てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
布団
 投稿時刻 : 2018.04.09 14:24 最終更新 : 2018.04.21 22:15
 字数 : 825
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
布団は最高!

というか、着るって、方言だったのか・・・。
思わず吹き出すと同時に、なんだか赦される気分になる不思議な心地の作品でした。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
布団を着ている状態が子宮内にいる胎児と重なりました。布団から布団までという言葉が実に響きます。世の便利なモノとは赤子の全能感を満たす延長上にあるのなら、人は子宮内を維持するために生まれて死んでいくのではと、勝手に深読みして楽しみました笑

2018.05.07 20:13
(無記名)
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
ありがとうございます。
初参戦なので何を書けばいいのかよくわかっていなかったので結果出来上がったものが小説でもエッセイでもなく聖書のパロディーという情けない結果に終わりましたが、ちょっとでも笑っていただけたなら書いた甲斐がありました。

プロフィール画像
2018.05.07 20:14
たかはし @eagleduck
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
ありがとうございます。
初参戦なので何を書けばいいのかよくわかっていなかったので結果出来上がったものが小説でもエッセイでもなく聖書のパロディーという情けない結果に終わりましたが、ちょっとでも笑っていただけたなら書いた甲斐がありました。

プロフィール画像
2018.05.07 20:16
たかはし @eagleduck
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
ありがとうございます。
始めと終わりにおかあさんの言葉をもってきたのは、布団の中という場所の絶対的な安心感、というのを意識したのですが、言われてみればまさに子宮ですね。
楽しんでいただけて良かったです。



ネタバレを含む