てきすとぽいトップページへ
クリスマス前にやってきた小説大賞
 1  3  4 «〔 作品5 〕
白いヒゲ
 投稿時刻 : 2015.12.29 13:15 最終更新 : 2015.12.30 16:14
 字数 : 2159
5
投票しない
更新履歴
- 2015.12.30 16:14:43
- 2015.12.29 13:15:36
白いヒゲ
甲斐聖子/sin against


 「僕、サンタクロースから白いヒゲをもらたよ!?」
 8歳になる息子、つかさが言いながら家じうを駆け巡ている。
 「ヒゲ?」
 俺はともかく、妻の美津子もそんな物贈た覚えなどない。
 「ヒゲ!」
 確かに、つかさが手にひらひらと持ているのは、白いヒゲだ。

 「そうか!よかたな!」
 ここはとりあえず合わせておこう。目配せで美津子とそんなやり取りをしながら状況を見守る。
 台所の机の角にぶつかり、椅子をなぎ倒し、そんなに嬉しい物なのかと思わせるほどのはしぎように、こういう時の親というのは、ただにこにこしているしかないのだなと思う。
 「白いヒゲね。」
 美津子が不思議そうに俺の顔を見る。
 「白いヒゲな。」
 俺はなにも知らないぞと美津子の顔を見る。
 「サンタクローていると思う?」
 美津子が俺に小声で耳打ちする。
 「俺はおとぎ話だと思ているよ。」
 平然と答えながら、俺と美津子は去年作た暖炉を見つめている。
 「まさかね。」
 「まさかな。」

 暖炉を作ろうと言いだしたのは、つかさだた。
 「なんで?」
 「そうしたらサンタクロースが来るでし?」
 「今までも来ていたじないか。」
 「違うよ!本物のだよ?」
 「え?」
 「だて、お父さんの足音大きいんだもん、僕すぐわかうよ。」
 笑いながら言い放た言葉にシクを受けたのは、察しがついてくれるだろうか。
 「でも、作り方なんか知らないよ。」
 「僕知てるよ、まさ君が言てたんだ。赤い布をはさみながら暖炉を作るんだて。」
 「布?それじ燃えちうじないか。」
 「暖炉て使たことある?使わなければいいんだよ。作るだけ、サンタクロースのために、ねお願い。」
 ああ、このおねだりの仕方、こいつは小さい時からそうだ。
 おねだりの仕方をどこで覚えてくるのだろう、と思わせるくらいに可愛い。
 決して親ばかではなく、親戚中がそう言うのだから間違いなく可愛い。
 「よし、作るか。」

 「まさかな。」
 「まさかね。」
 「本当に来たのかな?」
 「暖炉見てみない?」
 美津子の提案に俺はすぐ身を乗り出して頷く。
 頭を下げて暖炉の中を見る。
 探している物は、赤い布。赤い布。赤い布。
 「え?」
 「あれ?」
 「あた?」
 「ない。」
 赤い布は、ブロクごとに挟んでいて、内側から見ると暖炉が舌を出しているようで少し気味悪かた。
 その赤い布が一切れもない。

 「サンタクロースのおひげ、おヒゲ、おヒゲ、しいろいおヒゲ。」
 歌ている。
 「あれて本物かしら?」
 「赤い布はどこに行たんだ?」
 呆けているのは、俺達だけで、つかさは、はしぎまくている。
 「ぷ、あはははははは。」
 「なんだろな、あいつは。」
 つかさを見ながら、必死にこの状況の正当性を突き詰めたかた自分達に笑いがこみ上げてくる。
 「白いヒゲ、気に入たか?」
 「うん、だて本物だもん。暖炉の赤い布もないし。」
 「見たのか?」
 「起きてすぐ見たよ?」
 「言えよ。」
 「なんで?」
 「探しちたじないの。」
 「だて、白いヒゲだよ?これなにするの?僕わかんなさすぎておかしい。」
 笑いながら駆け巡られる、家の中は笑いに包まれる。
 「でも確か、私達が子供の頃て赤い靴下じなかた?」
 「今でもそうかと思てたけど、でも結局あれは親が入れてたからな。」
 「それもそうね。」
 美津子が笑う。
 つられて俺も笑う。
 笑ている、俺も美津子もつかさも。
 サンタクロースの白いヒゲ、それが意味するものはわからないけれど、暖炉の赤い布が一枚もなくなている事実はある。不思議な事もあるもんだな。
 思て、クリスマスツリーを見る。
 緑色のツリーに色とりどりの飾り物。
 の、はずなんだが、ツリーは赤く染まていて、俺は思わず美津子の腕を引張る。
 「え、うそ。」
 そこには丸く太たサンタクロスがこちを見て笑ていた。
 「つかさ!!こち見て!」
 母親の声につかさは敏感に反応して、顔を振り向かせる。
 「サンタクロースだ!」
 けれど、その影は薄く、透けている様にも思える。
 声は聞こえないが、左手でヒゲを触り、右手を伸ばしている。
 「つかさ、そのヒゲ、サンタクロースに返さないか?」
 「えーなんでー。」
 「よく見てみろ、サンタクロース消えそうじないか?」
 つかさの目に、どう映たのだろう、つかさはなにも言わず、持ていたヒゲをサンタクロースに渡した。
 赤く染まていたツリーは、その瞬間にもとの緑色になり、装飾も戻た。
 暖炉を見てみると、赤い布は元通りに挟まれている。

 「なんだたんだ。」
 「わからないわ。」
 「白いヒゲ、なくなた、サンタクロースいたけど、いなくなた。」
 そうだ、サンタクロースいたけど、いなくなた。
 「なあ、サンタクロースいたな。」
 励ますつもりではなく、今まで見てきた事実を俺は口にする。
 「いたわね。」
 美津子もつられて、その事実を口にする。
 つかさはどうだろう。
 「いたね。」
 つかさも、いたと口にした。
 「三人ともサンタクロース見たな。」
 「うん!」
 「それだけでもよくないか?」
 「僕それだけでもいいかも!赤い布、復活してるし!すごいよね!これ。」
 どこかで鈴の音がした気がしたが、黙ておいた。
 サンタクロースが落としたのか、顔から抜けたのかわからないが、白いヒゲは、どんなおもちやゲームより、つかさを熱くさせた。
 今年のクリスマスは、それでじうぶん幸せだと思えた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない