てきすとぽいトップページへ
第一回てきすと恋大賞
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5 
退廃的デートのツークツワンク
 投稿時刻 : 2013.05.31 16:33
 字数 : 2838
5
投票しない
退廃的デートのツークツワンク
司令@一字でも前へ


 僕たちのデートコースは何というか変わていて、おしれなカフだの、美味しいレストランだの、にぎやかなシピングモールはおろか、きらびやかな遊園地などとはほとんど無縁の世界に存在する、いわゆるメインストリームから外れたとてもニチな脇道だた。
 どちから言い出したのか、いつの間に決またのかよくわからないけれど、僕たちは最寄の駅で待ち合わせて、二人でぼんやりと路線図を見ながらアドリブで行き先を決める。基準は面白い駅名だとか、とにかく遠くへ行きたいとか、こちから時代の風を感じるとか、他愛もないというか適当極まりないもので、特に悩むこともなく、急ぐこともなく、五分くらい話した流れで切符を買て改札口をくぐる。
 彼女は駅のホームのことを、冗談めかして、不思議の国のアリスになぞらえてラビトホームなどと呼んでいるけど、それは僕にしてもなかなか言い得て妙で、椅子に座ているだけでどこか知らない場所に行ける駅のホームは、時空が歪んでいるとても奇妙な空間に思えた。
 だとするなら時に追われた白いウサギは切符のことだろうか、と以前、彼女に言たらなるほどと笑て、不思議の国についた瞬間消えちう無責任なとことかそくりだよねなどと切り返された。
「ね、じこちん」
 電車に揺られつつ、彼女は僕を呼ぶ。僕にも親からもらたそれなりに普通の名前があるけれど、彼女は僕をそう呼ぶ。何でそう呼ばれているのか、由来は忘れた。気づいたら彼女は僕のことをそう呼んでいて、僕は彼女にそう呼ばれていた。
「電車にふらと飛び込んじう人は、きとそこに不思議の国を見たんだよね」
 彼女は窓の外を見ながら、いい天気だね、くらいに自然に、極当たり前のように、平淡な抑揚で呟いた。
「ふん、もしそうだとしても、そんなに不思議の国に行きたがるかな。あそこは決して理想郷じないよね」
「不条理が不条理として横行しているのなら、それは素晴らしい世界だと思うのよ。不条理が道理として通ているこの世界は、不思議以上に不可思議で、歪で、曲がて、気持ち悪い」
「じあ僕らは不条理を不条理として感じるために、旅に出ているのかな」
 ある場所においての合理は、得てしてよそ者にとての非合理になる。
 絶えず旅人であろうとする僕たちは、あまたの道理を非道理として通り過ぎることだろう。
「そうかもね。ううん、きとそう」
 彼女も納得したのか、車窓の遠くを眺めながら頷いていた。
 そして僕らは今日も、どうしようもない話に徒花を咲かせる。

◆◆◆

 とにかく海に行きたい。今日はそんなリクエストだた。
 海は眺めるもので、聞くもので、絶対に泳ぐべきものじない。とても広いし大きいし、底に足はつかないし、沖に流されたら戻てこれない。そのうえ、人食いザメや電気クラゲまで存在する。触らぬ神に祟りなしだ。だから僕は海を見ていた。否、海と戯れる彼女を見ていた。海の青さより、空の青さより、雲の白さより、彼女の肌の白さを。
「ね、じこちん」
 じばじばと白いサンダルで波打ち際を蹴りながら、彼女は足元を見つめたまま呟く。
「海はきちんと避妊をすべきだたよね」
「処女懐胎だたのかもよ」
「そうかもしれないけど、結局、養いきれなくて、陸に置き去りにしたんでし
「育児放棄か。それじあ、陸はさながらコインロカーだね」
「うん。これはゆゆしき社会問題だよ。陸はひどく窮屈。ずるいでし、陸は平面的にしか暮らせないのに、海は横にも縦にも、立体的に生存できるだなんて」
「そりあ僕らに翼があたら違たろうけど、だからこそ高層ビルを建てるんだろうね」
「高いとこは嫌い。落ちるから。はじめから地上にいれば落ちないのに」
「何だ結局、住処を狭めているのは君じないか」
「そうかもね。ううん、そうだた」
 その過去形が何を意味するのかははきりと分からなかた。けれど、多分、彼女は変わたのだろう。
「ね、じこちん」
 波で遊ぶにのに飽きたのか、僕の隣に座りこんで彼女は言う。
「今まで二次元にしか使えなかたゲーム盤が、三次元に使えたら全然別のゲームだよね」
「そりあ、この世が囲碁か将棋か、チスなのかはたまたオセロなのか知らないけど。まあ、確実に変わるだろうね」
「駒は人かな。囲碁は人が変わらないことの比喩で、将棋は成長することを示唆してる。チスは死んだら生き返らないことを暗示してるし、オセロは人に裏表があることを教えてくれる」
「囲碁とチスは人の誠実さを、将棋とオセロは人の不実さを」
「そうね。後者は味方が敵になるもの」
「どれもこれもゼロサムゲームだ」
「変わらないね。変わらないよ」
 ふてくされて彼女はぼやく。それでも、彼女は変わたのだ。成長か退化かは知らないけれど。
 それでは、僕はどうだろう。果たして何か進歩したのだろうか。彼女と出会て、彼女と出かけて、彼女とデートを重ねて。それから、今まで、僕は何をしていただろう。何を成し遂げただろう。
「ね、じこちん」
 僕の隣で彼女は囁く。
「ツークツワンクて知てる?」
 それは彼女にしては珍しい疑問形で、聞いたこともない単語だた。
 沈黙を保つ僕に、時間切れだと彼女は答えを告げる。
「チスでね、悪手を出さざる得ない状況のことなんだて。何をしても結果が悪化するんだけど、手番のパスが禁止されているから何かするしかないて状態。ドイツ語で動きの強制て意味らしいよ」
「へ、それで?」
 僕は愚か者を装て、知らないふりをして先を促す。だが、疑いようもなく、それこそ悪手だた。
「今度は、じこちんの番だと思うんだよね」
 彼女は宣告する。僕の首に鎌を巻くように。
 なるほど、まさに不条理だ。望むと望まざるにかかわらず、策もないのに残酷に順番は回てくる。
 彼女は暗に伝えてきたのだ。
 僕のせいで彼女が変わたのだから、今度は僕が彼女のせいで変わるべきなのだと。
「変われるはずがないだろう」
「そうかもね。でも、そうじないかもしれない。だて、ここは不思議の国だから」
 無表情に微笑んで、彼女は僕に手を差し出す。
「今度は、私が手を貸してあげる」
 ああ、彼女を連れだした過去の僕は、なんと無謀なチレンジたのだろう。
 はなから成功するはずもない試みだた。それは彼女もわかていたのだ。
 結果的に奇跡は起きた。けれど、奇跡は二度も起こらない。
 僕は諦めていたのだ。なのに酷いじないか。そんな希望を見せられて、縋りつかないはずがない。
「僕は、生まれるべきじなかたんだ」
「そうかもね。でも同じように、生まれるべきだた」
「僕が生きる意味はないんだ」
「そうかもね。でも同じように、死ぬ意味もない」
「疑いを拭い去れない」
「かまわない。同じくらい信じてくれるなら」
 僕は、差し出された彼女の手を握り返す。
「これがツークツワンクて奴なのかい?」
……ええ、握手を出さざる得ない状況てね」
 彼女は僕の手を引張り、互いの唇を重ねさせた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない