てきすとぽいトップページへ
第52回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13  16 
アギア・ソフィア
 投稿時刻 : 2019.08.18 14:04
 字数 : 1000
5
投票しない
アギア・ソフィア
小伏史央


 ユステニアヌス一世は、再建された私たちの出来栄えに感動して
「ソロモンよ、余は汝に勝てり!」
 と叫んだのだという。その姿を見た覚えはないが、私のもとを訪れたツアーガイドや物知り顔のマンスプレイナーなどがよくそう言うものだから、きとそうなのだろう。そうなのだろうし、その姿は私にも想像できた。
 ミラノ勅令によて、ローマ帝国内でもキリスト教が公認されたあおりを受けて、かつての都市コンスタンテノープルに私たちは建てられた。全国各地から大理石や彫刻が集められ、円蓋には巨大な十字架が描かれた。その十字架にはキリスト像が加えて描かれることもあたが、イコン破壊運動に乗じて取り消され、終息後に再び描かれ、また取り消されと、人間の都合に合わせてせわしなく明転を繰り返していた。
 再建される前には、市民の反乱によて燃やされたこともあた。重税を課したユステニアヌス一世は市民から強い反感を食らい、ついには襲撃を受けた。元老院の中にも反乱に加担する者もいた。彼らは「ニカ! ニカ!」と勝利をうたたものの(ユステニアヌスよ、市民は汝に勝てり)、ユステニアヌス一世は皇帝の座に留まり、三万以上の血が流れ反乱は終息となた。そして重税による資金がつぎ込まれ、私たちは復活し、「ソロモンよ」という彼の叫びは実現したのだた。
 その際、私たちはずとひとつだた。アギア・ソフアとアギア・イリニはひとつながりの同じ聖堂だた。しかし後にオスマン帝国がコンスタンテノープルを征服し、トプカプ宮殿が建てられた際、わたしたちをつないでいた建物は破壊された。そこを遮るように城壁が作られ、私たちは個別のアギア・ソフアとアギア・イリニに分離された。
 分断後、祭壇は取り下げられ、代わりにイスラム様式の内装が取り付けられることともなた。キリスト教聖堂はモスクに変わり、モザイク壁画も取り外された。前庭も破壊された。次第に自家撞着を体現した姿になていき、その傷痕は永遠に残された。
 かのダビデ王は神に諭され聖堂を建てなかたというが、それは建物にも命が宿ることを彼が知たからなのだろう。私たちは燃やされ、破壊され、分かたれるまで、何度も痛みを味わてきた。私個人が博物館にされてからは、その痛みを共有する相手もいない。私の痛みときみの痛みはつながりを絶たれ、私はきみのことがわからなくなり、きみも私のことがわからなくなた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない