てきすとぽいトップページへ
第8回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  38 
金魚累々
Wheelie
 投稿時刻 : 2013.08.17 20:05
 字数 : 1000
5
投票しない
金魚累々
Wheelie


「金色じないんだ」
 教科書から立ち上がるホログラフを見ながら、美来は夢見るように言た。
「赤いんだね。お祭りの日に金魚をすくうんだて」
 史子は注釈を読む。水の映像の中を金魚が一匹、悠々と泳いでいる。教科書を挟んだ向こうの美来が、水色にゆらゆらと輝いている。
「素敵」
 本を閉じると映像は消えた。寂しそうに目を伏せる美来に、史子の胸は締め付けられる。
 史子にとて美来は初めての友人だた。この国にはもう女子は殆ど生まれてこない。史子はネトでCADデータを検索する。金魚は見つからない。小遣いで買えそうな値段で、フナのデータを見つける。なんとかできるかも知れない。美来に笑て欲しいと史子は思う。

「フナのデータ?」
「うまくいくといいけど」
 史子と美来は夜の中学校に忍び込んでいた。
「形状を金魚に似せて作り直したの。筋収縮のプログラムも組んだ」
 給食室の鍵を開け、細胞のパクを探す。
「マグロとタイ、どちの細胞がいいと思う?」
「食べるわけじないしどちでも」
 3Dプリンターに細胞と改造フナのデータを入れる。温度が上昇し細胞分裂が開始する。十分後、小さな赤い魚の形状をした食肉が十個出力される。
「泳いだ!」
 寸胴鍋に入れられた食肉は尾びれを振り泳ぎ始める。

 二人は金魚を夜のプールに放た。
「生きているみたいなのに、繁殖能力は無いんだね」
 美来は魚影を目で追ている。
「私達と同じだね」
 体内のカルシウムを使い切てしまえば、筋収縮は停止し腐敗が始まるはずだ。史子は泳ぐ影を数える。一、二、三……
「じうさん?」
「これを見て!」
 美来が足元の金魚を指し示す。頭部が二つあるそれは、悶えるように水中で身を捩る。食肉は二つに分裂する。
「うそ、どうして」
 気付けば水中の金魚は随分と増えている。美来の笑顔が白く光る電灯に照らされる。
「金魚すくいしよう!」
 金魚すくいがどんなものか二人は知らなかたけれど、制服のままプールに飛び込み食肉を追いかけた。手のひらですくてはバケツに入れる。水音と二人の笑い声が夜に染みていく。

 二つのバケツは金魚で一杯になた。
「これどうしようか」
「海に放しに行こうよ」
 事も無げに言う美来に、史子は驚く。
「大丈夫かな」
「どうせこの世界はもう長くないんだし」
 大切そうにバケツを抱えた美来。濡れた髪。無邪気な微笑み。
「そうだね」
 この笑顔をもと見ていたいと史子は思う。それから金魚で一杯になた海も。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない