てきすとぽいトップページへ
第39回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  12 
僕と妻と調度品
 投稿時刻 : 2017.06.17 16:02
 字数 : 685
5
投票しない
僕と妻と調度品
ぴりからっと


なんて素晴らしいかほりなんだろう。

僕は奥さんの服をフンガフンガする。

乱雑に床に脱ぎ捨てられた奥さんの体温を失た短めのピンクのワンピースに、僕は覆いかぶさてハアハアと息荒くする。

その時だた。

意思を失た衣服が、はらりと動き出して、僕の顔に優しく巻きつくのだた。

ああ、このまま窒息死していい。

奥さんのまるでローズの香りのごとく、鼻腔を甘くくすぐる。

僕は、巻きついてきたワンピースを、奥さんが抱くようにそうする。

奥さんがいつもそうするように、ワンピースもふんわり笑て僕を受け入れてくれる。

奥さんの体に触れていたものは、全部が全部、生き物だ。

靴だてそうだし、あの麗しいおみ足を覆い尽くして、見る者すべてがそれを剥ぎ取りたいと思わせるもの。

究極に突き詰めていけば、化粧水もそうだし、乳液できわわな奥さんの肌を優しく触れていたい。

ああ、気づけば僕の目の前には、魅惑の湯気に包まれて奥さんの肌を潤している間の珍事。奥さんの全てが僕のそばにあた。

僕は奥さんの入浴タイム60分をすかり忘れて、あははうふふしながら、モゾモゾと奥さんの残り香を楽しんでいた。

『で?』

僕は熱さを覚えた頰を撫でる。

『洗濯カゴからわざわざ取り出して? 靴まで持てきて? 身体に巻きつけて何がしたいわけ?』

「いやあ。。。奥さんの全部が欲しくてさ!』

僕はキラと歯を見せて笑う。

キマた。

『この……

変態が!

真夜中のアパートの一室で、景気よく鳴り響いた破裂音を聴きながら、僕は奥さんがきわわすぎて、憤死した。

自分の意思があるがごとく、僕にまとわりついていた奥さんの残り香はもう何も匂うことはなかた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない