てきすとぽいトップページへ
第35回 てきすとぽい杯
 1  7  8 «〔 作品9 〕
壁ドン♡Kiss
有理数
 投稿時刻 : 2016.10.16 00:43
 字数 : 1011
〔集計対象外〕
5
投票しない
壁ドン♡Kiss
有理数


普通、恋人て言うものは、甘酸ぱい、胸がキとするような、そんな熟れた檸檬を音を立てずに齧る味わいだと思うじないですか。

僕は、今彼女と向かい合ている。

それ自体は普通のことだろうけど、僕の顔の横には、彼女のほそりとした白い腕が伸びていて、肉付きの程よい太ももは、僕の股間より下、両脚を無理やり開かされている状態だ。

いわゆる間違た方の"壁ドン"である。

普通、キスをするにしても、もとロマンテクさが求められるものじないですか。例えば、夜景の美しさを肩を寄せ合て眺めながら、自然と近づく唇。はたまた、明かりの落ちた薄暗い部屋の中。互いに見つめ合て、なんとも甘美で鈍重な動きで身体を引き寄せ合て、それでもなかなか近づけることのできない唇。そのじれたさやくすぐたさを、僕ら童貞組は憧れるわけですよ。

それが。

とある雑居ビルの男子トイレ前。なかなかつれない僕にしびれを切らした彼女は、まるで効果音が聞こえてきそうな勢いで、僕を壁に押し付けて、なんの迷いもなく唇が近づいてくるわけである。その赤く熟れた柔らかな唇肉からはほのかにアルコールの味がした。

それ以来、彼女は味を占めたように、ことあるごとに"壁ドン"で迫て来るのである。

ともに暮らす狭いワンルームの部屋で。

エレベーター内で不意に二人きりになたとき。

飲み会の帰り、誰もいない夜道で。

朝早く、二人きりのオフスで。

僕はそれらを受け入れ、だんだん恋人とはこんなものかと思い始めて、恋人たちのキスとはおよそ、焦れる女の子、逃げる男の子。押さえつける女の子。観念する男の子。

そしてゴールイン。

それがキスの作法なんだ。

僕らの壁ドンキスは飽きることなく繰り返された。

そうして、ある男だらけのドキ♡飲み会の日、そういう話になて口に出した時だた。

「いや、それはおかしいから」

僕は、世界が音を立ててガラガラと崩れ去る景色を目にした気がした。

普通、キスなんて、いつでもするだろ。どちが先とか、どういうシチエーンとか、そんなの関係なく。とりあえず人目は避けるけど。でも、たまには人目を憚らずにやるキスもいいねえ。

君たちのキスには作法というものがないのか。前兆というものがあるだろう。嵐の訪れる静けさと激しさが。何か、アクシンがあるはずだ。女の子からの、そういうアプローチとかいうものが。

「へ、変わてるね、お前ら」

というか、何、その。

「謎ルール」

(完)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない