てきすとぽいトップページへ
第39回 てきすとぽい杯
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  12 
夢みるくらげ
 投稿時刻 : 2017.06.17 16:00
 字数 : 1690
5
投票しない
夢みるくらげ
おかゆまくらげ


ふよふよ、くらげさんが真暗に馴染んできた目に飛び込んでくる。

あたしはそれを、ついに自分はおかしくなたんだて思た。

てそうでし

この間まで、まるで砂漠に埋もれた世界で灼熱の炎に身を灼かれていたのだから、とうとう自分もそんなことになてしまたか、などと、あたしは目の前のにこり顔のくらげさんに手を振る。

くらげさんは、私の手の動きに答えるかのように、細長い足を持ち上げて、やあ。

あたしも手をあげて、やあ。


そんなやりとりが何度か続いた後、あたしは沈黙して壊れかけた身体をベドから放り投げて、気づけば宙にぼんやり浮かんで、くらげさんとダンス。

もうひとりのあたしと、本当のあたしが、交互に出入りして、気づいたらあたしはあたしじない感じ。


くらげさんは記憶のどこかにいたのかもしれない。

だけど、今まで見ないふりをしてきたのだて、よくわかた。

て、今何本もの足であたしたちと手をつなぐて。

それて、バラバラになたあたしたちをひとつなぎにするカケラ。

忘れてしまた昔の思い出。

怖かたこと。

嫌だたこと。

悲しかたこと。

辛かたこと。

あたしのあたしは全部忘れてしまた。あたしのあたしのあたしは、怖い気持ちだけ残ている。あたしのあたしのあたしのあたしは、悲しい気持ち。あたしのあたしのあたしのあたしのあたしは、辛い気持ち。

あ、とうのあたしは?

と都合のいいことだけ覚えているんだて。

くらげさんと手をつないだときによくわかたの。

手と粘着質でしとりと湿た足が合わさたとき、あたしの頭の中にいろんな景色が浮かび上がてきた。

それは、昔知ていて、だけど今は覚えてなくて、明日にはまた思い出せなくなている。

そんな灰色とノイズの入れ混じた世界。

くらげさんの足の数と、あたしたちの両手の数を一緒だた。

あたしがあたしであるための真ん中の”記憶”。

それをつないでいるのがくらげさんなんだて、よくわかた。

だけど、よくわかたけど、じああたしたちはどうしたらいいの?

記憶を取り戻して、あたしたちはあたしたちになればいいの?

だけど。

くらげさんは、あたしが思い出そうとしているのに気づいて、そと手を離すんだ。

もうちとだたのに。

あたしは唇をとがらせる。

くらげさんは、やんわりと胴体を振て、そうじないと笑う。

僕は、君たちが自分たちを失わないでいるための、クンなんだよて。

あたしは、その言葉の意味がわからなくて、首をかしげちた。

て、あたしたちはあたしたちで生きている。それがバラバラになうなんて、考えもしなかたもの。

だけど、くらげさんはそと他のあたしたちを引き寄せて、こう言うんだ。

こうやて引き寄せると優しくなるだろうて。

だけど、あたしだけ仲間はずれ。

嬉しそうにくらげさんに抱かれているあたしたちを眺めて、あたしはちと寂しそうな顔をしたかも。

その代わりに。

あたしのあたしがそとあたしの手をつないでくれる。

それじ、あたしもて。

あたしのあたしのあたしがあたしの手を握てくれる。

てしてあげる。

あたしのあたしのあたしのあたしのあたしがあたしの胸の中に顔を埋める。

あ、くらげさんは?

くらげさんはにこり笑て言うの。

こんなにたくさんのぬくもりがあるのに、君は僕が欲しいのかいて。

少しだけあたしは考えて、それから同じようににこり笑う。

いらない。

そうだろう? 君に僕がいなくたて、みんながいる。怖がる必要はないんだよ。さあ、みんなで踊ろう。君が君であるために。


あたしは、はと目を覚まして周囲を見回す。

空に浮かんでいたくらげさんも、あたしのあたしも、あたしのあたしのあたしも、あたしのあたしのあたしのあたしも、あたしのあたしのあたしのあたしのあたしも。

みんないなくなた。

だけどね。

あたしはさみしくなかた。

あたしじない誰かがあたしを抱きしめてくれる。

そう思たら、くらげさんも、あたしのあたしたちも今はどうだていい気持ちになた。

そうやて、あたしはまた眠りに落ちる。

夢みるくらげはあたしたちの中にある。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない