てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
砂場
 投稿時刻 : 2019.05.27 05:33
 字数 : 272
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2019.05.28 21:15
ひやとい @hiyatoi
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
コンビニの立ち読みみたいなもんですね。

プロフィール画像
2019.05.28 22:37
金銅鉄夫 @AuCuFeO
ひやといさん への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
なるほど、まさに。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
共通の目標に向かって誰も交わらないのがシニカルで面白かったです。それが嬉しく思えるほどの器の大きさが欲しかったです笑

プロフィール画像
2019.06.06 12:19
金銅鉄夫 @AuCuFeO
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
Wも他と同じように、なにかしらの高みを目指す立場なら、ノンキに笑ってはいられないでしょうね。
一方で、同じ砂場で遊んでいるからこそ、誰かがすごい物を作ったら、素直に「スゲー!」と感心したり笑

プロフィール画像
2019.06.11 22:38
ふわ ゆー @who_are_you_200
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
雰囲気のあるお話ですね。
マザーグースやアレゴリーのように、何らかの比喩が寓意が入ってるのかと思いましたが、よくわかりませんでした。
主人公のwがウインドを表してるのかなあ? ボブ・ディランの風に吹かれてを思い浮かべました^^

プロフィール画像
2019.06.11 23:56
金銅鉄夫 @AuCuFeO
ふわ ゆーさん への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
感想ありがとうございます!
するどいですね。
Wは「わたし」でした。(今にして思えば、「I」にしても良かったのかも)
「人が集まり、場が盛り上がってきたので、「わたし」という存在は、そろそろ退場してもいいんじゃないかな」というお話。
「わたし」も十分楽しんだのではないでしょうか……

コメント前に
する
ネタバレを含む