てきすとぽいトップページへ
【BNSK】2016年11月品評会 
 1 «〔 作品2 〕» 3  6 
大都会デビュー
 投稿時刻 : 2016.11.17 20:58 最終更新 : 2016.11.19 21:50
 字数 : 1731
5
投票しない
更新履歴
- 2016.11.19 21:50:19
- 2016.11.17 20:58:23
大都会デビュー
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 揺れる、揺れる――
 背中を預けたしとは、時に小刻みに、時に激しく動き、彼の全身に圧迫感を与えた。
 窓から差し込む陽の光が頬に当たり、皮膚を焦がす。外に広がるのは一面のびるでんぐの原ぱだ。きらきらと、人工的な鋭い光を乱反射している。
 彼は、夏からずと大事に取ていた、故郷から持てきた、手のひらの中の宝物を、大事に握りしめた。黒く、表面のつるりとした、平べたいそれは、握りしめすぎて、もはや彼の一部になろうとしている。

 がたん、ごとん、
 がたん、
 ぼちん!

 彼はまどろみから目覚めた。

 彼は、船底に寝そべり空を見上げていた。
 空は、気持ちよく晴れ渡ていた。漆塗りの壁の、丸い縁に切り取られた景色は、薄い青色と真白な雲が入り混じている。
 蛇行する大きな川を進む船は時折大きく揺れた。船底にぴたりと預けた背中が押し上げられると、高揚する自分の胸の心地と同期しているようで、彼の心はより一層踊た。
 彼は東京へ向かていた。彼が生まれ育た小さな村の外れを通ている大きな川は、東京に繋がている。船に乗て、彼は川を下り、東京へ向かているのだた。
 村を出て小一時間は経ていたが、空は変わらずただただ静かな青色を呈している。空はどこへ行ても一緒だ。繋がているのだ。何も怖くなどない。
 彼は村を出るときに、ひどく彼を心配して嘆き悲しんでいた育ての母親のことを思い出した。
「坊、坊や、坊よ、行くのけ、本当に、行くのけ、東京に行くのけ」
 川原で、家にあるものを使て自作した一人乗りの船に乗り込もうとしている彼に、母はすがた。彼は鬱陶しげにそれを振り払た。
「あたぼうよ、東京に行くのは、おれの小さい頃からの、夢だたかんな」
 小さい頃から読みふけた大量の東京に関する本から学んだ東京弁を用いて、彼は母にそう宣言した。
「恐ろしいだあ、東京は、恐ろしいところだ、坊、今からでも、思い直すだあ」
「何が恐ろしいてんで
「東京では、もう、銭は使わねえて言うだあ。電車に乗るのも、もう銭は使わねえだあ」
「知てらあ、スイカのことだろ」
「そうだあ、スイカだあ。電車に乗るのにスイカを一々食べなきいけないなんて、東京は恐ろしいところだあ。電車に乗る度にお腹がたぷんたぷんになちまうだあ。坊には無理だあ、頼むけ、諦めて村にずといるだあ」
「てやんでい、スイカを使うてのは、スイカを食べることじねえんで
「そうなのけえ」
「こうするんでい」
 彼は、自作の船の乗り口に設置した、自作の機械に、ポケトから取り出した巾着を当てた。「ぺ」という音が鳴り、ですぷれいに「残額」という文字が表示された。
「坊、坊、これは一体、何なのけ」
「あいしいかあどりーだーてやつでい。文献を読み漁て、俺が自作したんでい」
 そう言うと、小さい巾着に入ていた中身を取り出した。黒い粒が太陽の光を受けて輝いた。
「これは、スイカの種けえ」
「おうよ、これをあいしかーどりーだーに当てると、東京の電車に乗れるんでえ」
「そんな、そんな、不思議なことが、あるわけねえだあ、坊、今からでも考え直すだあ」
「うるせいやい!」
 彼は、尚も袖にすがろうとする母に背を向け、船に乗り、あいしどりーだーにスイカの種を当てて、漕ぎだした。山間を走る川の急な流れに乗て、船はあという間に村から遠ざかた。
「坊、坊や……!」
 彼は耳を塞いだが、大きな母の泣き声は長い間彼の耳について離れなかた。

 船の中も外も、実に静かだた。川の音と、時折木々のそよぐ音と、軽やかな小鳥の泣き声が聞こえるだけだた。
 だがそれからさらに小一時間経つと、徐々に、船外から聞き慣れぬ音が聞こえてきた。
 大勢の人々の騒ぐ声。足音。乗り物が地面を擦れる音――
 都会だ、都会が近づいている。
 初めて聞く「喧騒」というものに、彼の胸は途端に高鳴り、船底から跳ね起きた。
 赤い漆のぬられた船の壁は綺麗に輝いている。それを、よじ登た。いつの間にやら、川べりには大勢の人間がひしめき合う町が見えていた。
「てやんでい、一寸法師さまのお通りでい!」
 彼は船上で高らかにそう名乗りを上げると、スイカの種を巾着に入れたままあいしかあどりーだーに当てて、川岸に飛び降りた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない