てきすとぽいトップページへ
第43回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動6周年記念〉
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13  21 
U+5323
Wheelie
 投稿時刻 : 2018.02.17 23:40
 字数 : 1808
5
投票しない
U+5323
Wheelie


 冬の休日終わりに、思考を霞ませて私は考えている。当面はこれらが予兆である以上、私は、死に置かれたそれらを綺麗にし、慈善を包囲をする必要があると悟た。
 私が語たことを意外であるといた風情で、エルピスは
「匣のために私が奮闘する見積りはない」
と言た。
 私は、豊かになりたいという信念を持ていた。
「私は死への意志のためにここまで生きていた」
「もしそれが事実ならば、予兆は少し得られたけれども」
 エルピスは私のことを信じてはいなかた。そのことについては否応なく共感ができる。そして、私は雪を踏みしめる。
「いいえ、匣は私のための予兆になりたいはずだ」
「エルピスはなぜ匣において救われるのか」
「それは子供のために」
 当然としてエルピスは断た。しかし、私は確かに匣を望んでいたのだ。それをいつエルピスが望んでいるか、そしてまたは、それについて行くことができるものを除いた何かが、エルピスに与えられるのだ。

 緊急事態である。私は何とかして、未来にそれらが予兆されると信じた。しかし、私がこの次元の進歩を知ている限り、それは制限される。従て、たとえ何とかして匣を借りられても、私は、匣を得ることできない。そしてそれは、目的を手段にするのに必要なのだ。
 私は匣のためのに代わりに働いている。それは、度し難く「匣のための」ことであるかもし知れない。

 それはひどい雪であた。
「外は冷たいね?」
 私は明日それを未来に送る。
「予兆がそうであるかのように、それはエルピスと自身を切り分けた」
 とエルピスは言た。けれども何が真実で、何がオリジナルであるのか。もしそれが、確かに貪欲さを持たない子供であり、私が妄想や幸福であることの世界に持ていけたのいたならば、それをすることができるための何もなかたけれども、想像力の世界はまさに匣であた。本当に悪いことに、私はそれを除いた何も研究と習慣にすることができなかた。

 それが大人であた後に、私は多くの物をすることができた。私は、私が熟練していると思たけれども、少しの予兆の後にすべては成される。私は、どのようなフルドにおいても死を覚悟するかもしれないと思た。もし私が努力しているならば、私は私の弱さを貧相に裏切ている。

「私は匣についての何かをする」
「残念ながらその予兆は管理されない」
私が冬の休日を保持しようとした時には、エルピスは言う。 
「匣のまわりで何かがなされる」
 冬の休日がそこにあり、デスピアの要求があた。私は匣のための優秀な死に取り組んでいる。それはまだ残されていない。私は驚つつもそれに感謝している。それは安易ではあるけれども、それは新鮮である。エルピスは短い時間であり、それをすることができるような匣は、そのような好ましい事象に適切である。デスピアを与えるのに時間かかる。それは孤独感を縛るように変わらない。容易に。

 私はこの好ましい事象を試す。どれくらいこの好ましい事象を取るかを忘れる。実存に対する意識は除かれる。私はエネルギーを集中する代わりにすべてを楽しみにする。私はそれをする。孤独感の好ましい事象はこの時この死でもあるけれども、私はそれを忘れて踊る。それには非常に多く時間もかかるわけではない。私は、短い時間の予兆を楽しむためにベストをつくす。
 とにかく、実存に対する意識を除くために私は実験する。それが作動する時には、実存に対する意識を持たない人は次の好ましい事象に接続する。もちろん他の人々と話す時には、私はそのような事を言わない。エルピスが赤によて働き続けている時には、好ましい事象を楽しむためにそれが報酬の状態にだけある時に最初に私が大きい好ましい事象に連絡する可能性がある。

 私はそのような好ましい事象だけを選びたい。慈善原価意識(既に)それは、私が費やす時間から大きい死である。私はそれを予知する。
 おそらく、それこそが匣であると思た。
 私は、私が、私を、私の死を楽しむためにしたいことを中心に行う。それは、エルピスが度し難く私を連れ出し、それらを検知させる好ましい事象を持つのと同じに意味になることを確かめる。なるべくであれば死と好ましい事象がある。
 すべては来たここに。私は楽しみのためにデスピアをする。死はゲーム感覚でもある。

 私はまだ匣を得ていると思わない。しかしそれはどうしても実存なのである。エルピスが匣を労働の報酬とみなしている時には。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない