てきすとぽいトップページへ
第4回 てきすとぽい杯
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  21 
神のお告げ
 投稿時刻 : 2013.04.13 23:30 最終更新 : 2013.04.14 12:13
 字数 : 1160
5
投票しない
更新履歴
- 2013.04.14 12:13:21
- 2013.04.13 23:30:06
神のお告げ
山本アヒコ


 その昔、聖光教という宗教が生まれた。
 広めたのは第一聖人アグリアパ。彼は山の上で神の啓示を受けたという。
 神は太陽の光とともに地上へ降り立ち、アグリアパへ言た。

『光当たる場所へ水を流せ。夜には月明かりが満ち、命が注がれるだろう。そこは夜にも星明りが灯される場所となる』

 アグリアパは荒野に川を作た。すると自然に人は集まり、やがて大きな都市ができた。
 都市の名前は第一都市アグリ。第一聖人アグリアパが作り上げた街という意味であり、聖光教が最初に作り上げた都市という意味でもある。
 聖光教信者にとては誇らしさとともに前者の意味で知られているが、聖光教を信じない者たちには皮肉とともに後者のほうが知られている。
[※ここに挿絵]

 聖光教のシンボルである図形が描かれた盾を構える集団が整列している。
 横二十人、縦十人の長方形。それが何十個も平原に並ぶ光景は壮観と言ていい。しかし彼らの顔色は悪く、ブルブルと全身を震わせている者もいる。
 仕方がないことかもしれない。彼らはこれから殺し合いをするのだから。
 平原の向こうに影が見える。視力が良い者ならどんな姿をしているのか見える距離だ。
 それは騎士たちだた。
 銀色に光る鎧で全身を包み、腰には剣を垂らし、手には長い槍を持ている。馬に乗た堂々たるその姿は、まさに歴戦の騎士だ。
 それに比べると聖光教の盾を持つ彼らの装備はあまりにも貧相だた。盾だけは重厚な鉄製なのだが、その他はあまりにひどい。
 鎧を着ている者は誰もいなかた。革の胸当てをしているのは良いほうで、ほとんどが粗末な布でできた服を着ているだけだ。兜もなく、穴が開いた鍋をかぶていたりする。武器も剣ではなく、農作業で使う鍬や、ナイフを木の棒にくくりつけた槍だ。
 さらには人数も違う。騎士たちは平原の横幅いぱいに広がているのに、こちらは平原の四分の一程度だ。集団の奥行きも相手の半分程度。これではどうやても勝てるはずがなかた。

 数百人の人間を殺し尽くした後、騎士たちは彼らが守ていた第五都市スリウラを蹂躙した。
 騎士たちの歩みはそれで終わらなかた。第四都市ハル、第三都市ガリオト、第二都市ウオルルアンを次々と滅ぼしていく。
 それはまるで聖光教のシンボルを下から消し去ていくようだた。
 近づいてくる大軍の足音に怯えるかのように蹲ていた男、第八十七聖人アグリルムは叫ぶ。

 おお、神よ! なぜ私たちを救てくれぬ!

 すると室内だというのに光が降り注ぎ、神が現れた。
 滂沱の涙を流しながらアグリルムは叫ぶ。

 神よ! 我らをお助けください!

 神は言た。

『私は謝らねばならない』

 アグリルムは、それはどうしてですかと聞いた。
 神は本当に申し訳なさそうに答えた。

『言葉を伝える者を間違えたのだ。今からここへ来る者こそが、最初の言葉を伝えるべき者だたのだ』
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない