てきすとぽいトップページへ
第8回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  38 
いちねん金魚
まな
 投稿時刻 : 2013.08.17 18:25
 字数 : 1000
5
投票しない
いちねん金魚
まな


 今年も暑いなあ、暑いなあ、と思ているうちに、ベランダの水槽で金魚が浮いていた。
「うそでし
チンから出て来た妻が僕の肩に手をかけ、頭の上から覗き込んだ。
「あ、ホントだ、茹であがたのかな?」
女性というのは、ときどきドキとするような残酷な言葉を吐く。
「茹であがたとか、ひどくないか」
これでも、金魚すくいで僕が救てやた金魚なのだ。
「何言てんの、エサやてたのも、水換えてるのも全部私じん。でもさ、どうしようもないじん、暑すぎるもん、ベランダの金魚にエアコンは付けられないし、日陰においてこれじあ、、、もと、もーと大きな水槽なら、そう温度が上がる事も無いと思うけど、水換えるの大変になうしね。」
ぷかーとゆらゆら浮いている金魚を見つめて、妻に聞く、
「で、どうする、これ?マンシンじ埋めるところが無いし、公園まで行こうか?」
面倒だが、仕方ない。金魚の金ちん(今名付けたのだが)のために重い腰を上げようと覚悟したが、
「テでくるんでトイレに流すわ。」
ひ、非情だろう、おまえ、そりないぜ、と、顔に出ていたのを察したのか、
「えーみんなやてるよー、生ゴミに入れるとすぐに臭くなるんだもん、生ゴミ、今朝収集しちたし。」
あ、そう、臭くなるの、て、昨日まで元気だたんだぜ、エアコンの効いた部屋から、ベランダの窓越しに、ゆらゆら泳いで。金ちん。

夕方、買い物に出かけると、駅の近くの小さな神社で夏祭りをやていた。
「あ、金魚すくい」
そう言て妻の顔をチラと見ると
「水槽、空いちたね」
そう言て屋台の明かりに照らされた妻の横顔は、無表情で何を考えているのかよくわからなかたが、
「去年、ここですくた金魚だたのにね。」
と言たのを聞いて、自分がどこであの金魚をとてきたのかすかり忘れている事に気付いた。
さらに妻が続けて言た。
「水槽売てる店がなかなか無くてさ、スーパー何件もハシゴして、ペトコーナーにあた一番大きな水槽を買たのに、死んじうんだもん。冬は乗り切たのにな。」
僕は、自分が何も覚えていないことをちと反省した。
ダンナが無責任に連れ帰た金魚を、それなりに大事にしていたのだ、彼女は。
「今年も救ていいかな?」
恐る恐る妻に尋ねる。
「いいよ、死んだ時トイレに流しても文句言わないなら。」
妻が財布から500円を出しながら言た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない