てきすとぽいトップページへ
「覆面作家」小説バトルロイヤル!
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14  17 
純愛テーマパーク
 投稿時刻 : 2017.07.07 23:39 最終更新 : 2017.07.08 02:32
 字数 : 6605
5
投票しない
更新履歴
- 2017.07.08 02:32:39
- 2017.07.07 23:39:10
純愛テーマパーク
白取よしひと


お題:純愛/テーマパー

  また、同じ夢を見た。真夜中。静まり返たテーマパーク。
  華やかなネオンは吹き消され、アトラクシンも沈黙している。
  お決まりで、白い子犬が現れた。子犬は、アトラクシンの間を駆けまわる。
  けれども、決してこちらに近づかない。
  追いかけた。だけど子犬は闇に紛れて、その姿を消してしまう。

 雨上がりのアスフルトが、華やかなネオンを鈍く返した。着飾た女のチラシが、べたりと路面に貼り付き、さまよう男たちの靴に踏まれている。
 熱帯夜。風俗店がひしめくこの裏通りは、昼の熱気を持て余すのか、アンモニアにも似た悪臭を漂わせる。けれども、この夜の臭いには、とくに慣れてしまた。
「駄目だね。今夜は」
 有紀は、そう吐き出すと、短いスカートから露わに出した白い足を折り曲げて、手にしたチラシを足下の箱に押し入れた。
 客引きの専業たちは表通りに出張ている。わたしたち従業員は、当番にあたると店前で客を引き込む。店内の接待ほど点数にならないが、引き込んだ数だけ歩合に入れてもらえた。
 年の近い有紀とは、ZENONに入てすぐに、なかよしになれた。初めてキバクラに勤めて緊張していたけれど、彼女の存在に随分と助けられた。
 借金が理由で入店し、いつも店の服を借りているわたしに比べて、有紀はいつも自前の服で現れた。身に着けているものは、高価そうなものばかりだ。不思議に思て聞いてみた事がある。
「あ、わたし援もやてるから」
 あけらかんと、彼女はそう答えた。
「美樹も、やればいいよ。生活厳しいんでし?」
 思わず顔をしかめると、彼女は笑た。
「割り切りよ。週に二、三人と遊べば余裕よ」
 客にもよるが、一回、二、三万は出すらしい。正直、生活は苦しいし、ワンパターンの服で店に出るのは形見が狭いけれど、同調する気にはなれなかた。
 わたしは、絵に描いた様なサラリーマンの家庭に育た。子供は、わたしの他に妹がひとりいる。父は、30代でローンを組んで家を建てた。母が病気がちの為に医療費も嵩んでいて、とても娘を大学に出すのは無理だた。
どうしても進学したくて、奨学金を自分で返す事を条件に父を説き伏せた。そうして、奄美(あまみ)を飛び出して上京した。
 学生時代はバイトずくめだた。それでも、若干の仕送りと合わせて何とかやて行けた。奨学金返済地獄になたのは、卒業してから相性が悪かた勤め先を辞めてからだ。大学時代の友だちとルームシアをしているから、何とかやているが、食うや食わずの毎日だ。
「ねえ。ちとあの人!」
 有紀が肘で小突いて来た。夜の雑踏に紛れ、こちらを見ているサラリーマンがいる。
「あいつ。美樹がキチした奴じない?」
 正直よく憶えていない。スーツ姿の男なんて、何人も引き込んでいたからだ。それにしても、いけていない男だ。たるんだスーツは野暮たいし、手に提げたバクもOAシプの吊り下げで売ている様なダサいものだ。
「きと、ぼたくられた腹いせよ。あんたに文句を言いに来たのよ」
 男は確かにわたしを見ている。そして、こちらに近づいて来た。
「来るわよ! サカタちん呼んで来ようか?」
 サカタは、店のホール係だ。店内でゴネた客を黙らすのは、彼の役目だた。
「おい。そろそろ時間だぞ」
 呼ばれた様に出てきたサカタは、わたしたちに呼び込みの交代を告げた。有紀が目線で合図を送ると、察しがついたのか、わたしたちとサラリーマンとの間に立ちはだかた。
「おい。兄さん。何か用かい?」
 男は足を止めた。
「銭まいてくれるんなら、ウチは大歓迎だぜ」
 バクを持た男の手が震えている。噛みしめた唇が悔しさを現していた。しかし、観念したのか、踵を返し立ち去て行く。サカタと有紀の嘲笑が通りに響いた。二人と一緒に店内に入ろうとすると、背後から聞こえてきた。あの男の声だ。
「俺だて、金があたら中で会いたいよ」
 捨て台詞と言うよりは、呟きに近いものだ。金が無い男の、ありきたりな言葉だた。だけれど、そのイントネーンが胸に刺さた。
 それは、自分と同じ奄美か九州の訛りだた。振り返えると、男の姿は雑踏に消えていた。
 それから、何度かその男は現れた。店でもそれは話題になて、『美樹はストーカーに付きまとわれている』と、マネーの耳に入るまでになた。思案したマネーは、わたしを呼び込みの当番から外そうとも考えたらしいが、他の女たちから不満が出たらしい。ともあれ、「気をつけろ」の一言だけで、仕事の流れは何も変わらなかた。
 
ルームシアしている和美は、卒業してから転職もせず地道に仕事を続けている。身なりも『素人』然として、きちりとしているし、昼夜逆転のわたしとは違い、毎朝出掛けていく。その和美から、耳を疑う言葉を聞く事になた。
 わたしが、袋ラーメンに卵を落として煮込んでいると、和美は見かねたのかメイクの手を止めて、冷蔵庫から野菜を分けてくれた。
「美樹。毎日それだと体を壊すよ」
 ドレサーに戻た和美はそう言た。
「仕方ないのよ。ふたつの奨学金を返すのに何年も掛かるんだから」
「あのさ……
 変なところで言葉を止めたので、鍋から彼女に目を向けると、ドレサーの鏡越しに目が合た。
「美樹。援助交際…… 知てる?」
「それは…… もちろん聞いた事あるけど……
「始めたらどう? わたし、実はやてるんだ」
 和美は、照れ笑いを浮かべてそう言た。まさか、彼女の口からそんな事を聞くなんて思てもいなかた。和美の話では、学生の頃から続いている男も居るそうだ。
「長くて、ほんの数時間よ。相性の合う人とだけ会えばいいし」
 まるで、有紀みたいな話し方だ。その相性のいい男と巡り会うには、いたい何人と寝ればいいのて問い詰めたくなる。
 和美は時間が無いのか、慌ただしく身を整えて出掛けて行た。少し、のびてしまたラーメンを啜りながら考えた。どうして、そんな簡単に体を売てしまうの? そこまでして、この街に縋り付きたいの? そんなに、ここは良いところなの?
 自分にとて、ここは夜の街でしかない。明るい学生時代は、いつの間にか幻としか思えなくなてしまた。
「帰れないよね」
 思わず呟いてしまう。無理して上京し、借金を土産に島へ帰るなんてとても出来ない。親にも縋れない。結局追い詰められると、自分もそうしてしまうのだろうかと気が重くなた。

 不景気の風は、生ぬるく夜の路地に流れ込む。ぼたくり系のキバクラは、よほど金を持ているか、馬鹿でもない限りリピートは見込めない。そうなると当然、キチが命になてくる。旅行者、出張者、世間知らずな男たちをタートにしているが、警察の取り締まりもあるので、長く看板を上げ続ける事はできない。その為、店は可能な限り金を掛けず作り、頻繁に引越しをする。
「ここも、そろそろ潮時なのかしら」
 有紀は眉を寄せてそう言た。限りなく金髪に近く脱色した長い髪が、揺れながらネオンを返した。今夜も彼女と呼び込みの当番だ。二人で、通りすがりの男たちに声を掛けてはチラシを配る。
 出張者らしい男にチラシを渡し、目線を外すと路地の向こうに、あの男が立ていた。近づくわけでもなく、わたしを見ている。
「あいつ、また来てるよ? 懲りないわね!」
 有紀は、今にもサタカを呼びに行く剣幕だ。
「ちと待て。わたし、話して来るから」
「止めなよ。面倒事になるよ」
 有紀の言葉を背中で受けながら、わたしは彼に近づいた。
「何でいつも来るの? わたしに何か用でもあるの?」
 まさか話せるとは思ていなかたのだろう。男は口籠もる。
「あんた、九州よね?」
 驚いた男は、顔を上げ「どうして分かるんだ?」と、返してきた。
「わたしもそうだからよ」
 敢えて、奄美出身だとは教えない。
「こちの言葉うまいんだな」
 それが何となく皮肉に聞こえて、わたしは目を端に寄せた。すると、男は話を切り出してきた。
「一度でいい。外で会てくれないか?」
「外で会てどうするのよ」
 どうするのかと問われて、男は二の句が継げなかた。その様子が、あまりにも世間知らずで、九州の田舎から上京したばかりの芋臭さが感じられて、それでいて、どこか懐かしい故郷の風を感じて、自分でも理解出来ない甘えと苛立ちが湧き上がた。
「外で会て、どうするのて聞いてるのよ!」
「話をしたいんだ……
「話…… 高いわよ!」
 勢いで、思わずそんな事を言てしまた。彼は情けない者を見る様に、こちらを睨みつける。
「三万。そう、三万出したら会てあげてもいいわ」
 彼は「分かた」と、静かに言た。手帳に自分の連絡先を書くと、それをちぎて渡してきた。
「明日も仕事なのか?」
 明日は土曜だから仕事だ。日曜は休みだと告げると、土曜の終わりの時間を聞いてくる。
「一時には解放されると思うけど……
「それじ、一時半。丸ノ内線の新宿御苑入り口て分かる?」
 わたしが頷くと、そこで待ているからと言い残して、彼は立ち去た。
  店前に戻ると「何を話したの?」と、有紀は聞きたがる。
「もう近寄らないでて、はきりと言てやたわ」
 有紀は、安堵の笑みを浮かべた。
 
 店内の喧噪は虚ろに耳を通り過ぎて、時計の針が気になて仕方ない。どうして、あんな約束をしてしまたんだろうと後悔した。勢いと苛つきから、三万なんて話したけれど、そんな気は今でも全くない。それでも、あの男は『その気』で来るだろう。当たり前だ。わたしが三万だなんて言たのだから。求められた時、わたしは彼に体を委ねるのだろうか。
 わたしは、罪悪感に苛まれていた。同じように九州から上京し、故郷にはない大きな歓楽街で、財布が空になるくらいぼたくられて、挙げ句の果てに、同郷の女から三万を要求された。きと、今だて男の財布には余裕がないに違いない。彼は自分と同じく、毎日インスタントラーメンで暮らしているかも知れないのだ。ドタキンしようと思わないのは、そんな罪悪感があたからなのかも知れない。
 店を出て、アルタ前まで歩いた。夜中だけれど、飲み足りない人たちで街は賑やかだ。ここから、新宿御苑駅入り口までは歩いて数分だ。視線の先に、男がいないか見たけれど、それらしい姿はない。大きなバイクが止まていて、ヘルメトを被たままの男が路肩に腰をおろしている。黒の革ジンが暑苦しく見えた。バイクは、パラパラ、ポロポロと落ち着かない騒音をたてている。やかいな事に巻き込まれたくなくて、男の視線に入らない様に後ろを通り、地下鉄入口に立た。
 約束の時間になても、彼は現れない。あの人は実直そうに見えた。とても、約束を破る人には見えなかた。男からもらたメモをひろげ、電話を掛けてみた。バイクの音が煩くて、彼の声がよく聞こえない。
「え? なに? どこにいるの? わたしはもう来てるわよ」
 すとバイクの男が立ち上がり、こちらへ振り向いた。ヘルメトのシールドを上げると、彼の顔が現れた。撚れたスーツのイメージとは全然違う。
「何? バイクで来たの?」
 彼は黙て、バイクの後部からヘルメトを外すと、こちらに差し出した。スカートを履いているしと、口を尖らせながらも、わたしはヘルメトを被ていた。
 パラパラと散発していた排気音が、アクセルと共に鋭い金属音に変わて、深夜のビルに反響した。後ろに置いていかれそうな加速に、思わず男にしがみついた。黄色に変わた交差点に飛び込み、バイクが斜めに倒れると、周りの景色が回て見えた。そのまま彼は、わたしをどこかへ連れて行た。
 
「喉、渇いてない?」
 ヘルメトで癖のついた髪を、手櫛で直しながら彼は言た。正直、喉はカラカラだ。客の付き合いで飲んでいたし、バイクで緊張もした。彼は、テーブルに置かれたメニをこちらに差し出した。今時のラブホは、軽食からドリンクまでメニが豊富だ。わたしは、その中からグレープフルーツのジスを選んだ。
 彼を見ると、何かぎこちない。とても、遊び慣れている様には見えなかた。
「えと、これどうや……
「フロントに電話するんじない?」
 そう言われて、電話機まで行たのはいいが戸惑ている。
「9番!」
 何かわたしの方が、ラブホに慣れているみたいで気分が悪かた。ふと、思た。彼からすると、わたしは商売女に見えているに違いない。そう思われるのは心外だし、とても恥ずかしい。
 彼は暑いと言て、革ジンを脱いだ。こんな時、どうすればいいのだろう。素直に聞いてみる事にした。
「わたしも、脱いだ方がいい?」
「脱がなくていいよ。そんなつもりじないんだ」
 注文したドリンクが届いてからも、彼は、ただ会話をしようとする。
「あの…… 何でわたしを誘たの?」
「それは……
「わたしの隣にかわいい子がいたでし。どうして、わたしに声を掛けたの?」
「それは、君が普通の人に見えたからだよ」
「普通の人……
 あの日。彼は、飲み屋に入る気は全くなかたそうだ。見物気取りで、歓楽街を歩いていると、わたしが立ていた。周りにいる派手な女の子と違て、何故か普通に見えて、話しやすそうに感じたらしい。勇気を出して話しかけたら、それがたまたま、ぼたくりバーのキチだた訳だ。
「わたしの事を恨んだでしう?」
 彼は黙て首を振た。
「少しだけ、そう、少しだけ話をしただろ?」
 話と言ても、嘘で固められたお店の料金システムだけだたはずだ。
「君の声を聞いて思たんだよ。やぱり普通の人だて」
 わたしは苦笑した。もしかして、自分でも気づかない訛りが残ていて、それが九州から出て来たばかりの敏感な彼に気付かれたのかも知れない。
「あのね。嘘にしか聞こえないと思うけど。わたしは体を売た事はないのよ」
 彼は複雑な顔をこちらに向けた。
「ユルチタボレ……
 わたしは彼に謝た。どうして、こんなに悲しいのだろう。どうして、わたしはこんなになたのだろう。目の前いる彼が、故郷の幼馴染に思えて、涙が溢れた。
「何で、謝るの?」
「ごめんなさい。お店では迷惑を掛けたし、今日もこんな嘘をついて……わたし何も出来ないよ」
「ユルチタボリ」
「え?」
「ユルチタボリ」
 九州本土の言葉で、彼は許してくれとそう言た。
「仮にも、三万と言われたのを俺は受けた。それは、あんたに失礼な事だ」
 彼は、こんなわたしに頭を下げるだけ下げた。話を聞くと、彼は宮崎から来たそうだ。わたしも奄美の女だと伝えた。やと、二人の間にリラクスした空気が流れた。
「あーあ。何か疲れちた!」
 わたしは、ベドへ体を投げ出した。仰向けで天井のライトを眺める。エアコンで冷えたベドがひんやりとして心地いい。
「冷たくて気持ちいいよ!」
 誘た訳ではなくて、純粋に気持ち良くて彼に声を掛けた。彼は、隣りに来て同じように仰向けで体をのばした。
「ほんとだ。気持ちいいや」
 のばした二人の足先が触れた。そして、彼の手がわたしの手に触れる。ほんの少し、その指先が動いた。それが、とても心地良かた。
「三万円」
 唐突に彼はそう言た。私は身を起こして彼を見た。
「それはさき言たでし。勢いで言てしまただけだから」
 彼はわたしを見た。もしかしたら、貧乏しているわたしに、あげてもいいと思ているのかも知れない。
「お金はいらないよ。その代り……
「ん? その代わり?」
「わたしを、もと遠くへ乗せてて!」
 彼は白い歯を見せた。
「マカチキ。俺にマカチキ!」
 
 二人を乗せたバイクは、南へ走た。夏の夜明けは早い。ほんの少しだけ空の端が白くなり始めている。わたしは、風と彼のぬくもりが心地よくて、いつの間にか夢を見ていた。

  真夜中。静まり返たテーマパーク。
  華やかなネオンは吹き消され、アトラクシンも沈黙している。
  お決まりで、白い子犬が現れた。
  子犬は、アトラクシンの間を駆けまわる。
  けれども、決してこちらに近づかない。
  追いかけた。わたしは、一生懸命追いかけた。子犬は闇に紛れて消えそうだ。
  しかりつかまて! そんな声が聞こえた。
  やと、白い子犬を捕まえた。わたしは、ぎとそれを抱きしめた。
 
 目を開けると、彼の背中にしがみ付くわたしがいる。埠頭の先に見える海は、朝日でオレンジに輝いていた。もう、子犬の夢は見ないだろうと思た。
                                                (了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない