てきすとぽいトップページへ
第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13 
Wheelie
 投稿時刻 : 2013.12.14 23:46
 字数 : 508
5
投票しない
Wheelie


 百年前に起こたいくつかの核爆発が原因で、この星の地軸はずれてしまた。人間たちは気付いていなかたのだ。自分たちが大きな力を持ちすぎてしまたことに。

「またそれで遊んでいるの」
 ヒカルの声に、ユキエはカメラを一時停止する。
「うん、おもしろいよ」
 シルターから見つけた小型の映像録画装置。たた今録画した映像をヒカルに見せる。
「雪ばかりだね」
「うん、それと星空」
 北半球のほぼ全域に、もう昼は訪れない。氷と夜空に覆われた世界。
「操作方法はなんとなくしか分からないけど、このボタンはなんだろ」
 適当に押したボタンが、蛍色に光る。

「ヒカルを写してあげる」
 彼女は恥ずかしがるように後ろを向く。雪と同じ色の服が風に揺れる。
「昔の服て、植物から作られてたらしいよ」
「乳製品じなくて?」
「うん」
 二人とも植物を見たことがなかた。家畜は微生物から合成された飼料を食べ、彼女たちはその乳と肉、骨と毛皮までを余すことなく使う。そうやて生き延びてきたのだ。
「植物」
 ヒカルは星を見ながらなにかを考えている。
「見てみたい?」
 ユキエの言葉に彼女はゆくりと振り向き返事をする。
「花を見てみたい」
 誰に届くわけでもない言葉を、小さく吐き出した。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない