てきすとぽいトップページへ
第39回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  12 
エモーション
 投稿時刻 : 2017.06.17 16:04
 字数 : 1137
5
投票しない
エモーション
うらべぇすけ


 僕は人間じない。
 そう思たのはいつの頃だろう。小学生の頃? 中学生の頃? それとも社会人になてから
 いや、もしかしすると、生まれてからずとそうだたのかもしれない。


 僕は時折、自分を自分で動かせないことがあるのを知ていた。
 それは怒ているとき。
 それは悲しんでいるとき。
 それは喜んでいるとき。
 僕はいつでも、自分を見失て、しなければいいことをしてしまうんだ。

 これて、僕が本当は人間じないて証拠だろ?
 だから、僕は僕を捨てることにした。


 僕の捨て方は簡単だ。
 ここに厚手の業務用の輪ゴムがある。それを、頸動脈をしめるように、頸に何重にも巻きつける。痛いよりも苦しい方がよぱどましだから、僕は刃物を選ばない。
 鈍重な耳鳴りと頭の奥にちらつく“内なる重さ”が鳴り響いて、ぐわんぐわん僕を攻撃する。
 そうして気づけば、僕は自分を失ているはずなんだ。
 だけど、そうはならなかた。
 気絶するわけでもなく、窒息の苦しみで悶えることもなく、僕はただ布団の上に横になて、その“死”の訪れる甘美な誘いを楽しんでいるだけだたことに、今更気づく。
 そして、もうひとつ気づいたこと。
 それは。

 僕は、“自分を捨て去る”という心に操られて、こうなてしまたということ。
 結局、僕は僕を捨てられないでいるんだ。

 人間というものは、感情の擬人化だ。
 自分の猛烈な感情の前に、僕らは僕らを見失て、そうして感情に人格をもたせてしまう。知らず識らずのうちに。
 僕らは、感情に乗取られて自制のきかない魔物を心に宿している。そして、その魔物はいつでも口を開いて、僕らを見ているんだ。
 “お前の心を蝕んでやる”、と。
 僕らには、その魔物が見えない。だけど、見えたときには、僕らは僕らではなくなている。ただの醜い生き物。
 化け物。
 こうもいうことができるんじないだろうか。
 僕らは、化け物が本当の僕らであて、今こうやて理知的に話している“つもり”になている僕らは、ただの皮。いつでも使い捨てられる洋服だ。
 そう。
 僕らは、化け物が洋服を着て、破り捨てる瞬間を心待ちにしている。洋服だから、いくらでも“僕ら”は再形成可能だ。
 なんだたら、いくらだて別人になり済ませる。
 豪華絢爛なシドレス。
 質素で勤勉なくすんだスーツ。
 華やかに美しいワンピース。
 ほら、今の君だてそうだろ? 今、君はなんの洋服を身にまとているんだい?

 僕は、人間を信じない。
 簡単に脱ぎ捨てられる“擬人化”の洋服は、僕にだて着ることができるのだから。
 だけど、同時に化け物のいうことは信じるだろう。
 どんな悪態だろうと、どんなに汚らしく罵られようと。
 なぜなら。
 僕は、人間じないんだから。

 僕は化け物。
 化け物の子。
 化け物同士、仲良く生きよう。この腐りきた化け物の世界で。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない