てきすとぽいトップページへ
【BNSK】2016年8月品評会  
〔 作品1 〕» 2  4 
救世主
茶屋
 投稿時刻 : 2016.08.14 18:12
 字数 : 2145
5
投票しない
救世主
茶屋


 無駄に明るい店内にはそこのドラグストアチンのテーマソングだけが寂しく流れている。
 どこかヒーローソング調の、ダサいメロデとダサい歌詞。それでいて何度か通ううちにその曲が頭に染みついてしまていて、ふと気が付くと脳内でエンドレスリピートされる。
 なんだかマインドコントロールでもされているかのようだ。
 だて世界は大なり小なりの陰謀に満ちているのだから。
 でもほとんどの人が本当に危機的な陰謀から目を背けようとする。ある人は世界に陰謀なんて存在しないと信じ、別のある人は他の陰謀を空想してそれを一生懸命に信じようとする。
 だけど、私だけは世界の危機をちんと見ている。目を背けず、しかりと。
 私は、戦い続ける。
 そのためには、武器が必要だ。
 それがこれ。
 制汗スプレーと日焼け止めスプレーの大量に入た買い物カゴをレジにゴンと置く。
 やる気のなかた店員がいささか面食らたようにカゴの中を見ているが、それでも何も問うこともなく、淡々とバーコードを読み取ていく。
 支払いを終えた私の背中を不思議そうに見ているのがわかるが、彼はきとすぐに忘れるだろう。陰謀の存在にたどり着くヒントはそこかしこに転がているのに、すぐに気のせいだと目を背ける。それが人間というものなのかもしれない。

 スプレーをホルスターに収め、夜の街に行く。
 「うちうじん」は人に化けるのがうまい。大体はもともと存在していた人物と入れ替わり、社会に溶け込んでいく。奴らの目的は人間から地球を奪うことだ。ただ、奴らはそれほど強くないので武力では侵攻しない。ゆくり人間社会に潜み、徐々に徐々に乗ていくのだ。実際にどれだけの数の「うちうじん」がいるのかは見当もつかないけれど、奴らの数は着実に増えているように思える。
 遠目に見ただけではわからないが、近くでその目を見れば大体はわかる。「うちうじん」の目にはぞとするような暗い光が宿ているのだ。
 この判別方法を言ても大抵は理解されない。もしかしたら私にしか認識できない何かがあるのかもしれない。
 そうして見つけた「うちうじん」を私は追跡し、人気のないところに差し掛かたころに攻撃を仕掛ける。
 人気のないところで退治する必要があるのは警察を呼ばれると厄介だからだ。奴らは人と見分けがつかないし、警察の中にもきと「うちうじん」が潜んでいて情報操作をしているに違いないから。
 まずは顔面に制汗スプレーを吹きかけ、奴らの皮膚上にある毒腺を塞ぐ。制汗スプレーは塩化アルミニウムやゲル剤のような成分が人の汗の水分と反応することによて固体状になて汗腺をふさぐことができる。その作用を利用して奴らが皮膚上から出す有害な毒による攻撃を事前に防ぐというわけだ。さらに、日焼け止めスプレーを吹きかける。これは日焼け止めスプレーに含まれる酸化チタンを光触媒として作用させるためだ。光触媒を働かせるためにブラクライトを当てると、奴らの生命活動を支えているナノマシンが発生したヒドロキシラジカルの作用によて機能不全に陥る。
 そこで大抵の奴らはもがき苦しみ、地面をのたうち回る。
 これで退治は終わりだが、念には念を入れハンマーで頭をつぶす。
 それが私の「うちうじん」退治だ。
 「うちうじん」の死体は大抵の場合溶けて消えてしまう。
 実際に溶けている場面は見たことがないのだけれど、次の日に現場に行てもその死体が残ていたことはないから。

 唯一、「うちうじん」の存在を信じてくれる男がいる。とはいても彼は「うちうじん」を判別することができないから「うちうじん」退治に決して参加することはない。彼は奴らの実在を見たことがないから、最初は私の話も信じられなかたようだけれど、私が奴らの退治を始めるようになてからようやく信じてくれるようになた。それでも危険だから止めるようにとは時々行てくる。
 けど、私はこの戦いをやめるわけにはいかない。
 戦うしか、道はないんだ。
 たとえそれが勝てる見込みのないものであても、私は諦めたくない。
 そんな決意を私が言うと、彼は大抵悲しそうな顔をする。
 ある日の事だた。
 いつものごとく私は退治を終えて自宅に帰ろうとした。コンビニに立ち寄た時、ふとお守りを忘れたことに気が付いた。
 彼がくれたものだ。
 気休めといえば気休めだけれど、自分が一人で戦ているわけじないことを感じさせてくれるものだた。
 たぶん、退治した時に落としたのだろう。私はすぐに現場に引き返した。
 そこで私は目を疑た。
 彼がいた。
 彼は私が退治したそれを車に乗せようとしているところだた。
「違う、これは……
 私に気付いた彼が何かを言いかけたが、私はとさに制汗スプレーを噴射していた。
 彼の目に暗い光が見えたからだ。
 いつの間に、入れ替わたんだ。
 全然気が付かなかた。
 ほんとうに、ほんとうに人間そくりなんだ。
 ほんとうに、ほんとうに彼そくりなんだ。
 ほら、血が出てる。
 ほら、叫び声も。
 ほんとうに、ほんとうに……

 また一人になてしまた。
 ひとりぼちになてしまた。
 彼の死体を見下ろしながら思う。
 仇は、とてやるよ。
 たとえ他に誰も信じる人がいなくても、私は絶対にあきらめないよ。
 私は、ひとりぼちでも戦い続けるよ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない