てきすとぽいトップページへ
第35回 てきすとぽい杯
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9 
It's Cool
 投稿時刻 : 2016.10.15 23:47 最終更新 : 2016.10.15 23:51
 字数 : 1261
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2016.10.15 23:51:36
- 2016.10.15 23:47:32
It's Cool
住谷 ねこ


午後10時30分
音もなく携帯が鳴る。

振動もしないので普段は携帯にかかてきても
滅多なことでは出ない。

けれどここ最近
毎日、この時間になると
私は携帯を見える所に置いて
あるいは手に持
とかかてくるのを待つ。

今日もきかり午後10時30分だ。
そして3回なたところで出る。

「もしもし、加藤さん?」
「はい」

「こんばんは」
「はい」

「加藤さんの冷蔵庫、何色?」
「白」



終わりだ。
これだけだ。

このおかしな電話のやり取りの始まりは1年前。
その頃、私はある通販会社のコールセンター
アルバイトをしていた。

なんでもネトで買えるし
大抵のことはネトですますことができるが
相変わらずアナログに生きている人もたくさんいて
パソコンもスマホも持てない人は思うより多い。

ていても使えない、使えるけど
本当に注文出来ているか不安など
結局、電話をかけてくる人がいるのだ。

そういう人達のために、電話で注文を受け
トで注文したものがちんとできているかの問い合わせに
答えるのが仕事だた。

電話はひきりなしになり
テレビで宣伝があた直後は
パンク状態になることもある。

その膨大な入電の中には
本来の要件でないものも含まれる。

いわゆるイタズラ電話だ。

その中に、頻繁にかかてくる電話があり
そういう場合は、非通知が多いものなのに
かり番号を出してかけてくるものがあた。

「お電話ありがとうございます。○○会社 □□です」
と、社名と名前を言て出ると

「□□さん?」と、個人名で呼びかけてくる。
そして、その時の人気商品について尋ねて来る。

「□□さんも、マツサージ機持てるの?」
カラーのあるものであれば色も聞いてくる。

もちろんそういう業務に関係のない質問に応える必要はないので
お断りし、注文でないのであれば丁重に回線を切る。

あまりに何回もかけてくるのでたくさんいるオペレーターでも
受けたことがない人がいなくなるほどであた。

私ももちろん受けたのだが
どういうめぐり合わせか
何度もとてしまう事があて、そのうち
同じ名前の人間がいても区別が付くほどになてしまた。

流れは同じだが、彼は私だとわかると
必ず「冷蔵庫は何色」かと聞いた。

他の人には、相変わらずそのときどきの商品について聞いているようだたので
明らかに区別していた。

いつも通りの対応で電話を切ていたが
ある時、ふと気の迷いか私は答えた。

「白です」

電話の向こうで息の詰まる感じが伝わてきた。

そして私はこそり自分の携帯番号を知らせた。

いらい、彼からのイタズラ電話はなくなた。
かわりに私の携帯が鳴るようになたのだ。

それはコールセンターの仕事をやめても続き
今も続いているのだ。

他のことはいさい聞いたこともないので
何もわからないが、時間は午後10時30分
3回のみコールして出ないとその日はもうかかてこない。
質問は「冷蔵庫の色」
答えは簡潔に「白」

それだけだ。
それだけだが、ずと守られている。
守られている限り多分ずと続く。

そして今、それはすかり私の一部になてしまたのだた。

← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない