てきすとぽいトップページへ
第31回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動4周年記念〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9 
遅刻
茶屋
 投稿時刻 : 2016.02.21 00:06
 字数 : 825
〔集計対象外〕
5
投票しない
遅刻
茶屋


 朝起きてベドから出ると、ベドの横に穴が空いており、そこに落ちてしまたんです。
 ええ、私も思いましたよ。そんな馬鹿なて。
 実際穴の中を落ちていく最中に叫びましたからね。
「そんな馬鹿な!」て。
 ま、一日の始まりがそんな一言で始まるというのは、どう考えても寝覚めが悪い訳で、しばらく不機嫌でしたが、一向に落ち続けるわけですよ。
 なかなかそこにつかない。
 ええ、もちろん思いましたよ。そんな馬鹿なて。
 でも今度は口には出しませんでした。
 落下するということは重力にどんどん引かれて加速しているわけで、もちろん記憶によれば地球上で寝ていたわけですし、実際呼吸も出来ておりましたので、多分空気はあり、地球内部に落ちている可能性が高い。
 というわけで、加速によて落下速度が激しくなてくると大気を圧縮することに依る発熱が生じるわけで、ええ、あれです。スペースシトルの大気圏突入と同じ原理ですね。
 そらもう熱いのなんのて。いえ、周りはマグマではありませんでした。少なくとも見た目は。
 熱いのなんのて、そらもうね。起きたばかりだていうのに汗だくです。
 でも、汗の熱で少しは涼しくなるわけですが、こり丁度いいかもしれんな、なんて思たりなんだかして落ち続けたわけです。
 どれくらい経たかわかりませんが、とんでもなく長い時間であたようにも、一瞬であたようにも思われますが、いやもう加速し続けるほどの重力源によて光も抜け出せないほどですから我々が知るような物理法則が成り立たなくなてしまているのでもはや時間など関係わけです。未来とか過去とか現在とかそういう概念が通じないわけですよ。なんでもありてわけじないですけど、もう、我々が一般に考える概念が通用しないわけですね。
 まあ、いろいろあて穴からは這い出してきたわけですが、私の物理法則は狂たままなわけでして。
 そういうわけで遅刻しました。
 しかしながら、私の狂た物理法則によれば別に遅刻でもないわけで。
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない