てきすとぽいトップページへ
クリスマス前にやってきた小説大賞
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5 
クリスマス・イブの夜に
 投稿時刻 : 2015.12.24 00:04 最終更新 : 2015.12.24 00:07
 字数 : 5754
5
投票しない
目次
1. 1
2.
3.
4.
全ページ一括表示
更新履歴
- 2015.12.24 00:07:37
- 2015.12.24 00:04:56
1 / 4
クリスマス・イブの夜に
三和すい


1 酔いどれペンギン剣士は酒を求めて

 いつものように仕事を終えたペンギン剣士は、宿への帰り道を急いでいた。
 今日はクリスマス・イブ。恋人たちが愛を語らい、良い子には赤い服の聖人からプレゼントが贈られる夜だ。
 だが、ペンギン剣士を宿で待つ者はいない。
 かつては美しい妻がいて、本物の愛を旅の踊り子との間に育んだが、不貞の罪により国を追われたのだ。それからは各地を渡り歩く剣士として暮らしている。
 それでも、クリスマスというイベントには心が躍た。
 町はどこも飾りつけられてキレイだし、それなりの値段がするが、店には特別おいしい料理が並んでいる。
 そして、酒もだ。
 料理と同じく、うまい酒や普段は手に入らないような珍しい酒も、この時期には手に入ることがある。かつて魔女にだまされて呪いの酒を飲み、ペンギンの姿に変えられてしまたが、それでも酒を飲まずにはいられなかた。
 護衛の仕事の対価として支払われたお金を手に、ペンギン剣士は酔いどれとなるために酒屋へ向かう。と、そこに、
「ペンギンちん、いいところにいたのだー
 ペンギン剣士を呼び止める者がいた。顔なじみのドクロ仮面だ。いたいどこの誰で何をしているのかは知らないが、いろいろな仕事を紹介してくれるので、旅の剣士であるペンギン剣士にとてはありがたい存在だた。
「今夜はボクちんと一緒に寿司でも食べに行かないかー? 予定が急にキンセルになてー。もちろんボクちんがおごるぽへー
 タダ飯を、しかもお寿司を断る理由などどこにもない。
 ペンギン剣士はドクロ仮面の後ろを短い足でスキプしながらついていた。

 ドクロ仮面に連れて行かれた店は、驚くべきことに回らないお寿司屋さんだた。しかも、カウンターの向こうにいる職人が注文する度に寿司を握てくれるのである。
 初めてのシステムに、ペンギン剣士の心は震えた。
 そして、寿司を食べた途端、あまりのうまさに舌どころか体中が震えたのである。
 特に赤身の魚は口の中でとろけるほどのうまさで、ペンギン剣士はドクロ仮面が青ざめるのにも気づかず、何度も何度も注文した。
 やがて腹も心も満たされたペンギン剣士は、クリスマス・イブにこんなうまい飯にタダでありつけたことに感謝しつつも、物足りなさを感じていた。
 うまい飯にはうまい酒がつきものである。
 だが、寿司の横に置いてあるのは悲しいことにお茶だけだ。
 自腹で酒を頼もうかと考えていた時、
「そう言えば、ペンギンちんは知ているかー? すぐそこの山に、クリスマスにしか飲めないという幻の酒があるぽへー
 ドクロ仮面の言葉に、ペンギン剣士はカと目を見開いた。
「何! それは本当か!」
「本当だぽへー。山のてぺんに生えているカエデの木はー、クリスマスの夜だけはメイプルシロプではなくー、うまい酒が取れるという話だぽへー
「マジか!」
 ドクロ仮面に詳しい場所を教えてもらうと、白い雪が降る中、ペンギン剣士は店を飛び出していた。
続きを読む »
« 読み返す