てきすとぽいトップページへ
第35回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  9 
基本のルール
 投稿時刻 : 2016.10.15 23:43
 字数 : 2020
5
投票しない
基本のルール
朝比奈 和咲


「どうしてそんなことをしなければならないのでしうか?」
 いや、そう言われても困るんだが。
 とりあえず俺は適当に返答した。
「基本なんだよ、基本。俺もこれを覚えてから次のステプに行けたわけで」
「はあ。基本ができるから勝てると」
「そう。何か困たり苦しかたりしたとき、基本をきちんと行ていたかどうかで勝てるかどうかが決またりするわけで」
 俺がそう言うと、新人は少し困たような顔をして言た。
「その、よくわからないんですけど、勝てばいいのでしう?」
「まあ、最終的には」
「だたら、勝つために必要なことをすればよいかと。わざわざ基本を学ぶとか、その、基本とかいう回りくどいことをしなくても良いと思うのですけど」
「それだと後で苦しくなたときに、困ることになると思うぞ」
 短い沈黙の後、新人が言た。
「先輩は苦しくなたときに、基本のおかげで勝てたことあるのでしうか?」
 ない。あるかもしれないが、正直言て思いつかなかた。
「あるよ。何度も。だから、まずは基本を学んでくれ」
 嘘でもこう言いたかた。
「嫌です。やりたくないので」
 勝手にしろ、と言いたくなた。
 俺はその後、何も言わずにその場を去ることとした。

 俺は先輩に先ほどの新人の態度について言い、そして教育係を下ろしてくれと言た。
「でもなあ、もうあなたしかいないんですよ」
 先輩は困り果てた顔をして言た。
「その、基本とかいうルールを守ればいいだけなのですけど、どうしてできないのでしうね、彼は」
「知りませんよ。今年の新人は勝つことだけしか考えていないんじないんですか」
 そのルールを俺に去年教えてくれた先輩は言た。
「まあ、勝てればいいんですけどね」
「そうですけど……。とりあえず、もう私を教育係から外してください」
「待てくださいよ。新人を見るに、筋はいいんですよ。彼を教えられるのはあなたしかもういないじないですか」
 それは俺も分かていることだた。
 新人は強かた。勝てるのはチーム内でも数名しかいない。
 だから、ルールを守てくれればと思ているのだ。
 でも、新人は守ろうとしない。どうしてかは分からない。
「世渡りの下手くそな新人ですよね、またく」
 先輩の前で新人のイヤミをつい言てしまたことにすぐ後悔したが、先輩は苦笑して言た。
「まあ、近いうちに困ることになるかもしれませんし、そのときになて分かてくれるでしう」
 俺もそうなると思ていた。
 しかし、そうはならなかた。

 新人は負けなかた。
 新人は苦しくなるときはなかた。その前に勝てしまうからだ。
 新人はルールを守らないせいで冷やかな目でみられることもしばしばあたが、冷やかな目を向けるのはルールを知ている者たちだけだた。
 ルールを知らない大勢の観客にとては、新人の勝ちぷりに歓声を上げて祝福していた。その姿を見れば見るほど、俺は基本を守らない嫌な奴という感情が強まていた。

 チーム内で新人がいなくなると大きな痛手になる、そのことを誰もが知ていた。
 新人だけ、ルールを守らなくても良いことになた。暗黙の了解として広また。
 俺は正直言て新人が気に入らなかたし、羨ましくも思い始めていた。
 俺は新人がやらない、長年俺が大事にしてきた基本のルールを徹底して行うことにした。
 いつかこの基本のルールで新人を負かしてやるために。

 時が過ぎ、突然新人が辞めると言い出した。
 一度も負けたことのない新人が辞めると言い出し、先輩は留まるようにと懇願したが、新人は耳を貸さなかた。
 俺は辞めてどうするんだ、今までの時間が勿体ないじないかと言うと、新人は言た。
「いや、でも面白くないので。辞めて今度は違うことを始めることにしたんです」
「どうしてそんなことができるんだ。今までの努力が無駄になるんだぞ」
 お世話になりました、とだけ言て新人は去ていてしまた。
 最後まで俺は新人に勝てないままとなた。

 それからというもの、新人が辞めた理由についていくつもの憶測が流れたが、新人がそのことについて全く口を割らないせいで真実は分からぬままとなた。
 それから俺は長い間、基本のルールを徹底することで勝ち続けていたのだが、次第に相手そのものが少なくなてきてしまい、気づけば存続の危機とまでささやかれるようになていた。
 無くなてしまうのは悲しいことだが、俺が続けている間はまだあると言われ、正直ほとしている。
 せめて、俺がこれを辞めるまで勝敗になんも関係ないこの謎ルールを廃止しないでくれと思た。
 そうでなければ、今まで信じて守てきた俺がアホみたいじないか、と今では思ているからだ。
 俺はとくに基本を守ているように見せかけているだけとなていた。
 基本を守るほど勝てないということをすでに知ていた。
 だから、俺はみんなに基本を守ていてほしいと思うのだ。
 そうでなければ、こんな謎ルールを基本として学んできた俺が、アホみたいじないか。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない