てきすとぽいトップページへ
第43回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動6周年記念〉
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  21 
最後の翼
 投稿時刻 : 2018.02.17 23:30
 字数 : 1980
5
投票しない
最後の翼
塩中 吉里


 船は出ていくばかりだ。戻てくるものは一隻もない。
 今日もヤタトラシは遠洋を臨む岬の上から、しぶきのはじける波間をうかがていた。ヤタトラシの暮らす〈白砂港〉は西大陸の最東端にある。悪い海神が沈んでいる〈境の海〉を越えた向こう側には、百年ほど前に発見された東大陸がある。そして、東大陸には、人知を超えた妖精と怪物が棲んでいる。東大陸への最短航路をとるために、〈白砂港〉には多くの狩人たちが寄港した。ヤタトラシがまだ小さい頃は、東大陸から帰た狩人たちが、得意げにとらえた獲物を見せびらかせていたものだた。宝石の羽をもつ小さな妖精。火を噴く鳥。どんな酸を浴びても溶けない不思議なウロコ。夜になると赤々と燃える神秘の鉱石。ヤタトラシも絶滅した翼竜の卵だという小さな石くれを酔払いからもらたことがあた。それがいつからか、狩人たちは向こう側に行きりになり、戻てこなくなた。船は出ていく。だが誰も戻らない。そのうちに東大陸の話などウソだ、と言う者も現れた。だが、かつての百年で、海を渡り、戻てきた狩人たちがいたのは事実だし、彼らが持ち帰た不思議の品々は現実に存在していた。だからなのか、いまだに〈白砂港〉から東を目指して船が出ていくことがある。往時よりも数は減ていたし、やはりひとつの帆も帰ることはなかたが。
 ヤタトラシの父親は、その父親の父親の代から、狩人たちや、狩人たちの獲物を目当てに集まてくる商人を相手に宿を貸したり飯を作たりして暮らしてきた。ヤタトラシもまた自分もそうなると思ていたのだが、狩人も商人も来なくなた宿はたちまちにして寂れ、廃業を余儀なくされた。ずと数の減てしまた旅人を奪い合うには、ヤタトラシたちの宿は小さすぎたのだ。父親はある日、数か月ぶりに現れた狩人の誘いに乗て、東大陸行きの船の乗組員になた。ヤタトラシが止めても聞かなかた。それから七年が過ぎた。ヤタトラシは十七歳になり、父親はまだ戻てこない。岬から見下ろす。波頭が散てあぶくが浮かぶ。水平線のどこにも帆船の影はない。岬の崖の下から、ヤタトラシを呼ぶ声がする。乾物屋の女主人の声だ。休憩時間は終わりで、仕事に戻らなくてはならない。圧倒的に広がる水平線から目を離し、ヤタトラシは崖沿いの小道を下りはじめた。
 昨日、三年ぶりに、東大陸行きの船が出た。ヤタトラシの乾物屋がちうど彼らの保存食の調達を頼まれたものだから、女主人は大張り切りで、みな独楽鼠のように働きまわた。久しぶりに見た狩人たちは、かつて見た狩人たちそのものの姿だた。彼ら特有の物々しさを身にまとい、恐ろしげな刃物や鉤縄を腰からぶら下げている。そして、よく飲んで、よく食べていた。彼らのうちの誰もが、二度とこちらの大陸に戻れないとは思ていないみたいだた。船に最後の積み荷を乗せたとき、ヤタトラシはもう少しで自分を連れて行てくれと言い出すところだた。結局はそうしなかたのだが。
 男たちが漁から帰てくる。船から降ろされた魚をかごいぱいに詰めて、乾物屋の加工場に降ろしていく。ヤタトラシはほかの女たちと並んで、魚の頭を落として、内臓をこそぎとた。身を開いたものをまたかごに詰めていく。さばききたあとに、そのかごを持て強風の吹きすさぶ崖の上に持ていく。それから乾燥させたり、以前に干していた身を持て帰たりする。日が落ちたら、使た包丁やかごを洗て、明日の漁に備える。一日が終わる。次の日がくる。休憩時間に、また、海を見に行く。毎日が繰り返される。
 暗闇の中でヤタトラシは目をあけた。
 周りから、雑魚寝している住み込みの女たちの寝息が聞こえる。彼女らを起こさないように、そと寝床から抜け出す。薄い木の戸を引いて、月夜の外に駆けだした。息を切らせて、岬の手前にあるぼろぼろの廃屋を目指す。昔、ヤタトラシと父親が狩人たちを迎え入れていたかつての宿のなれの果てが、月光にしらじらと浮かび上がている。ヤタトラシはそと戸を引き開けた。月の光も届かない廃屋でも、子どものころに歩いた床がヤタトラシを正しく導いた。ときどき床を踏み抜きそうになりながら、子ども部屋にたどりつく。ヤタトラシの部屋だ。その、部屋の隅の床板をはがす。手の爪を汚しながら床下を掘ていく。ヤタトラシの額から汗のしずくがふたすじ滴たころ、指先に小さな固い感触が返てきた。小さなヤタトラシの宝物が、そこにはあた。これは最後の翼竜の卵なんだ、とあの狩人は言ていた。こいつが大きくなれば、背中に乗てどこにだて行ける。世界の王様にだてなれるぜ。
 片手で握てしまえる小さな石くれを胸に抱いて、ヤタトラシは祈た。世界の王様になる必要はないけれど、き……
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない