てきすとぽいトップページへ
第一回てきすと恋大賞
 1  4  5 «〔 作品6 〕
ずっとあなたを
茶屋
 投稿時刻 : 2013.06.02 14:16
 字数 : 1699
5
投票しない
ずっとあなたを
茶屋


 ずとあなたのことを見ていました。
 あなたのことだけを。
 暑い日も。
 寒い日も。
 風の吹く日も。
 雨の降る日も。

 初めてあなたに会た日のことは今でも覚えています。
 私はまだほんの小さな子供で、落ち着きのない子供で、なかなか一つのことに集中できないような、せわしない子供でした。
 だから、子供の頃の記憶というものが余りありません。常に興味対象が移り変わて、一つのものをゆくり記憶する時間はあまりなかたようです。
 それでもあなたと出会た日のことは今でも覚えています。
 私は母に連れられて、買い物に行たのだと思います。
 晴れ渡た青空は眩しいほどに鮮やかで、道端に生える草木は生き生きとした青色でした。
 心地よい美風が吹き、時折強い風が起こるとタンポポの綿毛が舞い上がり、私は母に静止されながらもそれを追いかけようとしていました。
 ふわふわと浮かぶ、柔らかく、白く淡い、あてどもなくさまよう、気まぐれな綿。今思えばちうどその頃の私にとても良く似ていたような気もします。
 空を漂う綿毛を目で追ていると、額に冷たい何かがついたのに気が付きました。
 いつの間にか空は曇り、湿気を含んだ風が吹き始め、雨だ、と気付いた時にはすでに当りは土砂降りになていました。
 傘など持ていなかた私達親子は、途方に暮れて、シターを下ろした店の軒先で雨宿りをするはめになりました。
 しばらくするとそこへ、同じような親子が私たちの雨宿りする軒先にやてきたのです。
 そうです。
 あなたが来たのです。
 あなたを見た瞬間、私の中で今まで味わたこともないような、奇妙な感覚を覚えました。
 思えば、それが初恋だたのでしう。
 濡れてじめじめした感触も、曇天の下の憂鬱な感情も一瞬で吹き飛んでしまうような感覚でした。
 心臓の鼓動が早くなる上に、それが嫌に大きく感じられて、自分は何かの病気になてしまたのではなかろうかと疑うほどでした。
 けれど、その感覚は決して不快ではなく、むしろ甘美なものでした。
 
 それがあなたとの最初の出会い。
 そして、最初の別れ。
 あなたの名前も知らなかたけれど、あなたのことはそれからずと考えて来ました。
 
 二度目の出会いは確か小学校。
 一年生だたか、三年生だたか。ともかく低学年の時に、あなたは転校して来ました。
 一目見ただけで、あなただとわかりました。
 最初に出会た時とは、少し変わていたけれど。
 やぱりあなたはあなたでしたね。
 それから数年間、あなたと同じ時間、同じ場所を共有しました。
 何故か、今となては不思議ですが、あなたへの想いをずと胸の奥へ秘めて。
 でも、別れは突然やて来ました。
 最後の最後でやと想いを伝えられた私にあなたは戸惑いながらも笑て「ありがとう」といてくれましたね。

 三度目の出会いは、高校の頃だたでしうか。
 クラス替えで隣の席に来たあなた。
 授業中に眠い目をこすりながら、横を見た瞬間、あなたがいることに気が付きました。
 何故、それまで気づかなかたのか不思議なくらい、あなたはあなたでした。
 私の目を見て微笑み返してくれたあなたの笑顔は、間違いなくあなたでした。
 今度は前のような失敗は犯しませんでした。
 放課後の教室で。
 紅色の夕暮れに包まれた教室で。
 黒く浮かび上がた影絵の教室で。
 私はあなたに告げました。
 好きだと。
 でも、あなたは曖昧な返事しかくれず、誤魔化されました。
 けれども、卒業式前日の帰り道、あなたは言てくれました。好きだと。けれども、友だちのままで居たかたとも。

 結局、私たちはまた別れました。
 離れ離れになりました。
 でも、またいつか、どこかで、出会えると信じて。

 私たちは幾度も出会い、幾度も別れました。
 幾つもの場面で。
 幾つもの姿をしたあなたと。
 あなたは子供だたり、大人だたり、年上だたり、年下だたり。
 男だたり、女だたり。
 色んな姿で、私の前に現れては、去て行きました。

 そして、私たちは結婚し、子供も授かりましたね。
 
 でも、今私の隣にはあなたはいません。
 私の隣にいる人はただの配偶者で、あなたではありません。
 あなたはどこへ行てしまたのでしうか?
 もう、私達が出会うことはないのでしうか。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない