てきすとぽいトップページへ
第34回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  13  14 «〔 作品15 〕» 16  18 
I did not say what I did not say.
茶屋
 投稿時刻 : 2016.08.21 13:18
 字数 : 1000
5
投票しない
I did not say what I did not say.
茶屋


 これは言葉ではない。文章でもなければ、無論物語でも小説でもない。意味などあるはずもなく、認識されることもない。リアルではないが、フクシンと呼ぶべきものでもない。これは存在しない。

 語ているのは私ではないが、だからと言てあなたであるとは言えない。彼の名はあなたではなく、彼女の名は私ではない。そもそも誰も語てなどいない。
 過去でもなく、未来でも現在でもない。
 それは鼠色をした薄気味悪い雲がどんよりと空を覆いつくした日ではなかたが、痛いほどに燦々と太陽が輝く日でもなかた。
 風はなかたし、風が吹いていないわけでもなかた。
 少女でも老女でもない君は、その日僕に出会わなかたし、彼と彼女と私とあなたは何ら事件に出会うことはなかた。
 例えば死体は死んでいなかたし、死者は蘇りもしない。密室死者蘇生事件ともいうべき陰惨な連続復活事件は死者たちの間で話題になることもなければ、犯人がその謎を解き、探偵を追い詰めることもできなかた。
 例えば正世界に純生しなかた愚者が目くるめく冒険の旅で仲間達を次々に消し去り、平和だた世界に魔王を呼び出すようなことは決して起こりえなかた。
 例えば反物質で構成された反時空で反主人公が現実からやてくる侵略者に対抗するために、自らの認識系を改良し時間を逆行する非演算的な戦闘の中で対消滅を起こすこともなかた。
 例えば羽柴秀吉との合戦に勝利した明智光秀に対して織田信長が謀反を起こし、天下統一に王手をかけた信長の大軍勢を今川義元が寡兵にて本陣に奇襲をかけて打ち取るという歴史もなかた。
 例えば性別が無数にある世界では男と女が出会い、恋をし、愛を語る可能性はほぼなかた。
 僕たちと君たちは結局出会わず、何も始まらなかた。だから彼らと彼女たちが悲しい別れを経験することもない。恋も憎悪もなく、だからと言て決して平穏で平坦というわけでもない。
 ただ君に恋せず、彼とともに旅立たず、私を殺すこともないだけ。
 
 我々が語らない、語られなかた、語りえることのない物語には主義主張も信念も、問題も娯楽すら存在しなかた。
 遺されることも、伝えられることもなく、生まれ得なかたのだから消えることもない。
 これは言葉ではない。文章でもなければ、無論物語でも小説でもない。意味などあるはずもなく、認識されることもない。リアルではないが、フクシンと呼ぶべきものでもない。これは存在しない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない