てきすとぽいトップページへ

゚+.゚ *+:。.。 。.世 紀 末 ゚.+° ゚+.゚ *+:。.。


 
『最後の』にコメントされました。
2018.08.31 02:49
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
短い会話の中に終末の空気感が詰められていて良いですね。「一足先に」というのが良い。

『日、没するエデン』にコメントされました。
2018.08.31 02:49
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
「火山は噴火し、」から始まる世界滅亡の様子が表現に富んでいて面白かったです。
読ませられる文章でした。

『決断』にコメントされました。
2018.08.31 02:59
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
コメディからシリアスへの舵取りがとても心地良いです。「でも主はたぶん文系である」に笑いました。コミカルな思考のままノアは「穏やかで主の満足される」世界を推し量り、相談できないままひとり決断し、最後、動物たちの楽園が象られていく。決断の仕方はコミカルなのに、それによって出される結果はシリアスで、それに応じたラストの淡々とした文章が、余韻を感じさせます。

『26:65の肉眼の終焉』にコメントされました。
2018.08.31 23:17
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
英語の文を直訳したかのような、「私は事をする必要がある」など、良いなと思う表現がありました。
時間ごとに次元を有していて、それらは「時間蒸発」によって終焉を迎えている。その終焉を観測し、描写するためにはダークマターが必要だと思われていたが、視力約0.7の肉眼でも可能であるらしい、というような想像をしましたが、読み方がよくわかっていないため、内容は把握できていません。

『最期の審判』にコメントされました。
2018.08.31 23:17
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
面白かったです。タイトルからは思いもつかない優しい物語。アディッショナルタイムには笑いました。

『外国で飛行機が墜ちました』にコメントされました。
2018.08.31 23:18
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
てっきり「乗客に日本人はいませんでした」とでも言わせるのかと思ったら、乗客がすごすぎてそれどころではなかった。
スーパーネアンデルタール人とは一体……。

『世紀末UFOビーチボール仮面、誕生!』にコメントされました。
2018.09.01 12:06
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
笑いました。
ハカセとワタル青年の関係性が「鉄人28号音声入力説」を想起させました。
そんな上下関係を強いられながら「孤独な時間を忘れられた」と話すワタル青年にとてもシンパシーを感じます。彼はヒーローになったことよりも、ヒーローになることで社会とつながることができたことに満足感を得ている点も興味深いです。
ワタル青年は晴れてハカセの一級の奴隷になったのですね。蜘蛛怪人の奴隷とどっちがシアワセったのでしょうか?
特撮ヒーロー設定にブラック企業的なユーモアが内包れてているのが秀逸でした。

『最期の審判』にコメントされました。
2018.09.03 14:22
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
感想ありがとうございます。今回は「優しい人しか登場しない物語を書こう!」と思って書きました。その分設定にユーモアを持たせてみました。

『決断』のコメントに返信されました。
2018.09.03 14:24
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
感想ありがとうございます。「ノアの箱舟に人間は乗るべきか?」という命題は仕事柄ずっと考えてきたことで、今回はノアさんに実行していただきました。シリアス一辺倒で押す筆力がないので、コミカルに逃げちゃいました。

『最期の審判』のコメントに返信されました。
2018.09.03 14:31
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
感想ありがとうございます。今回は「優しい人しか登場しない物語を書こう!」と思って書きました。その分設定にユーモアを持たせてみました。

『彦二郎の猿尾』にコメントされました。
2018.09.09 05:02
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
家族が彦二郎の話を聞き入れるまでにひと悶着あっただろうなと想像できるのですが、そこを描かなかったのが良いなーと思いました。扱いあぐねていたといえど元々信頼はしていたのか、それとも「家族を集めて何やら相談をしていた」というタイミングで彦二郎が説き伏せたのかはわかりませんが、そこを家族間の物語にするのではなく、あくまで外部から語らせて史実と絡めたのが、雰囲気が出ていて良かったです。


チャットに参加するには、ログインしてください。