てきすとぽいトップページへ
初! 作者名非公開イベント2016秋
 1 «〔 作品2 〕» 3  25 
「ゆかいな仲間たち」
 投稿時刻 : 2016.07.23 15:15
 字数 : 1447
5
投票しない
「ゆかいな仲間たち」
二人目のさとり


「今日俺の誕生日なんだけど」
「オツカイにそういうの関係ないでし。祝われたかたら行てきて」

 ノリトモが渋々と金銭とメモ紙を受け取る。履き慣れたスニーカーに凡そお洒落とは言えないクタクタのテツ。ジーンズ。のそりのそりと商店街に向かう。

 家族には言える、今日は誕生日であると。だが、他に誰かを誘てパーをするわけではない。するつもりもない。する勇気もない。歩くだけだ。

 商店街の花屋に到着する。自分の好みの花を買え、と書かれている。苦笑いをしながら適当に包んでもらう。ノリトモは、あいにく花を貰て喜ぶほど大人ではない。

「プレゼントかい、いいねえ、オバチンもその昔ハナだたんだよ
「若いころのおばちんの写真見せてもらたけどフトシてあたの?」
「なんだいそり? 写真屋さんかい?」
「ごめん、またなー

 ノリトモが自然な笑顔で花屋の店主と別れる。次は食材だ。肉でも魚でも好きなものを買えと書かれている。

 結局、魚屋に来た。ムニエルが食べたい、母親をできるだけ困らせたいと思い、思いついたのがムニエルだた。他にも作ることが難しそうな魚料理はあるだろうが、ノリトモにはムニエルくらいしか思い浮かばなかた。

「むにえる? なんだいしあ、昔の画家さんかい?」
「分かんない。そういう料理だと思う」
「またケタイな料理だなあ、とりあえずこれ持てきな!」

 ノリトモはシシモをたくさん買た。ムニエルの完成図は浮かぶが、シシモで作るとなることはできるだろうか。料理方法が全く分からないので、思わず意地悪な笑みがこぼれる。

 ケーキとお菓子を買う。ケーキはお金が余てしまたので豪勢なシトケーキを買た。彼女と食べるのか、と冷やかされるもノリトモにはそういた相手はいない。夕暮れが近づいていたので、お菓子はチータラを5袋ほど買た。早く帰宅しないと花がしおれてしまう。シシモがムニエルではなく生ごみになてしまう。

 自宅に帰ると、母親が誰かと電話をしていた。楽しそうだ。大笑いしている。ノリトモは電話の邪魔をしないように母親に右手を挙げると、そのまま台所に食材をしまた。

 ノリトモがチータラを一人で食べている。誕生日だ、つまみぐいくらい許されてもいいだろう、ノリトモはチーズ鱈に対してちとしたこだわりがある。それは、開封後に除湿するための薬剤が同梱されているのだが、空気に触れるとそれが温まる。その熱によて温またチーズ鱈が好きなのだ。

 しばらくチータラを頬張ていると、玄関が騒がしくなてきた。ノリトモがどうしたことだろう、と思ているとノリトモの部屋に母親が入てきた。

「アンタはアタシの息子ながら腐てるんだから……カーンがパーの準備しといたから」
「は?」
「ヨレにヨレまくた服、着替えたら下りてきなさい」

 どきどきしながら服を着替え、居間に入る。

「ノリちんはぴーばーすでー! ちけらー♪」
「は、お前ら……、え?」

 ノリトモがたまに家に呼ぶ友人、ノリトモをたまに家に呼ぶ友人たちが、集まている。おまけのように微笑んでいる花屋、魚屋、お菓子屋の主人も。

「ノリちん、シシモのムニエル食おうぜ」
「あの花はねえ、アタシからのプレゼントだよ
「ノリちんはシトケキ萌えなんだね!」
「う、うるせーやい

 ノリトモは、祝福に慣れていない。こういうとき、どう笑えばいいか分からず。心を許していない人には見せられない、素敵な笑顔をしていた。


(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない