てきすとぽいトップページへ
第4回 てきすとぽい杯
 1  16  17 «〔 作品18 〕» 19  21 
誰が助けるの?
 投稿時刻 : 2013.04.13 23:44
 字数 : 1227
5
投票しない
誰が助けるの?
十市 社


※ここに挿絵

 黒板にへんてこな図を書きなぐて、先生は振り向いた。
「ここにとても大きな木があります。大きな木には五人の人たちがそれぞれ太い枝の上に家を作て、家族と一緒に住んでいます。ある日、イガグリさんが足を滑らせてしまい、枝のてぺんからゴロゴロと転げ落ちてきました。気づいたほかの四人はそれはそれは大慌て。さあ、誰がイガグリさんの転落を阻止することができるでしうか」
 ぼくたちは知ていた。
 先生が怒ていることを。
 それもただ怒ているだけじなくて、今年でもう先生の仕事を辞めてしまおうと思ているのだ。
 だから、先生はもうどうでもよくなて、こんなふうにわけのわからない問題でぼくたちを混乱させて楽しんでいるんだ。
「先生、イガグリさんて誰ですか?」
 先生はため息をつく。「右から二番目の枝に住んでいる人です。見ればわかるでしう」
「はい」きまじめな女の子が手を上げた。「じあ、水の人だと思います。一番近くに住んでるし、最初に気づくと思うから」
「水の人?」先生の目つきが鋭くなる。「それは誰のことですか」 
「え、まんなかの……
「タマネギさんをそんなふうに呼ぶのは許しません」
「じあ、タマネギさん……だと思います」
「タマネギさんは軍手をしていないのに? イガグリさんのトゲトゲの体を素手で受け止められるとでも?」
「じあミカヅキさん」別の女の子が答える。「ミカヅキさんなら軍手をとて戻てくる時間があたと思います」
「カキノタネさんのことを言てるのかしら? だとしたらハズレね。カキノタネさんは出た顎が邪魔をして足元に転がているものを見ることができないんですよ」
「ハート!」のんびり屋の男の子がのんきに声を上げた。「ハートは優しいから助けたあげたんだよ」
 先生は首を振て却下する。「モモジリじいさんは近所で評判のイジワルじじいです」
「じあもう、一番左のホシの人しかいないじん」
「残念。スターフルーツさんは前日お星様になりました」
 答えは出つくし、ぼくたちはお手上げで先生を見上げた。
 そのとき、ぼくは思いついた。
「わかた! イガグリさんは自分で止またんだ! 誰にも助けてもらう必要がなかたんだよ!」
 先生は今までで一番みにくいものを見る目でぼくを見た。
「さようなら、みんな。今日でお別れですが、元気で暮らしなさい」
 それだけ言うと、先生は教室を出ていこうとした。
「先生、正解は?」
 みんなが不満の声を上げると、扉を開けた先生はぼくたちを振り返た。
「正解は、『誰も助けられませんでした』です。みんなが先生を助けてくれなかたみたいにね。イガグリさんは足を滑らせてすぐ、枝から落ちて地面に激突していたんですよ。あなたたちの担任になて二月で先生が精神を病んでしまたのと同じように。ほんとにひどい一年でした。地面に激突したまま半年以上あなたたちの面倒を見なければいけなかたのですから。さようなら、みんな。その絵を一生忘れずに覚えておくがいいわ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない