てきすとぽいトップページへ
第4回 てきすとぽい杯
 1  19  20 «〔 作品21 〕
処方箋
 投稿時刻 : 2013.04.15 11:22 最終更新 : 2013.04.15 14:16
 字数 : 1137
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2013.04.15 14:16:09
- 2013.04.15 11:44:32
- 2013.04.15 11:43:27
- 2013.04.15 11:42:32
- 2013.04.15 11:40:51
- 2013.04.15 11:22:08
処方箋
タカダノブユキ


「じあ、このハートは何?」

「ハートはあんただよ。」

「わたし?」

「そう。」

「…わたしの? 、、、心臓? …?」

「そうじないよ。」

「え でもハートは心臓のマークでし?」

「そうだけど …この場合はちと違うんだよ。」

「え でもじあ …何?」

「心だよ。」





医者がくれた紙には、
木のようなものが落描きしてあるだけだた。

ばあちんを見てくれる医者はすぐ近所だ。
だが、この妙な処方箋の薬は、
電車で1時間以上も離れた大陸側のこの町の、
この店でしか扱わないらしい。

はあちんに頼まれて、ルルエはおつかいに来た。
ばあちんのことは好きだ。お使いの駄賃も必ずくれる。

大陸側に遡る深線は、
4歳の頃に父母と一緒に乗て以来、2度目。

高層ビルの路地や屋上が遊び場のルルエにとて、
地上を走る電車は特別だ。
スレスレを駆け抜ける電柱や、絵の具のように流れる草原や
線路と並走する川面を、飽きもせず眺めていた。

終点の駅は、
くすんだ白い壁の飾り気の無い建物で、
改札の前とホームの奥に一人ずつ、
銃を持た薄茶色い制服の見張りが立ていた。

駅を一歩出てみたこの町は、ルルエの街とまるで違う。
今出た駅舎が一番高い建物で、あとはみな平屋で、
たまに2階らしきものやベランダのようなものが、
オマケのように付いている。

舗装されていない広い道は、
人通りは多かたが、静かだた。
駅から出た人は、それぞれの目的の場所へ
黙々と向かてゆく。

ルルエも、ますぐ薬店に向かた。
途中、目を惹くものは多かたが、用心深く、迷わないように歩いた。






薬店のおじさんは、興味本位の質問に丁寧に答えてくれた。

  ・星や月、水といた記号は、何がどの程度の割合なのかを示している

  ・木の枝のような線は、脈に至る経路や順序を示している


「私らはそれを見て、いろんなものをちとずつ混ぜて、薬にするんだ。」






「…心て、どうやて薬に混ぜるの?」

自分が奇妙な機械に取り付けられて、
胸のあたりから何かを抽出されている図を想像したルルエは
とまゆをひそめる。

「もう入てるんだよ。」

「え

「…あんたが薬をもらいにここまできてくれた。」
「そういうことが、もうこの中に入ているんだよ。」

「・・・」






わかたような、わからないような気持ちで、
駅へと戻る埃ぽい道を急いだ。

改札で、銃を持た見張りの顔をちらと見ると、
向こうもこちらを見て一瞬目があた。
ルルエとそう歳の違わない、若い男だた。

帰りの電車は8割方の席が埋まていた。
みな大きな荷物をかかえている。







「元は同じ。生きているものも、そうでないものも。」

薬店で聞いた言葉が頭に浮かぶ。






反対の窓から陽が差してくる。
もう3時か4時くらいだろうか。

「明るいうちに帰ておいで」、という
ばあちんの言葉を思い出した。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない