てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
ここと、pediophobiaに関して
 投稿時刻 : 2013.05.17 23:32
 字数 : 1695
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2013.05.18 19:09
ひやとい @hiyatoi
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
箱というテーマはSF心をくすぐる何かがあるんでしょうかね。そんな気がしました。

プロフィール画像
2013.05.20 22:53
小伏史央 @u17_uina
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
 心療内科技師は、「生身の人間のはずなのに」人工である「ヒトガタ」なのですね。わざとそうされたのかは分かりませんが、いずれにしても、ナノマシンが人間を支配した、人間とはなにか、という問題を突きつけられる面白い作品に感じました。動物としてのヒトが人間の技術に覆い被されてしまう様子、古典から現代にいたるまでSFで幾度もえがかれてきた風景ではありますが、それを「箱」というお題の暗く狭いイメージから連想し短い制限時間で書き上げられた手腕には舌を巻きます。良作。

プロフィール画像
2013.05.26 00:04
茶屋 @chayakyu
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
箱から連想される、監視された部屋、管理された社会、制御された人体といった閉塞感がディストピア的でとても好みです。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
久々に「不気味の谷」という言葉を目にして、考えさせられました。僕は割と平気な方ですが、苦手な人もいますよね。そういう現実が、作中の「現実」に繋がることは、多分ありうるのだろうと思いました。

コメント前に
する
ネタバレを含む