てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
候補作品一覧
詩人は北にいる
 投稿時刻 : 2017.06.17 16:13
 字数 : 646
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2017.06.18 23:49
犬子蓮木 @sleeping_husky
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
季節の移り変わりがなくなるのではなく、季節がなくなるのでしょうか。なんとなくですが相対的に違いが減ってもその平坦な現状から新しい違いを見つけて新しい詩が生まれるのではないかな、と個人的に思いました。

プロフィール画像
犬子蓮木さん への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
感想ありがとうございました。地軸の傾きがない水星では昼夜以外に気温の偏差がないので季節がありません。地球さんは兄弟星のそんな姿を見ているので、なんとなく生物の行末に不安を抱えている設定です。 一度生まれた表現は消滅せずに変化していくだろうと、自分も思います笑

プロフィール画像
2017.06.24 18:44
塩中 吉里 @shionaka_kiri
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
変化を生み出すものは北にいる、という言葉がなんだかロマンチックです。地球からすると北も南もなくて別にどこから来たってかまわないんだけど、表面でワーワー騒いでいる者には北からくるように見えたということなのかな。
季節のない世界になったとき地球と人間がどうなっているのか、好奇心だけで考えると個人的には楽しみです。1万年後まで人間いるのかなー…。



ネタバレを含む