てきすとぽいトップページへ
第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12  14 
宇宙・この劇的なるもの
 投稿時刻 : 2013.12.14 23:44
 字数 : 2846
5
投票しない
宇宙・この劇的なるもの
小伏史央


 大きな夢を持ていたんだ。腕がはちきれそうなほどに、大きな夢を。
 それでもぼくは、頑張て持ていたんだよ。肩にちからを込めて、足をふんばて。
 夢を持ていたんだ。

 ぼくの目の前にいるぼくは、とてもぼくに似ているけれど、その中身は、だいぶ違うようだ。目の前のぼくは、希少な純度の高いタンパク質で構成されている。そのひ弱な姿はどこか滑稽だ。表面的にはぼくとなんの変わりもないように見えるというのに、向こうの席でふんぞりかえているブラクホールさんなんかは、明らかに目の前のぼくのことを嘲笑していた。希少種というものは、たとえばあのお姉さんのような美貌でももたない限り、サベツの対象にしかならないんだ。

「ぼくは夢は一度しか見たことがないんだよ。ぼくは、生まれて初めて見た夢が、最初で最後の夢だた」
 ぼくはまだ死んでいないのに、どうして、最初で最後だなんて言うんだい。
「そんなこと、訊かなくても分かるだろ。ぼくのくせしてさ。この船に乗ているてことは、過去も未来もなんの違いもないてことじないか。この船は進みゆく特異点だ。そんなこと、この船に乗る前から知ていたはずだ」
 ブラクホールさんの隣で、箱さんがぶつぶつと自分の中身について呟いている。彼は自分の中身にしか興味がないから、自分がもう公園のベンチにいないということに、気づいていないらしい。
 いつからいなかたんだろう。
 ぼくにはわからないけど。

 なに暗い顔してるの? 乗組員のお姉さんが、ぼくたちのところにやてきた。お姉さんとは、同郷のよしみで、仲良くなたんだ。ぼくはお姉さんの雪のような顔に向かて、笑いかけてみせる。けれどぼくの目の前にいるぼくはというと、じと鉄面のような顔をして、頬を持ち上げることさえしないというのだから、どちらがアンドロイドなのか、わかんなくなう。
 ぼくがなにも答えないから、お姉さんはナイーブな箱さんのところへ行た。大丈夫。あなたは爆弾なんかじないのよ。きとそうよ。きと綺麗な畑のようなところが、あなたの中には広がているの。そこでわたしは果物を育てて、たまにやてきた迷惑な動物を撃退したりして、たのしい日々を過ごしているんだわ。空想? 空想でもいいじない。空想は爆弾では壊せないのよ。そう言て励ましていた。

 それからしばらくすると、アナウンスが船内に響き渡た。
 一時停船します。お姉さんの言葉とほぼ同時に、船が停まる。
「なにかあたのかな」
 そうみたいだね。
 キー。なにをするデスカ! 座席ははちみつハニースウトデスヨ!
 肩をいからせたお姉さんが、大きなモグラのような生き物を二匹、両手でひきずて歩いている。
 おいおいお嬢ちん。そんな顔してどうしたい。
 どけくそじじい。こいつら宇宙に放り投げてやる。
 嬢ちん、素が出ちまてるよ。
「なにか悪いことをしたみたいだ。お姉さんがあんなに怒るなんて、びくりだな」
 よぽどひどいことをしたんだろうね。
 で、モググたちがなにをしたんや。犯罪か? 悪の組織か? そう問いかけてきたのはゴールデンフさんの幽霊だ。お姉さんは以前勤めていた船団で、金魚には嫌な思い出があるみたいで、幽霊には目もくれない。代わりにお姉さんはブラクホールさんに向かてむとした顔をする。こいつら、船を食おうとしたんですよ! わたしの大事な船を!
 なにを言てるデスカ! 仰るデスカ! 人生ベリーハードデス。胃もたれいやあ。
「船を食うだなんて、そんなことを考える生き物もいるんだな。まるで宇宙を滅ぼすみたいじないか」
 ほら、またそんな下手な比喩を使う。宇宙を滅ぼす、なんて言たら、その虚構が出てきちうじないか。
「そんなの、知らないよ」
 知らなくないわよ。お姉さんに叱咤される。もとの女性らしいお姉さんに戻ていた。虚構のなかで女の子がカワイコぶるのは、当然のことだから。
 光が船のなかにまで差し込んできた。船のそとを見ると、生命体が、太陽の亡骸を抱きしめて泣いている。ほら、出てきた。ぼくの虚構だぞ。その生命体は、太陽を抱きしめるほどだから、とてつもなく大きな体躯をしているはずだけど、その姿はなんだか、ぼくよりもちぽけで、ああ、宇宙の滅亡だな、と思た。
 思たと同時に、そとの景色はリセトされた。いつの間にかお姉さんから逃れていたモググたちが、ゴールデンフさんやはらぺこの金魚さんを捕まえようとしている。
 宇宙がほんとに崩れちたんだ。そう気づくまで時間がかかた。宇宙は宇宙の姿をなくしていた。

 ぼくは、お姉さんとおんなじ星で生まれた。お姉さんが生まれたときは、もう人類の歴史は終わていたけれど、ぼくが生まれたときのこの星は、人類が支配する無法地帯だた。ぼくが生まれるより昔に、人間、という存在から、非人間、が生まれる。体のすべてを機械に代替したその、非人間、は、徐々に仲間を増やしながら、人間、を攻撃し始めた。ぼくが生まれたときというのは、だから、その攻撃というのがだいぶ済んだころのことで。
 人工的な多目的幹細胞から生まれたぼくの体は、初めて夢を見たときに、完成した。非人間、ではなくて、そのときはアンドロイドという言葉が、人間、に代わる新しい傲慢の代名詞だた。
 そのときに、初夢を見たそのときに、ぼくは生まれたんだね。
「そうだよ。ポプコーンがぼくからこぼれてゆくあのとき、このぼくの他に、ポプコーンをこぼしていなかたぼくというものも、分岐して存在していたんだね」
 そしてこの特異点で、
「ぼくとぼくは再開した」
 船は、未来も、過去も、現在も。
 そして現実と虚構さえもサベツせず、
 この果しなき連動を進んでゆくよ。

 宇宙が滅亡したあと、残た時空は時空ではなく、すべてがすべて特異点だた。宇宙のはじまりは小さな粒ではなく、宇宙よりも大きな夢だたのかもしれない。
 すべての理論が通用しないところでは、すべてのわがままが通るんだよ。
 ね、だたら、そろそろぼくとぼくは、「ぼく」になるべきだとは思わない?
「どうだろう。もうママもいないから、離乳したんだから、決めるのはぼくだよね。でも、船のなかにいれば、ぼくたちはぼくでなくてもぼくでいられるし、それならこのままでいいんじないのかな、て思うんだ」
 でもね。ぼくは。

 大きな夢を持ていたんだ。


 大きな夢を。



 船が加速する。




「それは、この船を出たら、叶えられる夢なのかな、ああ、叶えるとも、ぼくの夢なのだから、





 ゴールデンフさんは、水槽のなかに。
 モググたちは火星の投票所に。
 箱さんは公園のベンチに。
 ぼくは、ただひとりの「ぼく」は――、新しい物語へと。
 お姉さんも、一緒に行く? そう聞くと、まだナンパするには早いね、ぼうや。船に残るみたいで。

 大きな夢を叶えに行こう。
 物語は永遠に終わらない。
 決してまた捨てられて、船につめこまれたりしないように――
 ぼくたちは物語を演じ続けるんだ。
 新たなる宇宙が、いま、
 うまれる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない