てきすとぽいトップページへ
初! 作者名非公開イベント2016秋
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  25 
笑うアルバイト
ゆきな
 投稿時刻 : 2016.07.23 19:49
 字数 : 1219
5
投票しない
笑うアルバイト
ゆきな


 給料明細を見て、男は愕然とした。
 これでは、家賃を払たらもうおしまいじないか。
 ワンルームでの一人暮らしをし始めたのが半年前。貯金を切り崩すもアルバイトではやりくりが難しく、どんなに切り詰めても月末は苦しかた。
 ある日のこと、アパートの集合ポストにチラシが入ていた。
「未経験者歓迎!」
 ああ、これだ。アルバイトを掛け持ちしよう。
 男はそう決意し、チラシにある番号に電話した。
(笑うことが仕事のアルバイトてどんなだろう)
 コール音が鳴り続いている間、男は考えていた。
「はい」
 電話の向こうから声が聞こえた。
 男は慌てて
「あの、少しお伺いしたいことが」
 と問うた。
「なんでしう」
 電話の声は無愛想に応える。
「笑うアルバイトてチラシを見たのですが……
 具体的にどのような仕事なんですか。
「小一時間、笑ていただくだけのアルバイトです」
 やはりぶきらぼうに電話の声は言う。
 この人がもう少し笑たほうがいいのではないだろうか。
 男はそんなことを思いながら、聞いていた。
 詳細を尋ね、面接の日取りが決まると、男は通話を終えた。
 
 面接当日。
 指定されたオフスビルの前に男はいた。
 コンクリート打ちぱなしの建物は、どこか寒々しかた。
 士気を鼓舞するように男は腹に力を入れて、建物の中に入た。
 本で読んだ面接官とのやり取りを頭のなかで反芻しながら、面接室の扉を開ける。
 するとそこには、能面のような顔をした女性がひとり、いるだけだた。
「かけてください」
「え、あ、はい」
 パイプ椅子が目の前にあた。最初からここにあたのだろうか、と男は訝しんだ。
 まるで突然そこに現れたように見えたからだ。
 能面顔の女性は言た。
「笑てください」
 は、と男は訊き返した。
 しかし女性は無言で男を見つめるだけだた。
「は……あははは……
 男は引きつりながらも、笑い声のようなものを口から出した。
 能面顔の女性は、ふう、と溜息をつくと、
「もう一度」
 と言た。
 これはなんなのだ。男は思た。どんな状況でも笑えるようにする訓練なのか。
 しかし背に腹は代えられない。家賃を滞納して追い出されでもしたら大変だ。なんとしてでもこのアルバイトは受からなければ。
「はは、ははははははは」
 極力、大きな声で笑た。
 男はそと、能面顔の女性を見る。
 どのような表情も浮かんでいない。
「まあいいでしう。明日から来てください」
 は、と男は訊き返した。女性はまたも、なにも応えてはくれなかた。
 翌日、男がそのアルバイト先へ行くと、指定されたような建物は無かた。
 電話が鳴た。
「あなたの笑い声を、いただきました」
 どういうこと、と訊こうとして、男はハとした。
 声が出ないのだ。
 以来、男は声を失てしまたという。
#改ペー
 私は、声泥棒の手口について書き記された文書を読んで、そんなことがあるわけないと嘲笑た。
 その文書の最後にはこう書いてあた。

 ──だから私は「書く」しかないのです。だからどうか、御社で私を雇てください。

(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない