てきすとぽいトップページへ
第一回てきすと恋大賞
〔 作品1 〕» 2  6 
あべこべ☆シンフォニー
わんた
 投稿時刻 : 2013.05.24 22:52
 字数 : 5494
5
投票しない
あべこべ☆シンフォニー
わんた


Ⅰ Allegro brillante

 エスカレーターて、好き。特にお買い物から帰るとき。
 学校で男の子の中でも一番背が高いコウくんと、目線が近くなるもん。
「けーく何も買わなかたよな。佳奈が春物ほしいて言うから来たのにさ
「ふふーん、いいんだよ。一緒に見て回るのが楽しいんだから」
……女のそういうとこて、わかんねー
 日曜にはよく、このデパートに来る。お気に入りのブランドもあるし、カワイイ服が多いから見てるだけでうきうきしちう。雑貨屋さんでアクセを付けて「似合う?」なんて振り返たときの、コウくんのびみな顔もカワイイの!

 だいたい男の子てさー、デートになると見栄張て、いろいろお金使おうとするんだもん。あたしに気を使てくれるのは嬉しいんだけど、学生なんだからお金ないに決まてるもんね。こうやてブラブラしてればお金も使わないし、安心してずーと一緒にいられる。たまにお茶おごてくれるだけで幸せだよ?
「ヒール、まだ慣れてないんじねーの? 無理しち……
「いいの。この方が近くでお話できるでし
 チビだから、この前ハイヒールを買てみたの。子供ぽいあたしに似合うのがなかなか見つからなかたけど、コウくんに「これ、いいんじない?」て言てもらえたから即決。でも帰たら、それに合わせる服をあれでもない、これでもないなんて引くり返したり。それも一緒に見て欲しかたけど、まだ家族に会わせるのは恥ずかしいもんね
「はいはい、佳奈の好きなエスカレーターだぞ。もと近くなるんだろ?」
……うん!」
 コウくんが先に乗て、あたしはその後ろ。右側は走る人もいるから、左の手すりを持た。コウくんの頭がゆくり下がて、あたしの目の前になる。ハイヒールを買う前は、それでもこちが低かたのよね。
 目の前の髪の毛をいじてみる。
「なんだよー、セトが乱れるだろー?」
「いーから、いーから」
 諦めて、為すがままに任せてくれた。エスカレーターでもないと、こんなこと出来ないもんね。
「あ。白髪はけーん!」
「えー。マジー?」
 思わずニヤけちう。ほんとは悩んで決めた白いワンピも近くで見て欲しかたけど、今は髪を触てるのがなんだか楽しい。それに、男の子の匂いがするななんて、ちと胸がトキメいたり。
「あ!?」
 急に足がガクとして視界が落ちる。
 すぐコウくんが振り返た。
「佳奈!!」
 ヒール折れたのかな。
 転んじうのかな。
 あたしドジだし。
 このまま下まで落ちちうのかな。
「ほら!!」
「あ……
 コウくんに、初めてぎて抱きしめられて。顔が目の前にあて。
 唇がものすごく近くに見えて。抱えてくれる腕が逞しくて。
「み、みんな見てるよ
 急に時間の止また世界の中心で、スポトライトを浴びてワルツを踊るように、そのままゆくり、ふわあて世界が回て、コウくんの横に着地した。
「またく……気を付けろよー?」
…………
 ドキドキが止まらなくて。
 下の階へ着いたのに歩けなくなて。
 身体は離れたけど、腕は絡またままで。

「コウくん…………好き」
 あたしのエスカレーターは、どんどん昇てしまて。

「みんな、聞いてるぞ?」
 追い抜かす人に除けられ、腕をほどいて、コウくんは顔を背けた。



Ⅱ Waltz tranquillo

 浩司に彼女が出来たらしい。私がずと狙てたのに。
 あの日、放課後勇気を出して映画に誘たのに「ゴメン、日曜は用事あるから」て断られた。友達から、”あの子”とアヤシイらしいよて聞いたのはその後。
 このままじ気が済まない。なによ、あの女。チビのくせに。私の方がお似合いに決まてる。浩司に相応しいのは、この私よ。

 日曜はデートと踏んで、彼の家から跡をつける。通販で買た、スーパーロングのウグで変装。普段シトヘアだから、ちと顔を隠せば多分バレないと思う。彼と同じ切符を買て、同じ駅で降りて、街中を歩いて行く。若者向けデパートの前には”あの子”が待ていた。そのまま連れ立て中へ吸い込まれる。

 近いのよ。イライラするわ。浩司とそんなに引付いて歩かないで。
 まだ手を繋いだり、腕を組む仲じないみたいだけど、二人の衣が擦れる音がここまで聴こえてきそうだわ!

 エスカレーターを何階も昇て、ブテクや雑貨屋を歩き回る。いろんな服を身体に当てて「ね、可愛い?」て彼に見せる顔が憎らしい。彼のそちを見る瞳が悔しい。見るんならこちを見てよ。私を見て。私の方があなたに似合うわ。そんな風に”あの子”を見つめないで!!

「けーく何も買わなかたよな。佳奈が春物ほしいて言うから来たのにさ
「ふふーん、いいんだよ。一緒に見て回るのが楽しいんだから」
……女のそういうとこて、わかんねー

 やと帰るのね……地獄のような一日だたわ。
 この後、どうしてやろうかしら。”あの女”が一人になたところを――――

「ヒール、まだ慣れてないんじねーの? 無理しち……
「いいの。この方が近くでお話できるでし

 私なら高いヒールなんかで無理しなくても、普通に並べば彼と釣り合うのよ。
 私の方が、彼に近いの。

「はいはい、佳奈の好きなエスカレーターだぞ。もと近くなるんだろ?」
……うん!」

 浩司のすぐ後ろに”あの女”が立つ。白いワンピースと、暖色のセーターが並ぶ。
 紅白のコントラストが、嫌な想像を掻き立ててしまう。嫌よ、そんな幸せのカタチを見せつけないで――

「なんだよー、セトが乱れるだろー?」
「いーから、いーから。あ。白髪はけーん!」
「えー。マジー?」

 ……許せない。
 こんな女が、”私の”浩司と幸せになるだなんて、絶対許せないわ。

 彼もコイツも、前を見ている。私の動きに気付かない。
 彼と並ぼうとする為のヒールに狙いを定めて、一気に蹴り抜く!!

「あ!?」
「佳奈!!」

 いい気味よ、思い知るがいいわ。
 そのまま無様に落ちて行きなさい!!

「ほら!!」
「あ……

 ……嫌、やめて――

「み、みんな見てるよ

 嫌、イヤ――――

「またく……気を付けろよー?」
…………

 見るんじなかた。
 あんな切欠を与えてしまた私は、なんて馬鹿……

「コウくん…………好き」

 ……情けない。
 もう、何も考えられない――――


「みんな、聞いてるぞ?」




Ⅲ Scherzo

「じ、休憩行てきまーす!」
「おいおい、ちと早くね?」
「レジ落ち着いたし、大丈夫

 今日もあの兄妹が来てたんだよな。ここんとこ日曜になると毎週現れる。
 これがまた兄はやたらと背が高いのに、妹はロリかてぐらいちさい。でも可愛いんだよ、これが。雑貨屋に通うなんていい趣味してるぜ。特にこの店は、センスの良さに惹かれて面接受けたんだよな。

 あの子、どこの子なんだろうな。高校生だよな。歳は俺よりちい下だろうけど、まさか中学生てことはないよな。先週からハイヒール履いてるし、さすがに高校生以上だと思いたい。うむ!
 俺とはお話したことないけど、声も可愛くてモロ好みなんだよね。ホラ、寝る前に電話とかしたら、ドキドキして眠れなくなりそう系て言うかさ。そんでも電話したいていうね。あーもう、学校が一緒だたら絶対ほときませんよねー。毎朝待ち合わせして、一緒に登校しちたりしてさ。休み時間は屋上なんかでおべんと広げてね、もうそれどこのエロゲだよて感じだけど、あんな子と一緒だたら幸せだよな、絶対。

 あ、でもあの兄貴て強いんかな。もしホラ、俺と結婚なんて話になたらさ、ご挨拶にも行くわけで。「俺の妹は渡さん。決闘だー!!」なんて流れになて。でもホラ、そこで俺が勝たりすれば「仕方がねえ、認めてやるぜ」なんてな!

 あー……でも、強ええかもしれないよねー。背高いしねー

 てわけで、こそりあの兄妹を追かけてみようかなて、強引に休憩に入たわけだけども。向こうはハイヒールに慣れてないのか、歩くのが遅いからな。こちもふらふらしながら追えばいいんだ。他の店員に「何やてんだ、アイツ」て目で見られてるけどな!


「けーく何も買わなかたよな。佳奈が春物ほしいて言うから来たのにさ
「ふふーん、いいんだよ。一緒に見て回るのが楽しいんだから」
……女のそういうとこて、わかんねー

 あー、もう帰るぽいね。下りのエスカレーターて、多分このまま一階まで直行コースやな。俺はただの休憩タイムだし……来週に賭けるか? うーん、日曜に休みなんか取れないからな。結局建物から外はついていけないね。

「ヒール、まだ慣れてないんじねーの? 無理しち……
「いいの。この方が近くでお話できるでし
「はいはい、佳奈の好きなエスカレーターだぞ。もと近くなるんだろ?」
……うん!」

 ……かし、やたら仲がいいよね。「おにいち」とか言わせてねーだろうな。
 いや、俺も今から「おにいさまて練習しといた方がいいのか?

「なんだよー、セトが乱れるだろー?」
「いーから、いーから。あ。白髪はけーん!」
「えー。マジー?」

 うーん、妬けるな。おい兄、そこ俺と代われ。いや、代わてください。

「あ!?」
「佳奈!!」

 ち、ヤバ――――危ない!!

「ほら!!」
「あ……

 ………………
 ああ、妬けるね。 

「み、みんな見てるよ
「またく……気を付けろよー?」
…………

 妬けるわ。

「コウくん…………好き」

 ……うん。

「みんな、聞いてるぞ?」


 よく、聞こえましたよと。



Ⅳ Grandioso tutti

「みんな、聞いてるぞ?」

 二人の後ろで立ち尽くし目を潤ませる少女を、後ろから来た少年が引た。
 少女は振り返らなかたが、手を引かれるままに歩いていく。

 俯く少女は、どこを歩いているのかなんて見ていない。
 対照的に少年は、勝手知たる風に人通りのない角の階段へと向かう。

 喧騒が遠くに感じられる、世界から隔離されたような空間。
 少女から漏れる小さな嗚咽は、硬質の壁にひそりと反響した。

……あんた、あの二人の知り合いなんだろ? と見てたもんね」

 壁に背を付けて震えている。世界から裏切られたようにうな垂れていた。
 少年は返事を急かさない。感情の波が穏やかになるまで、しばらく待てやるつもりだたのだろう。しかし、程なく吐露がぽつ、ぽつりと始また。終わたのだ。感情をぶつける意味を失い、表情に諦観が垣間見えた。

「そうよ。浩司の事、好きだた。”あの子”じなくて、私が隣に居たかたの」
「ウチの店でもずと見張てたもんな。ま、俺は”あの子”を見てたけどな
……ふふ、あなたも振られたてわけね。見たでし、さきの」

 少年の顔が曇たのは一瞬だた。割り切りは早そうだが、思う所は消えないのだろう。

「あ、見てたよ。ぜーんぶね。兄妹にしては仲良すぎるかなとは思てたけど」
「私の事も見られてたし。嫌な店員さんだわ
「ま……元気出しなよ。今度はひとりでウチの店おいで。サービスしてやるぜ?」

 少年の言いようが妙にツボに入たのか、少女の顔が和らぐ。ふふ、と息を漏らすと目を合わせた。

「そうね。嫌な店員さんを見に来るのも、退屈しないかもしれないわ」
「だろ? ……ま、夕方ぐらいに来てくれれば、シフト上がて、どこか遊びにぐらい連れててやれるしな」
「へえ――――

 意外さと興味の色を浮かべて、しばし少年の瞳を覗き込む。
 どこまで本音で言ているのか、男の思考をすぐに理解するところまでは慣れていないようだ。

「なに? 傷心の女の子を、早速ナンパしちう感じなの?」
「まあまあ、ちと聞けて。いいか、あの二人をAとBだとするだろ? あんたはAに惚れて、俺はBに惚れたてわけだ。あんたがC、俺がDとするぞ。つまり、惹かれるてことはさ、感性としてA=Cなわけで、B=Dだよな。あちらさんだてA=Bなわけだからさ、もしかしたら、C=Dかもしれないじん!?」
――

 さすがに少女が噴き出した。でも表情を見る限り、少なからず気に入たようである。
 ふん、と鼻を鳴らし身体を少年に真直ぐ向けると、両手をスカートの前で組んだ。

「じ、今日は何時まで待てば、どこかへ連れててくれるの、かな?」
「へへ、五時……いや、五時十分かな!」
「うん……わかた」

 どうやらこれで大団円、みんながハピーで終わたらしい。
 青春の一ページが、とある日曜日として完成されるのであ、た。


――――で、そこのアンタたち。いつまでそうやて見てるんだい?」
「ぐは」

 ……どうやらバレていたらしい。
 真にいろんなものを良く見ている、嫌な店員である。万引き防止で鍛えられているのか。

「あー……まあ、そういうわけで。千恵もさ、佳奈のこと、どうか恨まないでやてくれないかな」
「ごめんね……

 のそのそといた感じで、二人の前に姿を現す。気まずさは否めない。
 俺がガリガリと頭を掻く横、いや左下では、佳奈が申し訳なさそうに俯いている。

「ふん! 今日は私もデートだから、もう悔しくないもんね!」
「デート決定!?」
「あー……それなんだが」

 たまにはいいだろ。
 青春の一ページだ。

「五時十分だろ? どうよ、それから四人でどか行かね? 佳奈、いい?」
……うん!」

 この店員も満更ではなさそうだ。千恵もいい顔している。
 店員もノリの良さそうな奴だしな。結構、A=Dてこともあるんじないだろうか。


「ついて行きます、おにいさま!!」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない