てきすとぽいトップページへ
第46回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  15 
日常カンフル剤
ぱぴこ
 投稿時刻 : 2018.08.19 01:24
 字数 : 1000
5
投票しない
日常カンフル剤
ぱぴこ


 あれは暑い夏のことだた。

 鍵のかかた病棟に入院していたわたしは、母から一冊の本を受け取た。
 知らない作家。あらすじをまず読んでみたけれど、いまいちまだ惹かれる要素はない。
「今のあんたにはいい本よ、きと」
 面会室で手渡されながら、母はそう言た。

 母が帰たあと、病室のベドに戻ると、仰向けに寝転んで表紙をながめた。
「日常カンフル剤……
 女性が苦悩しているような、そんなイラストが描かれた横に、好みのフントで書かれたタイトルがあた。

 カンフル剤とは、だめになた物事を蘇生させる比喩になている。
 自由の利かないこの場所にわたしがいることは必然なのだけど、すでにこの先の人生すべてを諦めてしまていたわたしには、なかなか皮肉が効いている。母も面白いことを考えたものだな、とひとりで笑た。
 カバーの折り込み部分には作者の略歴が載ていた。名前だけでは判別がつかなかたけれど、どうやら女性作家らしい。

 少しずつ読み進めていくと、心を病んだ女性の物語らしかた。それも、複雑な。
 そしてあまりに自分と酷似する描写が出てくるので、わたしは次第にのめり込んでいた。
 あんなに本の虫だたわたしなのに、今では集中力も続かなくなり、夜を明かしてでも一息に読み切るなんてことはできなくなてしまていた。
 それでも、毎日ちとずつ時間をかけて読んでいると、ある一文が目に留また。

「過去は踏み台、今は未来……

 過去のすべては今の自分の糧になていて、無駄なことなんてひとつもない。生きてることに無駄なことなんてひとつもないのだ、と。

 ああ。そうだた。
 わたしは忘れてしまていたのだ。たしかに病気のせいで失たものも多いけれど、得たものだてあた。

 昔のわたしなら絶対にピンとくることなんてなかただろう。
 たたひとりの親友に依存し続けて関係を破綻させてしまたとき、わたしはまだ相手の心情を読み解く力に欠けていて、なぜそうなたのかがまるで理解ができなかた。

 でもわたしは病んでから初めて、自分の得たものの大きさを知た。
 それは相手のつらさを理解してあげようという適切な距離感、そして自分を素直に表現する「弱さ」だた。

 なぜこんなに大切なことを忘れていたのだろう。
 なぜわたしは大事なあの子に同じことをしてしまたのだろう。

 日常カンフル剤。
 はやく続刊を読まないと、とベドにうつぶせになると、すこしだけ枕を濡らしていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない