てきすとぽいトップページへ
第5回 てきすとぽい杯〈平日開催〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9 
CUBE
Wheelie
 投稿時刻 : 2013.05.17 23:42
 字数 : 1012
5
投票しない
CUBE
Wheelie


 西暦二〇八五年、地球に小惑星群が接近した。アメリカ航空宇宙局は数年前からそれを予測していた。隕石群は大気との衝突によて殆どが気化するはずであた。あくまで予測の時点では。
 ブレソンはキブを踏まぬよう慎重に歩いていた。隕石雨の降り注いだ後、それを処理するのが彼らの仕事だた。
「こんなサイズの物は初めてじないか」
 モリヤマは金属製のケースにキブを拾い集めている。確かに今回のキブにはかなりの大きさの物が混ざていた。光を反射しない黒い立方体。ダイス程度ものから、最近ではランチボクスほどのサイズのものまで見かける。
「キブから音波が出ているのを知てるか」
 隕石の納品を終え、ブレソンはモリヤマとバーで安い酒を飲んでいる。
「音波?」
「奴らはそれを研究しているんだと」
 ピスタチオの殻を剥きながら、ブレソンは音波について考える。現在軌道上にある小惑星は、それぞれが歪な形状だ。正しく星屑らしい形の星屑たち。それが地球に落下する時、大気に洗われて細かい無数のキブとなる。隕石雨の落下地点は立ち入り禁止となり、ブレソンのような一部の「許可された労働者」が全てを回収する。
「つまりあれは粉々になたモノリスなんだ」
 そう言てモリヤマはゲラゲラと笑い、グラスに残ていたビールを飲み干す。下らない冗談だた。

 キブから何らかの電磁波や放射線が出ているのか、ブレソン達には知らされていなかた。気休めの防護服が彼らの心を守ていた。
「音波ね」
 肉体労働後の飲酒で適度な酔いを感じながら、ブレソンは路地裏を歩いていた。虫の羽音を聞いたようなような気がして、顔を手で払う。だけれどその音は消えない。
スニーカーの爪先にこつりと何が当たる。黒いアスフルトの上に、黒い物体。
「キブ? 馬鹿な、こんな市街地で」
 目を凝らしてみると、ビルの隙間の細い路地に、無数のキブが落ちている。空から落下したものではない。隕石雨が降た地点は即座に立ち入り禁止になるはずだ。
「耳が……
 低いうねるような音が強くなてくる。キブ達は磁石のようにじわじわと引き寄せあい、ブレソンの足元に集まてくる。
「まさか、そんな」
 強烈な頭痛に、その場に蹲る。
「こいつらはモノリスなんかじない。キブは……
 誰かに伝えなくてはいけない。キブは隕石なんかじない。これは……。意識が遠のいていく。彼らはブレソンを静かに見下ろしていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない