てきすとぽいトップページへ

プロフィール画像
Wheelie
@WheelieAlba

居場所    : Japan
ホームページ : 

創作用アカウント
エントリー作品
◆゚+.゚ *+:。.。 。.世 紀 末 ゚.+° ゚+.゚ *+:。.。
26:65の肉眼の終焉(1989字)投稿時刻 : 2018.07.21 14:23
17:16
 それは、私が、今日、私が、なめらかに考える時間蒸発をより良く発展した、け...
◆暁文学
黄色い架空のライト(689字)投稿時刻 : 2018.04.02 16:55
 深い睡眠は気づきのレベルを侵す。我々は睡眠状態で常に用意できている。あなたは何かを感じないだろうか。感覚は信じられない。それは自然の水底にともに動く。...
◆第43回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動6周年記念〉
U+5323(1808字)投稿時刻 : 2018.02.17 23:40
 冬の休日終わりに、思考を霞ませて私は考えている。当面はこれらが予兆である以上、私は、死に置かれたそれらを綺麗にし、慈善を包囲をする必要があると悟った。 ...
◆安眠文学
401Not Foundの家族(2665字)投稿時刻 : 2018.03.14 15:01
 移動善意の多種多様な眠りおよび診療を提供するために偶数は3つまり死はZのようなものであるならばインディアンのここに家族のオブジェクトが暗い子供φはミラー上...
◆第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
(508字)投稿時刻 : 2013.12.14 23:46
 百年前に起こったいくつかの核爆発が原因で、この星の地軸はずれてしまった。人間たちは気付いていなかったのだ。自分たちが大きな力を持ちすぎてしまったことに...
◆第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
(537字)投稿時刻 : 2013.12.14 23:46
 最後の大戦が終わった後、この星の気候は完全に狂ってしまった。
「北半球からの映像?」 ...
◆第11回 てきすとぽい杯〈お題合案〉
不完全な首長竜の死(236字)投稿時刻 : 2013.11.16 23:33
こわばった体を
ゆっくりと伸ばして ...
◆第10回 てきすとぽい杯〈平日開催〉
魔女狩り(842字)投稿時刻 : 2013.10.18 23:43
 むかしむかしあるところに、貧しい夫婦がおりました。ふたりには子供がありませんでした。十年もの間、毎日神様にお祈りを続けたのですが願いは叶いません。「神...
◆第9回 てきすとぽい杯
父さんのスーツ(894字)投稿時刻 : 2013.09.21 23:44
 破損した強化服を予備のもの(それは若干機能の劣るものではあったが)に着替えながら、父は僕に指示を出す。ここで待機して仲間の補給を待つこと。通信は常にオ...
◆第8回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
金魚累々(1000字)投稿時刻 : 2013.08.17 20:05
「金色じゃないんだ」
 教科書から立ち上がるホログラフィーを見ながら、美来は夢見るように言った。 ...
◆第7回 てきすとぽい杯
小説はひとつの鏡である(885字)
投稿時刻 : 2013.07.20 23:39
 今日は朝からOSの再インストールをしていた。以前と同じOS即ちWindows7であるはずなのだが、以前は入っていなかったアクセサリに気付く。もしくは以前から入って...
◆第6回 てきすとぽい杯〈途中非公開〉
緩慢に反応しない粒子(700字)投稿時刻 : 2013.06.15 23:41
 緩やかに身を捩る。意識はまだ朦朧としていて、掛け布団は水を含んだように重い。天井灯はいつの間にか消されていた。夜が明けようとしている。寝返りも打てない...
◆第参回 10分ついのべ 昼の部
8(Twitter小説)投稿時刻 : 2013.05.25 13:08
奇怪な機械にも似た機会 #10MTWN
◆第5回 てきすとぽい杯〈平日開催〉
CUBE(1012字)投稿時刻 : 2013.05.17 23:42
 西暦二〇八五年、地球に小惑星群が接近した。アメリカ航空宇宙局は数年前からそれを予測していた。隕石群は大気との衝突によって殆どが気化するはずであった。あ...