てきすとぽいトップページへ
第31回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動4周年記念〉
 1  7  8 «〔 作品9 〕
おもひで
 投稿時刻 : 2016.02.21 00:20 最終更新 : 2016.02.21 00:27
 字数 : 1857
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2016.02.21 00:27:09
- 2016.02.21 00:20:28
おもひで
住谷 ねこ


 みゆきさんは、洗濯物をせせと手にとては干していたが
急に動きをとめて、今手に取た洗濯物を凝視していた。

と手に持て、広げてみて
裏返してみて、伸ばしてみて
その洗濯物には、真ん中あたりに小さな穴が開いていた。

伸ばすと楕円に伸びる穴は手を離すと気が付かないくらいの小さなものだ。

のばしたり戻したりしているうちに穴は少しづつ大きくなる気がした。
白地に薄いピンクの縦じまの入たそれは、今年、小学校4年になる娘のパンツだ。

そのパンツの丁度、お尻のところ。
犬や猫だたら尻尾を出すあたりのところ。

小さな穴。

いつ開いたのかな。

気が付いたからには捨てるのだけど
とりあえず干して乾かしてから捨てたものか
このまま処分したものか……

みゆきさんは迷た挙句、それをいたん干した。

そしてまだ洗濯物を残したまま
部屋にもどり、押入れを開け
ランダムに詰め込まれた荷物をどんどん出し、押しのけ
ごそごそと奥の方から一冊のアルバムを取り出す。

みゆきさんの小学校の卒業アルバム。

結婚するときに、あなたの歴史なんだから持ていきなさいという母に
こんなものを持ていかなくてもいいのではないかと言たことを思い出す。
てきておいてよかたのかな。
もう見ないと思たけど。もしなかたら今の私は実家に戻たかもしれない
そう思いながらそして自分のクラスのページを開く。

はしからひとりづつ目で追ていく。

真ん中あたりにいた。
クラスで一番かわいかた山本朱里ちん。

そして、もう一人。
彼は当時、癇癪持ちですぐ泣きながら怒ては教室を飛び出していくような少年で
いじめにあていたというほどではなかたが結構からかわれていた男子で
松川ヒロムくんという。

どうでもいいことなのにその時の光景はいまも鮮明に思い出せる。

私の隣の席が松川くんで私の前に朱里ちんがいた。
朱里ちんが立ち上がり少し前かがみになたとき
パンツが丸出しになり、それはただの白い木綿のパンツだたんだけど
小さな穴があいていていた。

あ、穴が開いている。と思た瞬間
その穴を鉛筆がつついた。

松川くんだた。

いきなりお尻に鉛筆をさされた朱里ちんはびくりして振り向き
えんぴつを持て固また松川くんを見た。

何が起きたかわかていたのは私と鉛筆を突き立てた松川くんと被害者の朱里ちんだけだ。

異変に気が付いた先生がどうしたの?ときくと
朱里ちんは、松川くんを指さして「松川くんが私のおしりをえんぴつでつついたんです!」と
怒りをあらわに訴えた。

先生は、松川くんに「そうなの?本当なの?」ときく。
松川くんは、素直に「ごめんなさい」とあやまた。

罪を認めた松川くんに先生はさらにたたみかけるように聞いた。
「どうしてそんなことしたの?」

松川くんは答える。
「パンツに穴が開いてたから、さしてみたくなたんです」

クラス中が固また。

た空気をやぶたのは朱里ちんの悲鳴のような声だた。
「穴なんか開いてないもん

そしてワとその場で泣き伏した。

先生は困たように、松川くん、いい加減なことを言うんじありませよと叱た。
それで黙ればよかたのかもしれないが、松川くんは
「本当に開いていた」と執拗に主張し始めたのだ。

もちろん、もう一度見せろというわけにもいかず
松川くんがいたずらをしたということで収束したが
その後も松川くんは、朱里ちんのパンツに穴が開いていたのだと
しつこく言い続けていた。

それはときどき思い出したように松川くんは呟いていた。
もちろん誰も相手にしないし、誰も信じなかたけれど。

卒業式の帰り道。
松川くんは私を追いかけてきてそして言た。

「みゆき、おまえ、ほんとは知てるだろ? お前も見たよな? 朱里のパンツの穴」

もちろんだよ。
みたよ。

かりみた。
目も大きくて、髪も長くて綺麗な服をきたかわいいあかりちんの
くたびれて黄ばんだパンツとそこにあいた小さな穴。

でも 私はだまていた。

松川くんは、自分の見たものにだんだん自信がなくなてきたのだろうか?
おまえもみたよな? あいていたよな?

私がひとこと あいていたよといえば彼は救われたのだろうか?

みゆきさんはしばらく、松川くんを指でなぞり、朱里ちんをなぞり
と気が付いてアルバムをぱたりと閉じると
テープの巻き戻しのようにアルバムを奥にしまい出した荷物を
どんどん押入れにもどし、またベランダにでて続きの洗濯物を干した。

そしていたん、部屋にもどたが
もういちどベランダにでて娘のパンツをはずすと
スーパーの袋にぽいと入れてそのままゴミ箱につこんだ。

← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない