てきすとぽいトップページへ
暁文学
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  8 
黄色い架空のライト
 投稿時刻 : 2018.04.02 16:55
 字数 : 689
5
投票しない
黄色い架空のライト
投稿者名は投票期間終了後に公開


 深い睡眠は気づきのレベルを侵す。我々は睡眠状態で常に用意できている。あなたは何かを感じないだろうか。感覚は信じられない。それは自然の水底にともに動く。次元は旋空が魚の下に隠された生命を終える。私は果実を持たない液体の形のため弱まり、それは甘いハチミツの海底である。それも、私の持つ同じ時間に溶けた。母は愛情のために彼を恋しく思う。私のすべてで彼は踊る。ここで眠るのと同じくらい多く、砦は私の頭により溶かされる。覚醒される彼を私は知ていた。しかし、私はまだ目覚めることができない。世界を変更することになているのだ。花春、起床により世界は溶かされる。水のトーンは聞かれる。雪のトーンはそれにおいて溶かす。1日あたりのタスクを管理する仕事。強い意識および重要なシンプルさのため、私は、疲れて、それから、堕落した方法に非常に美しく住みたい。私は朝食のための紅茶を飲む。ハチミツを入れて。このレスンを聞かない子供のために、読書は眠りのうちのものである。それは劣悪な教訓の歴史。人々はそれを持ていないけれども当たり前のものである。私は食事をとる。私は入浴する。犬はストロークを付けられる。完全に満足する必要があたけれども、人々は強く望む。あなたは深い睡眠において、盲目的に震えて、泥が小さな幸福の物を世界に探している。それは朝の快適さの黄色い架空のライトである。目、世界、突き刺し、どうぞ、中のライトを参照して欲しい。まだ魚だた頃の世界。あなたは外出し、私は呼吸を失う。生きるために金儲けをすることと、心臓とパン。恐れていると感じて、覚醒する私はまだ知らない。我々の隣の世界を。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない