。
「おいおまえ」
 少年が、部屋の隅で佇んでいる石像に声をかけた。声に反応して石像が動き出す。
「お呼びですか。魔王様」
 彼は生きる石像であた。そしてこの少年のおもり役でもある。
「余は暇じ

 少年は、魔王である。西の空へ日が沈む一瞬間、一握りの陽光が一等星を撃ち、昼と夜の狭間に波紋が響く。空に浮かび上がた波紋を見て、魔物たちは歓喜した。魔王が生まれた報せである。
 魔物たちはその日生まれた魔物の子を片端から調べた。コボルトの子、トロルの子、エルフの子……。しかし、いくら探しても魔王は見つからなかた。魔物を従えるだけの魔力を持た王が。
 あの報せは間違いだたのか。魔物たちは落胆した。そこへひとつの報告が入た。人の街に入り込んでいたウルオウスプが、とてつもない魔力を放た人の子を発見したというのである。
 まさか人の子が。我々の餌でしかない人から魔王が生まれるものか。懐疑の念を懐きながらも、魔物たちは街へ訪れる。そして果たして、そのこどもこそが魔王であることが判明したのであた。

「おーい、なにをもたもたしておる!」
「魔王様、私は速くは走れぬのでございます」
 石像は城の庭に少年をつれてきていた。広い庭は、小さな体の少年には充分すぎる遊び場となる。石像は溜息をつきながらも背中を追いかけた。
 しかし、その隙を狙う者たちがいた。少年が何かに強く頭をぶつける。そして泣き始めた。石像は慌てて少年のもとへ向かうが、それを見えない壁が妨げた。
「これは、天使の壁ではないか!」
「おやまあ博識なのね、石像のおにいさん」
 声の方を見上げると、何体もの六枚羽の天使が、輪を作るようにして宙を構えていた。
「一体なんのつもりだ」
「なんのつもり? ふん、笑わせないでくれる? 訊きたいのはこちのほうよ。人の子が魔王だなんて、あなたたち地上の魔物が認めても私たち天使が許さない」
 石像が止める暇もなく、天使たちは一斉に白い魔力の槍を放り放た。
 直後、天使たちは塵となていた。
 石像は硬い目を丸くする。槍を放たれた中心部では、槍の魔力を吸収し青年ほどの姿に急成長した、かつての少年の姿があた。
「魔王様……
 その光景に石像は、ただそう呟くことしかできなかたという。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない